インスタ映えする料理の写真に!簡単な3つのテクニック!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

外出先で美味しい料理に出会ったとき、上手に料理を作れた時は、食べる前に写真に残しておきたいですよね。

インスタにアップしようと撮影した写真を見てみると、実物と違ってあまり美味しそうに見えずガッカリといった経験はありませんか?
インスタを始めてから、写真を美味しそうに撮影するのは意外と難しいと苦戦している方も多いのでは?

そこで今回は、インスタ映えする素敵な料理写真の撮り方、効果的なインスタフィルター、料理関連の人気のハッシュタグをご紹介しましょう。

料理やごはん関連のインスタアカウントを持っている方は、ぜひ参考にしてみてくださいね。

インスタ映えする!素敵な料理写真の撮り方

インスタの投稿写真を眺めていると、美味しそうな料理や食べ物にはつい目が行ってしまいますよね。
インスタの写真を見て「美味しそう!」「食べたいなぁ」と思うのは、写真がキレイに撮影されたことも関係しています。 
スマホカメラで何も考えずに料理をバチッと撮っても美味しそうには写らないのです。 

インスタで料理や食べ物の写真をたくさん投稿する方は美味しそうに見える撮影方法を知っておくと得をしますよ。

普段の料理も撮り方一つで、美味しそうに見せることができるので、ぜひ覚えておきましょう。

自然光(太陽の光)の下で撮影する

 料理や食べ物の写真は自然光(太陽の光)の下で撮影すると、自然な明るさが入るので、写真が鮮やかになり、美味しそうに見せることができます。 

外で撮影したアイスクリームやカフェテラスでの写真が明るくてキレイに撮れた経験はありませんか?
それは自然光が入るのとにより写真が明るなったからなのです。 

しかし、料理や食べ物の写真はほとんどが自宅やレストランなど室内での写真になりますよね。
そのため自然光を入れるのはなかなか難しいのですが、レストランでは窓際やテラス席を選んだり、自宅でも窓際にプレートを持っていって撮影すれば、自然光が入りやすくなります。 

光が反対側になると逆光になり写真が暗くなってしまうのでは?と思うかもしれませんが、その影が立体感となり良い感じに仕上ることが分かります。

 レストランの店内が暗い場合や夜の場合は、友達のスマホでフラッシュライトを付けてもらったり、インスタ好きの方は市販のスマホライトを持っていると便利です。

自宅で夜に料理を撮影する場合は、窓際でも自然光は入らないので、間接照明を使うと柔らかい感じが出て美味しそうな感じを演出できます。

 コンビニ店の中にある蛍光灯のような明かりは写真が青白くなりあまり温かみがなくなり、美味しそうには写らないので注意しましょう。

夜に自宅で料理を撮影する時は、蛍光灯よりも間接照明を上手に利用してみてください。

近寄って撮り立体感を出す

料理や食べ物の写真は、遠く離れたところから撮影するよりも、近寄ってアップにした方が立体感や質感を出すことができます。
遠くから料理を撮影すると空間ができるため、他に余計な物が写り込んでしまうことがあります。 

しかし、近寄って撮影すれば、迫力が出て写真内に食べ物が占領するためボリューミーで美味しく見えるのです。 

 料理本の料理の写真やレストランのメニューは遠くから望遠レンズを使って撮影されていますがズームで撮られています。
ズームで撮影した写真は食べ物がフレームいっぱいになり、立体感や質感が出て美味しそうな写真になります。

インスタに投稿するためにスマホで撮影するときは、なるべく料理に近づいて、ギリギリのところでシャッターを切ると良いですね。

斜め45度で撮る

インスタで美味しそうな料理の写真を取るコツは、写真の角度はズバリ斜め45度がベストです。
料理や食べ物の写真を撮る際の角度は、斜め45度が良いとされています。

料理全体を写そうと思うと真上や真横から撮ってしまいがちですが、失敗なく撮影したいならば斜め45度を意識しましょう。
対角側に自然な余白ができるため、料理を引き立たせることができて、自然に料理を強調することができるのです。 

時々インスタで真上から撮影された写真をよく見かけますが、記録的な印象になってしまうのがデメリットです。
レストランのメニューではよく真上から撮影されるのはお客様に分かりやすく見せるためなのです。 料理単品を撮影する場合は、真上から撮影するよりも斜め45度で撮った方が料理の暖かさが出るので試してみてください。

そして、真横から撮影するのに適しているのはサンドイッチやハンバーガーのような具材が横から見える料理です。 

外出先ではアイスクリームやたこ焼きなど様々なテイクアクトの食べ物があります。
いわゆる手持ちフードの場合は、食べ物を片手で持ち上げた状態で、カメラを下から構えると、食べ物が際立って美味しく見えますよ。 

お店がインスタ映えするオシャレな店の場合はお店を背景にしながらフードを撮影すれぱ、人気のインスタグラマー風になるのでおすすめ。

 料理や食べ物を美味しそうに見せるにはカメラを構える角度が大切なので、自宅や外出先でも意識して撮影してみてください。

美味しそうな写真を撮りたい!おすすめのインスタフィルターは? 

インスタのフィルター機能を使うと、撮影した写真の明るさや彩度を調節することができるので、写真の印象を変えることができます。

しかし、インスタには全部40種のフィルター機能があるので、写真に合わせて適切なフィルターを選ぶのは難しいですよね。 
美味しそうな料理や食べ物を撮影するには、インスタのどのフィルターを使えば良いのでしょうか?

このカフェの写真(加工なし)を使って写真の印象を変えてみると

 「Lo-Fi」は豊かな色と強いコントラストと同時に温かみを与えてくれるので、鮮やかな色の食べ物を撮影する時に最適です。

Lo-Fi」は被写体のアップでもハッキリ写るため色鮮やかな食べ物を美味しく見せたい時におすすめです。 

フィルターを「Lo-Fi」にすると…

Juno」も色彩を強調するフィルターなのでコクや深みを写真に与えることができるのでおすすめ。

フィルターを「Juno」にすると…

夜のテーブルや少し落ち着いた雰囲気にしたい場合は「Tender」が良いですね。料理や食べ物の温度によっても適切なフィルターは変わるので、いろいろ試してベストなものを見つけましょう。

 

インスタで人気の料理関連ハッシュタグは?

 

 インスタといえば、投稿写真や動画にハッシュタグを付けて、多くの人に見てもらえるチャンスがあるのが楽しいポイント。

 お寿司を作ったら#お寿司、#すしとハッシュタグを付けるだけで、多くの人がハッシュタグから写真を見つけてくれます。
そのため、インスタを楽しむならばハッシュタグを上手につけることが大切です。

 基本的には、料理のハッシュタグの付け方は、名前やレストランの名前を付ける場合がほとんどです。

 そして、料理の写真は季節によって人気投稿が変わるという特徴があります。

 夏はアイスクリームやそうめん、冷やし中華がありますが、冬になるとお鍋やおでんなど、季節によって投稿写真が変わるのです。

しかし、通年してよく使われているハッシュタグがあるので、ここからは常に人気の料理関連の人気ハッシュタグをみていきましょう。

インスタで料理や食べ物を投稿する人は、作った料理のレシピを公開したい方、もしくはレシピを知りたい方が多いです。
そのため、#レシピ、#簡単レシピ、#レシピ動画、といった「レシピ」が入ったハッシュタグは通年人気があります。 
キャプションにレシピを紹介したり、#料理動画 とハッシュタグを付けて動画の中でレシピを説明されている方も多いです。

 

ただ単に料理の写真や動画を投稿するよりもレシピがあったほうが「作ってみよう!」となりますよね。
そのため上手に料理が出来たら、レシピのハッシュタグを付けて、作り方を公開すると注目度もアップします。 

他には自宅で作った料理は、#おうちごはん、#おうちカフェ、#お弁当、が人気です。
特別な料理ではなく、日頃の夕食やお弁当の写真は他の人の参考になるので人気があります。 

インスタは1件につき30個のハッシュタグを付けることができるので、#レシピ、#おうちごはん、など連続して付けるのも効果的です。

ビジュアル重視のインスタは、日本語だけでなく英語でハッシュタグを付ければ、世界からも検索結果から写真を見つけてもらえます。 

例えば、#おうちごはん#homecooking、インスタ映えする!素敵な料理写真の撮り#食テロ#foodporn#美味しい#yummy#yum#フードグラム#foodstagramとなります。

 料理や食べ物にハッシュタグを付けることは、動画再生数を増えたり、いいね!やフォロワー増加にも繋がるので積極的に利用しましょう。

まとめ

 

今回は、インスタ映えする素敵な料理写真の撮り方と効果的なインスタフィルター、料理関連の人気のハッシュタグをご紹介しました。 

普段何気なくスマホでパチパチ撮っている料理の写真も、少しコツを覚えるだけで、プロが撮影したような写真の仕上がりになります。 

上手にできた料理、みんなに見てもらいたい食べ物は、実物に近く美味しそうに撮影できたら良いですよね。

今後は、料理の写真を撮るときは、自然光の入れ方やカメラを構える角度、被写体の距離を意識してみてください。 

そして、インスタにアップする時はフィルターで加工して、ハッシュタグを付けてから投稿すると、多くの人の目に付きやすくなります。

 ぜひ参考にしてみてください!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る