【予算別】おすすめのクレンジングクリームと選び方♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

クレンジングクリームって使ったことありますか?

うるおいを肌に残しながら、しっかりとメイクを落としてくれるクレンジングクリームはお肌にも優しくどんな肌質の人にもおすすめできるクレンジングです。

「使ったことないけど、どれを選んでいいか悩んでしまう。。」

「今使っているクレンジングクリームが自分に合ってない気がする。。」

という悩みをお持ちの方も多いのでは。

今回は、【予算別】おすすめのクレンジングクリームと、その選び方のポイントを紹介したいと思います♡

【予算別】プチプラからデパコスまで!おすすめクレンジングクリーム♡

「クレンジングクリーム」と一言に言っても、そのブランドや価格帯は様々。

ちょっと試してみたいから安くて良いものが欲しい!という方から

毎日使うクレンジングだからこだわりたい!という方のために、

 

・ドラッグストアで買える!プチプラクレンジングクリーム【〜999円】

・手の届く価格♡ミドルプライスクレンジングクリーム【1000円〜4999円】

・毎日とっておきの贅沢を。デパコスクレンジングクリーム【5000円〜】

 

価格帯ごとのおすすめクレンジングクリームをそれぞれ3つずつ紹介します!

ドラッグストアで買えちゃう♡おすすめのプチプラクレンジングクリーム3選【〜999円】

クレンジングクリーム初心者さんや、コスパ重視の方におすすめなプチプラクレンジングクリームを紹介します♡

 

〈ウテナモイスチャー コールドクリーム(250g)〉【¥775(税別)】

こちらのクレンジングクリームは「コールドクリーム」と言って、クレンジングだけでなくマッサージ用としても使用できるクリームです。

保湿成分である、「アロエエキス」「ホホバオイル」「オリーブオイル」が配合されているので、洗い上がりもとってもしっとり。それでこの値段!ドラッグストアで見たことある方も多いのでは?

しかし、「乳化するのに時間がかかる!」との口コミもちらほら。

マッサージクリームとしても使えますので、マッサージしながらしっかりメイクを落としたい方におすすめです♡

 

〈ちふれ ウォッシャブルコールドクリーム(300g)〉【¥650(税別)】

プチプラコスメでお馴染みのちふれ。こちらも「コールドクリーム」となっており、マッサージクリームとしても使用可能です。

しっかりとメイクを落としてくれて角質や毛穴の汚れもすっきり綺麗に落としてくれると評判!

こちらも「乳化に時間がかかる」という口コミがいくつかありましたが、慣れてしまえば気にならない程度とのことでした。

リピートする方には嬉しい詰め替え用もあり、さらにお安く抑えることもできます。

「クレンジングクリームをちょっと試してみたいな」という方におすすめです♡

 

〈ドルックス クレンジングクリームN (135g)〉【¥800(税別)】

こちらは資生堂のスキンケアライン〈ドルックス〉のクレンジングクリームです。

ドルックスはなんと戦前の昭和7年生まれ。レトロなパッケージがかわいいですよね!

ドラッグストアでも必ずといっていいほど置いてあるこのスキンケアラインのクレンジングクリームはとにかく優秀なのです。

なんだか懐かしいおばあちゃんを思わせる香りも好まれるポイントのひとつでもあるんです♡

メイクがしっかり落とせるのはもちろん、さらっとしたテクスチャーですっきりと洗い流せるので、

「クリームのベタベタ感が苦手…」という方におすすめの商品です!

ちょっぴり贅沢。こだわりクレンジングクリーム3選【1000円〜4999円】

クレンジングにもちょっぴりこだわりたい。けど高すぎるのは嫌。というあなたにおすすめのクレンジングクリームを紹介します♡

〈イグニス ブランクレンジングクリーム(200g)〉【¥3500(税別)】

イグニスはアルビオンのスキンケアライン。

こちらのクレンジングクリームは保湿成分に「コメヌカエキス」という米ぬかの美肌成分が配合されています。

ハーブの爽やかな香りも人気のポイント♡リラックス効果も期待できますね!

保湿成分たっぷりなので洗い上がりも、しっとりもっちりでリピーター続出なんです。

またテクスチャーも柔らかく初めてでも使いやすいクレンジングクリームです。

 

〈カネボウ ソフニングクリームクレンジング(120ml)〉【¥3000(税別)】

カネボウのクレンジングクリーム。こちらの特徴はなんといっても洗い上がりにあります。

通常クレンジングクリームは洗い上がりに油膜感があるもの…なのですが、こちらのクレンジングクリームはさっぱりとした洗い上がりで油膜感があまり感じられません♡

それでいてしっとりと保湿もしてくれるってとっても優秀ですよね!

柔らかく伸びの良いテクスチャーもおすすめのポイント。

アロマティートピアの香りに多くの女性が虜になっているそう♡

ベタベタする油膜感が苦手な方におすすめです!

 

〈ALLU クレンジングクリーム(120g)〉【¥4500(税別)】

ポーラの大人の女性向けスキンケアライン〈ALLU〉のクレンジングクリーム。

大人のゆらぎやすい肌のためのクレンジングクリームということで、エイジングケアを目的に作られています。

伸びのよい柔らかなテクスチャーで、洗い上がりもしっとり。力を入れなくてもするっとメイクが落ち、肌への負担を最小限に留められます!

フローラルウッディの香りでリラックス効果も♡

40代からの年齢肌が気になる大人の女性におすすめです。

 

毎日とっておきの贅沢を。おすすめのデパコスクレンジングクリーム3選【5000円〜】

〈ゲラン クレンジングクリーム(200ml)〉【¥9,000(税別)】

ゲランのクレンジングクリームは特別に配合されたホワイトティ、ムスク、ジャスミンの香りがクレンジングを極上の贅沢なひとときにしてくれます。

固めのしっかりしたクリームがクッションとなり摩擦が少なく、お肌にも優しいテクスチャー。

洗い上がりはとてもしっとりしていますが、くすみが取れてワントーン明るいお肌になれる!との口コミ多数。

高級感のあるパッケージも、毎日のクレンジングが楽しみになりそうですよね♡

〈ディオール プレステージ ラ クレーム デマキヤント(200ml)〉【¥10,500(税別】

ガラスに入ったパッケージもとってもゴージャスなディオールのクレンジングクリーム。

お値段もさすが…という感じですが、大容量なので半年ほど持つそう(使い方にもよりますが)なので、そう考えると意外とコスパはいいのかも、、!?

洗い上がりも、とってももっちり。もちろん保湿効果も抜群です。

高級感漂う香りでバスタイムが至福のひとときになること間違いなしです♡

〈イヴ・サンローラン・ボーテ オールージュ クレーム デマキヤント(150ml)〉【¥11,500(税別)】

イヴ・サンローランのクレンジングクリームはウォーターベースなので柔らかいテクスチャー。

独自開発した整肌成分「オールージュGFC」を高配合しており、潤いをしっかり守りながら高い洗浄力でメイクはもちろんくすみまで取り去ってくれます。

クレンジング後はもちろん翌朝のメイク時まで潤ってるほどの保湿力!

ダブル洗顔も不要なので、お肌への負担も少なく保湿まで完璧にできるというかなりの万能品です♡

自分にぴったりのクレンジングクリームの選び方

これまで様々な価格帯のクレンジングクリームを紹介してきました。

もちろん今回紹介したもの以外にも、クレンジングクリームの種類はたくさん。

自分に合ったクレンジングクリームを選ぶ時に参考にしてほしいポイントを2つお伝えします♡

選び方のポイント①拭き取りタイプ or 洗い流すタイプ

クレンジングクリームは大きく分けて2種類あります。

・拭き取りタイプ

・洗い流すタイプ

それぞれ成分や使い方が違うので、クレンジングクリームを選ぶ時はどちらのタイプかチェックしてみてください!

お肌にやさしい♡拭き取りタイプ

拭き取りタイプのクレンジングクリームは、洗い流すタイプに比べて「界面活性剤」が少なく、お肌に優しいクリームです。

しかし、クリームを落とす手間がかかるというデメリットがあります。

ゴシゴシと擦って拭き取ってしまっては、摩擦が起きてしまいお肌に負担をかけてしまいます。

ですから、拭き取る時はティッシュなどで優しく油分を吸い取るようにしましょう。

また蒸しタオルを顔に当ててゆっくり拭き取るとなお良いです♡

〈メリット〉お肌にやさしい

〈デメリット〉拭き取りに手間がかかる・ゴシゴシこするとかえって肌に負担がかかってしまう

初心者さんにおすすめ♡洗い流すタイプ

先ほど洗い流すタイプは「界面活性剤」が拭き取りタイプより多く含まれるということをお伝えしました。

「界面活性剤」が多く含まれているのは「クリームを洗い流せるように」なんです。

簡単にメイクを落とすことができる反面、洗い残しがあると肌荒れの原因ともなってしまうので、注意したいですね。

しかし、最近では肌に負担の少ない界面活性剤が増えていることなどから、洗い流すタイプのクレンジングクリームが主流となっているようです。

クレンジングクリーム初心者さんには、まずは水分で簡単に洗い流すことができる「洗い流すタイプ」がおすすめです♡

〈メリット〉手軽。簡単にメイク落としができる。

〈デメリット〉界面活性剤が多いため、肌への負担が大きい。

 

選び方のポイント②肌質や季節によって使い分ける

うるおいすぎが肌荒れの原因になることも。

敏感肌さんや乾燥肌さんには保湿効果抜群のクレンジングクリームはぴったりなのですが、オイリー肌さんなど脂性肌さんにはクレンジングクリームの油分がベタついているように感じてしまったり、ニキビの原因になってしまったりすることもあるんです。

ただうるおっていればいい。という訳にもいきませんので、

「今の自分の肌が乾燥状態なのか」「油分を必要としているのか」

しっかり見極めて、クレンジングを選ぶようにしましょう。

油分が多い時には、クレンジングクリームではなく、オイルやリキッドなどのクレンジングに変えてみるのもおすすめです♡

乾燥する冬だけクレンジングクリームを使う

冬はどうしても乾燥してしまいますよね。

夏場は乾燥が気にならないのに、冬になるとカサカサしてくる…という方も多いと思います。

そんな方は季節によってクレンジングを使い分けることをおすすめします。

同じ自分の肌でも環境によって変化するもの。それに合わせてクレンジングや化粧品を変えることは自然なことです。

「冬になると乾燥が気になる!」という方は、冬だけクレンジングクリームに変えてみませんか?

さいごに…

予算別のおすすめクレンジングクリームと、クレンジングクリームの選び方のポイントをご紹介してきました。

プチプラなものでもしっかり潤いを与えてくれるクレンジングクリームはたくさんありますので、乾燥が気になる方や敏感肌の方はぜひクレンジングクリームを試してみてくださいね♡

また、自分のクレンジングにかけられる時間(手間)や、肌質、季節ごとの肌状態によって必要なクレンジングは変わってきます。

様々なクレンジングを使い分けて、その時にベストなクレンジングができるように意識することが美肌への近道です♡

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る