美容液で集中ケア!ニキビに効果的な美容液&スキンケア

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ニキビができてしまった時、なるべく早く治したいですよね。

そんなときにおすすめなのが「美容液」です。

美容液は有効成分がぎゅっと凝縮されたスキンケアアイテムなので、ニキビができてしまった肌に必要な成分を届けるのに適しています。

しかし、成分が凝縮されているがために肌荒れの原因となってしまうこともあるので使い方には注意が必要です。

そこで、今回はニキビに効果的な美容液について徹底解説します。

ニキビにお悩みの方は必見です。

ニキビ肌におすすめの美容液5選

 

ニキビに美容液を使うときは「有効成分」と「肌にやさしいもの」を選びましょう。

ニキビの種類や症状によって、効果的な美容液やスキンケアは異なりますが、今回は一般的なニキビに効果のある美容液を選びました。

どんな美容液を使えばいいのか悩んでいるという方はぜひチェックしてみてください。

 

資生堂 dプログラム アクネケアエッセンス

公式HPはこちら

50ml 4,000円(税抜)

資生堂のdプログラムは季節や生活の変わり目にときどき肌が荒れてしまう「ときどき敏感肌」のためのスキンケアラインです。

繰り返す大人ニキビのためのアクネケアシリーズの美容液がアクネケアエッセンスです。

有効成分としてグリチルリチン酸ジカリウムを配合しています。

敏感肌でも安心して使える刺激の少ない美容液なので、肌荒れに悩んでいる方にもおすすめです。

 

FUJIFILM ルナメアAC ジェルクリーム

公式HPはこちら

60g 2,592円(税込)

富士フイルムの大人のニキビケアシリーズ、ルナメアACのジェルクリームです。

ニキビに効果的な成分「グリチルレチン酸ステアリル」と、肌荒れに効果的な成分「トコフェロール酢酸エステル」を配合し、デリケートな大人ニキビ肌に優しい美容液です。

うるおい成分に大豆リン脂質やグリセリンを配合し、ニキビ肌に欠かせない保湿もしっかり行うことができます。

 

ロート製薬 メラノCC しみ集中対策美容液

公式HPはこちら

20ml オープン価格

ロート製薬のメラノCC美容液は、しみやそばかすに効果的な美白美容液ですが、ニキビ肌にも効果があるとして人気の商品です。

ビタミンC誘導体に加え、殺菌成分や抗炎症成分を配合しているのでニキビやニキビ跡、毛穴が気になるお肌にもおすすめの美容液です。

ニキビだけではなく、うるおい補給や美白効果も期待できる優れものです。

 

オルビス 薬用スキンアクティブセラム

公式HPはこちら

25ml 2,500円(税抜)

オルビスの薬用スキンセラムはインナーコメドを防ぎ角質ケアをする美容液です。

ニキビのもとにもなる毛穴の中に隠れたインナーコメドを防ぐことで、肌のごわつきやザラつきを防ぎつるつるのお肌へと導きます。

紫根エキスや甘草由来エキスなどを配合し、ニキビができる最初の段階をブロック。肌を整えることができます。

 

プロアクティブ+ 薬用美容液

公式HPはこちら

90g 8,700円(税込)

※初回はセット販売のみ

ニキビケアでおなじみのプロアクティブの薬用美容液です。

有効成分としてサリチル酸、グリチルリチン酸ジカリウムを配合、有効成分を毛穴の奥まで届けます。

ジェルタイプなので軽いつけ心地でうるおい成分が肌に浸透しやすいテクスチャーです。

脂性肌や思春期ニキビにお悩みの方におすすめです。

 

ニキビに効果的な美容液の選び方

ニキビの炎症を抑えたり、ニキビを予防するためには有効成分が凝縮されている美容液がおすすめです。

しかし、どんな美容液でも効果を得られるわけではありません。

間違った選び方をしてしまうと、効果が得られないだけではなく逆効果になってしまうことも。

そこで、ニキビに効果的な美容液の選び方について解説します。

 

ニキビに効果的な成分をチェック

美容液はそれぞれの商品によって、含まれる有効成分が異なります。

まずは、どんな成分が含まれているのかをチェックしましょう。

その中で、自分に必要な成分が含まれているかを基準にすることで、美容液選びはぐっと簡単になります。

 

ニキビに効果的な成分をいくつかご紹介します。

 

・グリチルリチン酸ジカリウム

甘草から抽出された天然由来成分で、ニキビの炎症を抑えてくれるはたらきがあります。

抗アレルギー作用があるので、肌が弱い方や敏感肌の方でも安心して使うことのできる成分です。

・ビタミンC誘導体

美白成分としても有名な成分ですが、ニキビにも効果があります。

コラーゲンの生成を助けるはたらきや、余分な皮脂を抑えるはたらきがあり、お肌にとって嬉しいことだらけの成分です。

肌のターンオーバーを正常化するはたらきもあるので、ニキビ跡にも効果的です。

・サリチル酸

サリチル酸には角質を柔らかくするはたらきがあります。

これによって、毛穴汚れや角栓を落としやすくしてニキビを予防することができます。

殺菌作用があるので、ニキビに効果的な成分として有名です。

これらの成分を目安に美容液を選ぶことで、自分の求めている効果を最短で手に入れることができます。

美容液を選ぶときは、まずはじめに成分表をチェックするのを忘れないようにしましょう。

保湿力のある美容液がおすすめ

ニキビの原因として多いのが「乾燥」です。

「ニキビはオイリー肌にできやすいから、油分が原因なのでは?」と思う方もいらっしゃるかもしれません。

確かに、ニキビは余分な皮脂が毛穴に詰まることで炎症を起こしてしまった状態です。

しかし、それらの原因は肌が乾燥していることによって、過剰な皮脂の分泌が行われているということが多いのです。

 

肌が乾燥してしまうことによって、皮脂が過剰に分泌され、ニキビができてしまうという悪循環に陥ってしまうとニキビは治ってもまたすぐにできてしまいます。

ニキビケアで重要なポイントは、スキンケアの基本でもある「保湿」なのです。

 

間違ったスキンケアや乾燥によってニキビに悩んでいる方は、まず肌の保湿を重点的に行ってみましょう。

そこでも美容液がおすすめです。

セラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が含まれた美容液をスキンケアに取り入れることで、肌にたっぷり水分を与えることができます。

 

ニキビケアというと「ニキビに効果的なケア」を思い浮かべますが、その前にスキンケアの基本に立ち返ることも大切です。

 

続けられる価格の美容液を選ぶ

美容液選びで、意外と見落としてしまうのが価格です。

「ニキビが治るなら少し高くても買わなきゃ」「高いものじゃないと効果がないのでは?」と、無理をして高級な美容液を買うことはおすすめできません。

なぜなら、美容液は続けることによって効果を実感することができるからです。

 

肌は約28日周期で日々生まれ変わっています。

美容液だけではなく、スキンケアはすぐに効果が得られることはあまりありません。

毎日コツコツと続けることで、美肌を作ることができるのです。

美容液だからといって、すぐに効果を感じられるというわけではないのです。

 

ですから、無理をして高級な美容液を買っても、使い続けることができなければ意味がありません。

ご自分がコツコツと使い続けることができる価格帯の美容液を選ぶことが、長期的に肌にとって良い効果をもたらします。

特にニキビやニキビ肌は長期にわたってケアをすることが大切です。

無理をせず、長く続けられる美容液を選びましょう。

 

ニキビができた時のスキンケアの3つのポイント

どんなに毎日気をつけてスキンケアをしていても、ニキビができてしまう時はありますよね。

できてしまったニキビはなるべく早く治したい!

そんな時に気をつけたいスキンケアのポイントをご紹介します。

 

皮脂の落としすぎに注意

ニキビができると、油分や毛穴の汚れを落とそうとゴシゴシ何度も洗顔をしてしまう方がいらっしゃいます。

しかし、それは逆効果なのです。

皮脂は悪者だと思われがちですが、肌にとっては必要な存在。

皮脂を落としすぎてしまうことで、肌は皮脂が不足していると勘違いして過剰に皮脂を分泌してしまいます。

それが悪循環となって、ニキビの原因になってしまうのです。

 

ニキビができた時は、特に優しくたっぷりの泡で洗顔をしましょう。

オイルクレンジングやスクラブ入り洗顔など、皮脂を落としすぎてしまうクレンジングや肌を傷つける洗顔は避けてください。

ニキビができたときこそ、不要な皮脂だけを落とすことに集中して、皮脂を落としすぎないことが近道です。

 

保湿は水分と油分をバランスよく与える

ニキビケアに大切なのは「保湿」です。

十分に保湿された状態とは、水分と油分がバランスよく与えられている状態です。

どちらかが多くても、どちらかが少なくてもいけません。

 

肌の乾燥はニキビを悪化させたり、増やしてしまう原因となってしまいます。

ニキビの原因は油分が多いからだと思い込んで、化粧水だけのスキンケアになっていませんか?

化粧水だけのスキンケアを続けていると、肌の油分が不足して皮脂を過剰に分泌するだけではなく、毛穴から化粧水の水分とともに肌の水分も蒸発してしまいます。

すると、さらに乾燥肌になってしまいニキビができるという悪循環になってしまうのです。

 

ニキビができると、ついつい乳液やクリームなどの油分を与えるスキンケアを避けてしまいがちです。

しかし、どんな肌質の人にとっても油分を与えるスキンケアは必要です。

もちろん油分の与えすぎはよくありません。

肌の油分が多いと感じるときは、乳液を少なめに使うなどの工夫をしてみましょう。

 

栄養バランスの良い食事で内側からケア

ニキビの原因となる毛穴の詰まりは食事でも改善することができます。

特に食生活が乱れている人や栄養バランスの悪い食生活をしている人は、食事を改善することで肌状態も改善することが期待できるでしょう。

 

ニキビに効果的な栄養素をいくつかご紹介します。

・ビタミンC

ビタミンCが美容に良いというのは多くの方がご存知なのではないでしょうか。

ニキビの炎症を抑え、ターンオーバーを正常化するはたらきがあるので、ニキビだけではなくニキビ跡にも効果的です。

・ビタミンE

抗酸化作用のある栄養素で、血行促進効果があるのでニキビのできやすい肌に効果的です。

ビタミンCとの相乗効果が高いのであわせて摂るのがおすすめです。

・ビタミンA

肌のうるおいを保つはたらきがあります。

また、毛穴のつまりを解消したり、ターンオーバーの正常化にも効果的です。

・ミネラル

ホルモンバランスを整えるはたらきがあるので、生理前のニキビにお悩みの方におすすめ。

肌のターンオーバーの正常化を助ける効果もあります。

ニキビにはビタミンが効果的です。

ただし、栄養はバランスよく多くのものを食べることが大切です。

ビタミンがニキビに良いからといって、ビタミンだけをとっていてはいけません。

食生活を整えることは、肌のためだけではなく、体にも良い効果をもたらします。

ぜひ、食事の面からもスキンケアを心がけてみましょう。

さいごに

ニキビに効果的な美容液について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

毛穴のつまりや乾燥によって肌が炎症を起こしてしまっているニキビですが、正しいスキンケアで美肌を目指すことはできます。

ニキビをすぐに治すことだけを考えるのではなく、長期的にニキビのできにくい肌をつくっていくことも大切です。

今回紹介した美容液などのスキンケアアイテムを上手に活用していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る