無添加だから大丈夫と思ってない?おすすめ洗顔石鹸と選び方。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさんは無添加の洗顔石鹸を使ったことがありますか?

「洗顔石鹸」「無添加」と聞くと、なんだかお肌にやさしい良いイメージがありますよね。

しかし、無添加の洗顔石鹸にはホンモノニセモノがあることを知っていますか?

今回は、無添加の洗顔石鹸の美容効果やホンモノとニセモノの見分け方、おすすめの無添加洗顔石鹸について解説していきます!

無添加に騙されない。正しい洗顔石鹸の選び方

無添加と書いてあるだけでお肌にやさしそうなイメージを持ったり、成分を見ずとも安心してしまったりしてしまいます。

しかし、無添加と表記されている場合でも完全に無添加ではない商品もあるんです。

まずは洗顔石鹸や無添加について詳しくみていきましょう。

洗顔料に含まれる界面活性剤は2種類ある

石鹸や洗顔料などの洗剤には一般的に水と油をなじませるために「界面活性剤」という成分が含まれています。

「界面活性剤」と聞くと肌に悪いイメージを持つ方が多いですが、水と油は本来混ざらない性質なので、それを混ぜるためには必要な成分なのです。

その「界面活性剤」には2つの種類があります。

【合成界面活性剤】
石油などを使用して人工的に作られたもの

【天然界面活性剤】
動物成分や植物成分を使用して作られたもの

合成界面活性剤は、高い洗浄力が特徴で食器用洗剤などにも使用されています。食器や調理器具についた油汚れを落とすような洗浄力を持っているということです。

市販されている多くの洗顔フォームはこの「合成界面活性剤」が使用されています。

そして無添加洗顔石鹸のほとんどに含まれているのが「天然界面活性剤」なのです。

つまり、洗顔料においてフォームより石鹸の方がお肌に優しいというのは界面活性剤の種類に違いがあるということからだったんですね。

 

無添加だから良いというわけではない

 

では、「無添加」=「お肌に良い」ということなのでしょうか?

答えは違います。

実は、無添加という表記は完全な無添加でなくてもできてしまうのです。

「表示指定成分」という言葉を聞いたことがありますか?

「表示指定成分」とは、使う人の体質によってごくまれにアレルギー等の肌トラブルを起こす恐れのある成分として、薬事法によって商品への表示を義務づけられた成分です。表示の目的は、使用者が事前に肌トラブルを避けることができるようにするためで、現在は以下の102種類に、香料を加えた103種類が指定されています。

出典元:POLA|表示指定成分について知りましょう

現在は2001年4 月に全成分の表示が義務付けられたため、これらの指定成分は「旧指定成分」と呼ばれています。つまり法律上は、この「旧指定成分」を含まなければ「無添加」と表記できてしまうということなのです。この「旧指定成分」が定められたのは昭和40年代。今から何十年も前のことです。

この何十年もの間に、新しい成分や体に害を及ぼす成分が見つかっていて例えそれが含まれていても、「無添加」と表記できる可能性があるということになります。

もちろん、本当に安全な成分のみを使用した無添加洗顔石鹸も多くありますが「無添加」という表記だけを見て安全安心だと思うのは危険だということを認識しておいていただきたいと思います。

ホンモノの無添加洗顔石鹸を見分けるポイント①純石鹸かどうか

では、無添加の洗顔石鹸がホンモノかニセモノかを見分けるためにはどうすればよいのでしょうか?

答えは「成分表」にあります。

先ほどあったように、現在はすべての成分を表示する義務があります。成分を見ることで、本当に無添加なのかを見分けることができます。

ホンモノの無添加洗顔石鹸は「純石鹸」と呼ばれる石鹸の素材だけで作られたものです。

純石鹸は、脂肪酸ナトリウム・脂肪酸カリウムが98%以上と明確に規定されています。

つまり、成分表に

・石鹸素地100%

・石鹸素地98%

・脂肪酸ナトリウム98% …

などという表記があれば、「純石鹸」だということが分かります。

天然の界面活性剤を使用したホンモノの無添加洗顔石鹸を見分けるには、成分表がポイントになるということですね!

 

ホンモノの無添加洗顔石鹸を見分けるポイント②製造過程

しかし、純石鹸は製造過程によって乾燥しやすいものとそうでないものに分かれます。

ドラッグストアなどで見かける100円、200円の純石鹸は大量生産されているものがほとんどですので、製造の過程で天然の保湿成分である「グリセリン」がなくなってしまいます。

しかし、「釜焚き製法(ホットプロセス)」「コールドプロセス」という製法で作られる石鹸はグリセリンが石鹸に残っているので保湿効果があるということになります。

特に「コールドプロセス」は熱を加えない製法なのでグリセリンが失われることはなく、保湿力は抜群です。

洗顔石鹸を選ぶ際は、どのようにして石鹸が作られているのかもチェックしましょう!

 

美白効果も!?無添加洗顔石鹸の効果とは

それでは、無添加洗顔石鹸を使うとどんなメリットがあるのでしょうか?

美白効果があったり、洗浄力と保湿力を兼ね備えているなどお肌に優しい洗顔石鹸の魅力について解説します♡

 

美白の鍵はお肌のターンオーバーにあった

無添加の洗顔石鹸には美白効果がある!と言われているようですが、洗顔石鹸自体に肌を白くするような効果はありません。

肌を白くするために必要なのは正常なターンオーバーです。

お肌は常に生まれ変わっていて、毎日古い角質が落とされて新しい細胞が生まれています。

しかし、この古い角質をしっかり落とせていないと肌のくすみの原因となってしまいます。

厳密には、「肌が白くなる」というよりは「肌本来の色にする」ために正常なターンオーバーが必要なのです。

ターンオーバーは約28日で1週しすべての細胞が生まれ変わるのが正常です。

これが早すぎると敏感肌・乾燥肌の原因になりますし、遅すぎると肌のくすみや毛穴汚れ、ニキビなどの肌トラブルの原因になります。

ターンオーバーは早すぎても遅すぎてもいけないのです。

古くなった角質「だけ」を落とす必要があるので、洗顔石鹸を使うことが良いとされています。

洗顔石鹸には天然界面活性剤が使用されているので、お肌に負担をかけることなく古い角質だけを落とすことができ、正常なターンオーバーを保ってくれる効果が期待できるのです。

透明感のある肌本来の美しさ、白さを取り戻すためにはターンオーバーが正常に働くことが必要で、そのために無添加の洗顔石鹸が効果的であるということです。

無添加の洗顔石鹸が美白効果に直接関係しているわけではありませんので、注意してくださいね!

 

天然成分で高い洗浄力と保湿力

無添加洗顔石鹸ってしっかり汚れを落とせるのか不安になったことはありませんか?

確かに合成界面活性剤は高い洗浄力があり、多くの洗顔フォームに使用されています。

しかし、天然界面活性剤でも不要な汚れはしっかり落とせる洗浄力があるのです。

無添加の洗顔石鹸(純石鹸)はアルカリ性なので、たんぱく質を溶かす性質があります。

古い角質や汚れはたんぱく質なので、合成界面活性剤のような強い洗浄力がなくてもしっかりと不要な汚れだけを落としてくれるのです!

また、お肌には皮脂(油分)が適度に必要です。べたつきの原因となるイメージがある皮脂ですが、落としすぎると肌は過剰に皮脂を作り出そうとしてしまいます。

つまり、肌にとって必要な皮脂を残してあげることで肌本来のうるおいを保つことができます。

無添加の洗顔石鹸を使用することで、お肌に必要なものを残しつつ不要なものだけを落とすことができるということです。

ダメージを受けにくい肌をつくる

そしてなんといっても無添加の洗顔石鹸の魅力は低刺激だということではないでしょうか?

もちろんお肌にとって刺激となる成分は含まれていないため刺激がないのは当たり前ですよね。でも、実際に使って見ると洗顔直後に肌がつっぱる感じがしたり乾燥を感じることがあります。

これは肌が自然と必要な皮脂を作り出しているからなのです。

洗顔フォームなどでつっぱらないのは、「つっぱり感」をなくすための保湿成分が含まれているからです。

天然の保湿成分である皮脂を自分で作り出すチカラを育てることで肌のバリア機能が高まり、ダメージの受けにくい肌を作っていくのです。

しかし、敏感肌や乾燥肌などでつっぱり感がなかなか消えない、刺激が強いと感じる場合は「無添加」にこだわらず保湿力のある洗顔料を選ぶようにしましょう。

洗顔石鹸を使いたい場合は、前章で紹介した「無添加洗顔石鹸を選ぶポイント②製造過程」を参考に保湿成分が含まれた石鹸を選ぶようにしてくださいね!

 

おすすめの人気洗顔石鹸ベスト3

ここからは、おすすめの洗顔石鹸を紹介したいと思います。

洗浄力と保湿力を兼ね備えたお肌に優しい石鹸を3つ選んでご紹介しますので、どの商品を使っていいかわからない方は是非参考にしてみてください。

 

カウブランド無添加フェイスケアシリーズ 無添加洗顔石鹸

【敏感肌・乾燥肌さん】にも♡

600円(税抜き)70g

牛乳石鹸でおなじみのカウブランド。600円というお手ごろ価格ですが、釜焚き製法だから保湿力もばっちりです。

お肌のうるおいを守りながら植物性アミノ酸系洗浄成分配合だから余分な皮脂や汚れもしっかり落とせます。

天然由来のセラミドも配合しているので、敏感肌さんや乾燥肌さんも安心して使えます。

楽天の口コミを見たのですが口コミされてなかったので、多くの人が支持している@cosmeで調べてみました!そちらでは、評価は5,2で洗顔石鹸ランキングでは5位でした!「洗顔後のつっぱりがない」「優しい感じがする」「コスパがいい」の他に、「忙しい時に泡立てが面倒」という意見もありました。これは固形石鹸では仕方ないところですよね・・・(^^;
もっと詳しく口コミが見たい方は公式@cosmeへ

長寿の里 然(しかり)よか石けん(ジャータイプ)

【ニキビ・肌荒れ予防】または【くすみ・毛穴汚れ】に♡

1800円(税抜き)88g

こちらの「よか石けん」は固形石けんではなく練りタイプの石けんです。

毛穴より小さい超微細シリカパウダー配合で毛穴の奥の汚れまで吸着して落とします。

無添加でありながら美肌成分がたっぷり含まれているので洗顔後のつっぱり感もなく、ニキビなど肌荒れ予防にも効果的。くすみや毛穴汚れが気になる方におすすめです。

インターネットで購入でき、専用の泡だてネット(非売品)も付いてきます。

お得な定期コースもあるので、気になる方は公式HPをチェックしてみてくださいね。

52012-07-10

洗い上がりがとても気持ちいいです。

チューブタイプとジャータイプの両方を使用しました。
クリームが固く、チューブタイプは出しにくいので、
私にはジャータイプの方が使いやすかったです。

送料がかかるので、一度に複数個(3個くらい)購入できると ありがたいのですが。。。ぜひ、ご検討ください。

このレビューのURL

42010-07-27

初めてつかいましたが…
前から気になっていたので、購入してみました。泡もきめ細かくさっぱりとした仕上がり。
ただ、敏感肌の私には、サッパリしすぎるのか…ツッパリ感が残るので、★は4つです。
このレビューのURL

32010-10-13

はじめのうちは硬くて扱いづらいです。
あわ立てネットを使ってもころころボール状に転がって落ちたり、うまく泡立てられないので、つぶしながらあわ立てる、といった感じです。
効果はお茶石鹸系と同じ?
感動は宣伝ほどなかったですが、洗い心地は良いです。
このレビューのURL

 

健康コーポレーション どろ豆乳石鹸 どろあわわ

【いちご鼻や毛穴汚れ】が気になる方に♡

2980円(税抜き)110g

こちらはネットで話題のどろ石鹸です。泥(クレイ)は美肌効果があり様々なスキンケアに取り入れられています。

こちらの商品では沖縄の泥「クチャ」を精製して作ったミネラルたっぷりのマリンシルトと、肌を引き締める泥ベントナイトが配合されています。

毛穴の奥の汚れから古い角質までしっかり落としつつ、保湿成分としてヒアルロン酸コラーゲンが配合されているので洗い上がりはしっとり。

簡単に濃密泡が作れるので、いちご鼻や毛穴汚れが気になる方におすすめです!

52014-11-14リピート

もう何年もどろあわわ一筋です!
これ以外の洗顔はもぅ使えない!!
少しの量で弾力のある泡がたっぷりできます(^o^)
肌が白いってよく言われるようになりました。
このレビューのURL

 

52014-12-30

もこもこ
前々から気になっていたので、セール時に購入しました。
手のひらで泡立ててもそこそこ泡立ちます。
ネットで泡立てたらもっともこもこな泡が出来そうです。
洗顔後に突っ張る事もなく、使いやすいです。
このレビューのURL

32015-06-08

使用し始めてから3週間ほど経ちました。
たしかに洗顔ネットで泡立てるとかなりシッカリとした泡が出来上がります。顔の上でくるくるしても泡がへたらないのでいつまでもくるくる続けてしまいます。
鼻の毛穴の黒ずみが気になり購入しましたが、その効果の程は感じません。洗い上がりはかなりツッパリます。なのでリピはないかな。
このレビューのURL

さいごに

無添加の洗顔石鹸について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?

置き場所や手軽さで洗顔フォームを選んでしまいがちですが、お肌のことを考えると洗顔石鹸の方がおすすめです。

「無添加」という表記に騙されることなく、本当に肌に優しい洗顔石鹸を選びましょう♡

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る