30代からのスキンケア。正しいケアのポイント&おすすめ♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「30代はお肌の曲がり角」と言われていますが、30代のみなさんはお肌の変化を感じていらっしゃるでしょうか?

20代の頃と同じスキンケアをしている人は要注意です。

お肌は年齢と共に老化してしまうもの。しっかりとお肌に合ったスキンケアをしたいですよね。

今回は30代の方のためのスキンケアについて解説します。

30代の肌悩みの原因やスキンケアアイテムの選び方などをご紹介しますので、是非スキンケアの参考にしてくださいね。

 

30代の肌悩みの原因

30代の肌悩みの主な原因は「乾燥」です。

女性の肌のピークは20歳と言われ、それからは皮脂の分泌量が低下していきます。

ですから、同じスキンケアをしていても肌が乾燥してしまうのです。

30代の方が悩まれる主な肌悩みは、

・くすみ

・シミ

・シワ、たるみ

 

が挙げられます。それぞれの原因を知ることで最も適したスキンケアを効率的に行うことができます。

まずは自分の肌悩みの原因を考えてみましょう。

 

くすみの原因は古い角質

肌がくすんでしまう主な原因は「古い角質」です。

お肌は常にターンオーバーをして生まれ変わっています。

しかし、ターンオーバーが遅れてしまうと、肌で作られるうるおい成分も少なくなってしまいます。うるおい成分が少なくなることで、古い角質が剥がれ落ちにくくなってしまいます。その古い角質が重なってしまうことで、肌がくすんで見えてしまうのです。

ターンオーバーを正常化するためには、古い角質がちゃんと落ちるように保湿をすることが大切です。しっかりと水分と油分をお肌に与えてあげることで、古い角質が落ちてくすみを改善することができます。

また、ピーリング石鹸や酵素洗顔料などを使って古い角質を落とすという方法もおすすめです。

しかし保湿をしっかりとしていないと、またお肌がくすんでしまいますので保湿は重点的に行なっていきましょう。

また、その他の原因としては血行不良が挙げられます。

血行不良によりお肌がくすんで見えてしまうという方は、軽い運動や入浴などで全身の血行を良くしたりフェイスマッサージを行うなどして顔だけでなく体全体の血行を良くすることを意識してみましょう。

 

シミの原因

シミの原因は様々な要素が考えられますが、主な原因としてこれまでの紫外線による影響やホルモンバランスの崩れなどがあります。

紫外線を浴びた肌は、肌を守るために肌の内側にある「メラノサイト」という細胞からメラニンを作り出します。このメラニンがシミのもとになってしまいます。

通常メラニンはターンオーバーによって肌から角質とともに剥がれていきますが、ターンオーバーが乱れてくることによって、肌に留まりシミとなってしまうのです。

ですから、10代や20代の頃にしっかりと紫外線予防をしていなかった場合は30代のターンオーバーが乱れはじめたころにシミができやすくなってしまうのです。

また、妊娠や出産の時期には女性ホルモンの分泌が活性化します。

女性ホルモンにはメラノサイトを活性化させる作用があるので、このホルモンバランスの乱れもシミの原因になってしまいます。しかし、ホルモンによるシミはホルモンバランスが元の状態に戻ることで落ち着きます。

そしてシミ対策といえば美白化粧品ですよね。美白成分は厚生労働省により認められた成分が発表されています。

(参考:http://www.mhlw.go.jp/bunya/iyakuhin/keshouhin/)

主な成分では、

・トラネキサム酸

・アルブチン

・ビタミンC誘導体

・プラセンタエキス

・リノール酸

 

などがあります。

美白化粧品を選ぶ際は、「美白!」と書かれた商品に惑わされずにしっかりと成分を見て選ぶようにしましょう。また、くすみと同様ターンオーバーを正常化させることでシミを薄くすることが期待できます。

ピーリング石鹸やクリニックでのピーリングなどで古い角質を落とすことによってメラニン色素を取り除くことができます。

しかし、シミを完全に消すということは難しいのでクリニックや皮膚科を受診して治療する必要があります。

 

シワ・たるみ

シワの主な原因は表情筋が定着してしまうことや、乾燥が挙げられます。

表情筋が定着してしまうシワは、笑いジワや眉間のシワなど日々の表情筋の動きによって作られたシワがそのままの形で残ってしまうものです。

表情筋のトレーニングや、眉間にシワをよせてしまう癖を直すなどして改善することができます。

一方、乾燥によるシワは紫外線や乾燥によって肌の弾力になるコラーゲンやエラスチンを作る細胞が衰えてしまうことが原因です。

改善にはもちろん保湿が必要です。

肌本来のうるおい成分であるセラミドやヒアルロン酸、コラーゲン、ビタミンC誘導体などの成分を含む基礎化粧品で肌の土台からうるおいのお肌にすることで肌にハリやツヤが生まれます。

また、たるみもシワ同様に肌の弾力が低下することで、皮膚が薄くなってしまったりハリがなくなってしまうことが原因です。

肌のたるみにより、毛穴の開きもたるんできてしまいます。毛穴がたるんでしまうと、それらが繋がってシワのように見えてしまう帯状毛穴になってしまう危険もあります。

肌の土台にしっかりと水分を与えることが必要ですから、保湿成分がしっかりと含まれた基礎化粧品でスキンケアすることを心がけましょう。

 

30代のためのスキンケアのポイント

30代になるとどんなにしっかりとスキンケアをしていても加齢によって肌は衰えてしまいます。

30代になってお肌の調子が悪いと感じている方はこれまでのスキンケアを見直す必要があるでしょう。

そこで、30代のお肌に気をつけたいスキンケアのポイントをご紹介します。

 

セラミドで保湿重視のスキンケア

30代のお肌にとって最も大切なのは「保湿」です。

それまでは乾燥が気にならなかったという方でも、肌老化によって肌の皮脂の分泌量は減少していきます。これまで保湿ケアにあまり重点を置いていなかったという方は保湿重視のスキンケアに変えてみましょう。

保湿に有効な成分はたくさんありますが、おすすめは「セラミド」です。セラミドは肌の細胞と細胞をつなぐ「細胞間脂質」のひとつです。

この細胞間脂質の半分以上がセラミドですから、とても重要な成分といえます。

セラミドはターンオーバーによってつくられますが、ターンオーバーが乱れてしまったり遅くなってしまうことでセラミドが減ってしまうため、肌が乾燥してしまうのです。

ターンオーバーを正常化することでセラミドを作りだすことができますが、保湿成分は年齢とともに減ってしまうので、スキンケアでしっかりと補うことが大切です。

 

紫外線防止でシミを防ぐ

シミの原因はメラニン色素が沈着してしまうことによるものです。メラニン色素を作らないためにはその原因となる紫外線から肌を守ることが大切です。

10代、20代のころにしっかりと紫外線対策をしてこなかった場合は30代になってシミが増えたり濃くなってしまいますが、それ以上増やさないためにも紫外線対策をしっかり行いましょう。

紫外線といえば夏の暑い季節をイメージしますが、実は1年中どんな時も少なからず降っているものです。夏は紫外線が強くなる季節ですが、冬になると雪の照り返しなどで紫外線を浴びてしまうこともあります。ですから、夏だけ紫外線対策をするのではなく1年を通して紫外線を浴びないような意識をもつことが大切です。

強い日焼け止めを使わなくても、紫外線を吸収する化粧下地を使ったり肌を露出しすぎないなどの対策をとると良いでしょう。

また、美白成分の含まれた基礎化粧品でスキンケアをしたり、肌のターンオーバーを正常化させるために生活習慣を見直すことも効果があるでしょう。しかし、できてしまったシミをすぐに完全に消すことは難しいです。

皮膚科やクリニックでしっかりとしたケアを受けることでシミを軽減することはできますが、大切なのはシミをこれ以上増やさないことです。

今からでもできる対策でこれ以上シミを作らないようなスキンケアを心がけましょう。

 

生活習慣の改善

30代になると、疲れやすくなったり睡眠をとっても前の日の疲れが抜けなかったりと肌以外にも不調を感じることが多くなってきます。

もちろん体の不調は肌にも影響しますので、生活習慣を改善することで肌の状態を改善することができます。

ポイント①入浴でストレス軽減

ポイント②良質な睡眠でターンオーバーを正常化

ポイント③栄養バランスの良い食事で体の内側から綺麗に

 

ポイント①入浴でストレス軽減

ストレスはお肌にも悪影響を及ぼします。

ストレスによって自律神経が乱れてしまうことが原因です。

最も良いのは「ストレスを作らないこと」ですが、毎日の生活や仕事においてストレスを感じないというのは難しいことだと思います。そこで、ストレスを溜め込まないことが大切になります。

なるべくこまめにストレスを発散することで、ストレスが体に影響を及ぼさないようにしましょう。ストレスを解消するには、軽い運動や読書、音楽などの趣味でリフレッシュするなど様々な方法があります。

毎日の生活の中でできるおすすめのストレス解消法は「入浴」です。

シャワーだけで済ませてしまうのではなく、しっかりと湯船に浸かることで体を温めてリラックスさせることができます。

38〜40℃ほどの温度が最も副交感神経の働きを活発にするので、よりリラックスできます。

血行も良くなるので血行不良によるくすみなどの軽減も期待できます。

 

ポイント②良質な睡眠でターンオーバーを正常化

お肌の生まれ変わりであるターンオーバーは睡眠時に行われます。

ですから、良質な睡眠をとることがターンオーバーを正常化させるためには大切です。ぐっすりと眠ることでストレスの解消にもなります。

なるべく毎日同じ時間に寝て、同じ時間に起きるのが理想的です。

眠りが浅かったり睡眠時間が短いという方は、しっかりと睡眠時間を確保したり枕の高さを調整するなどしてぐっすりと眠れる環境を作りましょう。

また、就寝前にテレビやスマホの画面を見ないようにしたり、照明を暗くして寝るなどの工夫で眠りを深くすることができます。

 

ポイント③栄養バランスの良い食事で体の内側から綺麗に

肌は体と同じように食べたものでできています。

30代は仕事も責任のある立場になったり育児で忙しかったりと、自分のことを後回しにしてしまう方も多いのではないでしょうか?

しかし、栄養バランスの良い食事をとることはなるべく心がけていただきたいことです。

肌だけでなく健康面においても、栄養をとることは必要不可欠です。

・シワの予防
【コラーゲン、ビタミンCなど】鶏皮、ゼラチン、いちご、ブロッコリーなど

・ターンオーバーを正常化する
【ビタミンB2、ビタミンB6など】卵、納豆、マグロ、バナナなど

・シミの予防
【ビタミンE、ビタミンCなど】アーモンド、かぼちゃ、キウイ、小松菜など

 

 

基本的な栄養バランスに加えて、肌悩みに合わせた栄養を意識的に取り入れることでより肌に栄養を与えることができます。

また、普段使う油を動物性から植物性に変えるなどの工夫も有効です。

30代におすすめのスキンケアブランド

30代になって今までのスキンケアを変えたいと感じている方は多いのではないでしょうか?

肌老化に合わせたスキンケアをすることで、肌の状態を若々しく保つことができます。

そこで、30代の方におすすめのスキンケアブランドを3つ紹介します。

スキンケアアイテムは人によって合う合わないがあるので、まずはトライアルセットなどで試してから使うことをおすすめします。

スキンケアアイテム選びに悩んでいる方は是非参考にしてみてください。

 

フジフィルム アスタリフトホワイト

5日間分トライアルキット:  1,080円(税込)

内容:美白化粧水、美白美容液、クリーム、ジェリー状先行美容液

アスタリフトホワイトは、シミの原因であるメラニンにしっかり成分が届くように成分をナノ化。

成分をしっかりとお肌に浸透させます。

美白有効成分としてアルブチン、ビタミンC誘導体を配合。ハリと透明感のあるお肌へ導きます。

 

コーセープロビジョン 米肌

14日間トライアルキット:潤い体感セット/集中ハリ体感プレミアムセット/澄肌美白お試しセット

価格:1,500〜1,600円(税込)

内容:洗顔石鹸、化粧水、美容液、クリームなど(各セットによって異なる)

米肌は日本酒をつくる杜氏の手が美しいことからライスパワーに注目。

ライスパワーは角層に水分を保つ力を唯一認められた成分です。加齢とともに減少するセラミドを生み出す力を持っています。

また、大豆発酵エキスや乳酸Naなどの発酵エキスや美容成分も豊富に配合されているので、お肌の乾燥を防ぎながらうるおいをしっかりと与えます。

 

資生堂 エリクシールホワイト

1週間分トライアルセットC(ネット限定):  1,188円(税込)

内容:化粧水、乳液、美白美容乳液(日中用)

エリクシールホワイトは、年齢を重ねるとともに失われるハリや透明感に効果的なスキンケアブランド。

コラーゲン配合でハリと透明感を満たし、いつでも輝く「つや玉」をつくります。

30代になると失われがちなお肌のツヤが気になる方におすすめの商品です。

 

さいごに

30代からは肌老化とともに肌に合わせてスキンケアも変えていくことが必要です。

保湿を中心に生活習慣の改善などを意識することで30代の年齢を感じ始めたお肌も若々しく保つことができます。

一度今までのスキンケアを見直して今の自分のお肌に一番必要なものを見極めましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る