クレンジングと洗顔の違いって?正しいスキンケアの基本

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

みなさんはクレンジングと洗顔の違いをちゃんと知っていますか?どちらも「汚れを落とす」ものなので2つもいらないのではないか、汚れが落ちればクレンジングだけでいいんじゃないのかなどと考えたことのある人は多いのではないでしょうか。

実は、クレンジングと洗顔には大きな違いがあったのです

今回は、クレンジングと洗顔の違いや美肌に近づくためのクレンジングと洗顔のポイントを解説します!最後には洗顔が面倒な方のためのW洗顔不要クレンジングも紹介しますので、チェックしてみてくださいね。

クレンジングと洗顔の違い

クレンジングと洗顔は「汚れを落とす」という目的は一緒ですが、落とす「もの」が違います。

〈クレンジング〉メイクなどの油分の汚れを落とす

〈洗顔〉肌の皮脂や角質などの汚れを落とす

それぞれについて詳しくみていきましょう。

 

メイクを落とすためのクレンジング

クレンジングの目的はもちろん「メイクを落とすこと」ですよね。メイクの主な成分は「油分」なので、油性の汚れを落とすために行うのがクレンジングです。油分と水分はなじまない性質のため、水で洗い流すだけではメイクや日焼け止めを落とすことができません。

クレンジングには、油分の汚れを水で洗い流せるように「界面活性剤」が含まれています。肌に悪いと思われがちな界面活性剤ですが、油分と水分を馴染ませてくれる成分なのでメイクを落とすには必要なものなんです。クレンジングの洗浄力はこの界面活性剤の含まれる量によって決まります。

界面活性剤がメイクや日焼け止めなどの油分を水で洗い流しやすくしてくれるので、界面活性剤が多く含まれているほどメイクを落とす力も強いのです。このように、クレンジングは「メイクや日焼け止めなどの油分の汚れ」を落とすことを目的として使用します。

 

肌の汚れを落とすための洗顔

一方洗顔は、クレンジングでは落とせないホコリや汗、角質などの汚れを落とすために行います。また、クレンジングの洗い残しなどを落とす役割もあります。皮脂や角質などの肌にたまっていく汚れは、水だけでは洗い流せないので洗顔料でしか落とすことができません。

さらに、べたつきの原因とされる「皮脂」ですが、肌にとって一定の皮脂は必要な成分です。

皮脂を落としすぎてしまうことで、肌が過剰に皮脂を分泌してしまったり乾燥肌や敏感肌の原因、またニキビなどの肌トラブルの原因になるなど皮脂を落としすぎないことも洗顔の大切なポイントです。メイクや日焼け止めなどの自分で塗ったりつけたりした汚れと違って、洗顔で落とす汚れは寝ている間につくホコリや日中の活動によって肌の内側から出る汗・垢などの汚れです。クレンジングでメイク汚れだけを落とした状態では、これらの汚れをしっかりと落とせていない状態なのでクレンジング後の洗顔は必要なのです。

 

基本が大切。クレンジングと洗顔のポイント5つ

化粧水や乳液などのスキンケアにはこだわっているけど、クレンジングや洗顔は汚れが落ちればいいからこだわりがないという方もいるのではないでしょうか?

しかし、スキンケアの基本は「クレンジング」「洗顔」です。不要な汚れなどを落とすことで、化粧水や乳液、美容液などの美容成分が肌に浸透しやすくなります。せっかくお肌に良いスキンケアを行なっていても、汚れが落とせていなければ効果も半減してしまいます。そこで、最後に美肌をつくるために気をつけたい基本のクレンジングと洗顔のポイントを5つ紹介します。

簡単なものばかりなので、ぜひ今日からスキンケアに取り入れてみてくださいね。

 

ポイント①クレンジングはお風呂の最後に

みなさんは、クレンジングをどのタイミングで行なっていますか?

帰宅したらすぐに落とす方や、入浴前、入浴中、寝る直前など人によって様々だと思います。実は、クレンジングの一番効果的なタイミングは入浴中の最後なんです。理由は簡単で、「メイクを落としやすい状態」だからです。お風呂の最後にクレンジングや洗顔をするメリットは2つあります。

お肌の乾燥を防ぐ

1つめは、お肌を乾燥させないということです。濡れた手で使えないクレンジングをご使用の方は、入浴前にクレンジングをして入浴中に洗顔をする方が多いですよね。しかし、クレンジングや洗顔で汚れを落とした後の肌は水分や油分が少なく乾燥しやすい状態です。

ですから、入浴のはじめや途中でクレンジングや洗顔をしてその後湯船に浸かっていると、その間にも乾燥はどんどん進んでしまいます。入浴前や入浴中にクレンジングや洗顔をする場合は、水分や油分が蒸発しないようにオイルを塗るなどして乾燥を防ぐことが大切です。入浴の最後でクレンジングや洗顔を行うことで、すぐに化粧水や乳液でスキンケアができるので乾燥することなく汚れを落とすことができます。

毛穴を開いてメイクを落としやすくする

2つめは、湯船につかることでじっくりと体を温めることができます。

じっくりと温めることで、肌に負担をかけることなく毛穴を開いてメイク汚れが浮きやすくなるのです。毛穴が締まっていてメイクも肌に密着している状態よりも、少しの負担でしっかりとメイク汚れを落とすことができるのでお肌にも優しくクレンジングができます。

また、スチーマーや蒸しタオルを使うことでこの湯船に浸かったような効果を得られることができるので、湯船に浸からない時などはメイクを落とす前に少し工夫を加えるだけでメイク落ちを格段に良くすることができます。

クレンジングの力だけでメイクを落とそうとするのではなく、メイクが落ちやすい状態の肌を作ってからクレンジングをすることでお肌にとっても負担がなく、さらにしっかりとメイクを落とすことができるので、より美肌に近づけるでしょう♡

 

ポイント②クレンジングはメイクに合わせて選ぶ

洗顔で落とす汚れのように毎日必ず付いたり分泌する汚れとは違って、メイクはその人の好みやその日の気分などで濃かったり薄かったりしますよね。

そこで重要なのが、クレンジング選びです。

クレンジングは、メイクの濃さに合わせて選ぶのが重要なのです。クレンジングの中でも洗浄力が高いオイルクレンジングなどは、濃いメイクやアイメイクなどのポイントメイクを落とすのに適しています。下地とおしろい粉のみなどのナチュラルメイクをオイルクレンジングで落とすと肌に必要な皮脂まで落としてしまうので乾燥肌やニキビの原因となってしまいます。

また、洗浄力の弱いマイルドなミルククレンジングなどでは濃いメイクは落としきることができないので肌に余分な力がかかってしまったり、メイクが落としきれずに毛穴汚れへと変化してしまうなどの危険もあります。

つまり、クレンジングは自分のメイクの濃さに合わせて使い分けることが大切なのです。どんなクレンジングを選べばいいか分かりにくいという方は、ベースメイクの濃さを基準に考えると良いでしょう。ベースメイクをしっかりと落とせるクレンジングを使用し、それで落ちきらないアイメイクなどの濃いメイクの部分のみオイルクレンジングなどでしっかりと落とすとお肌に負担をかけることなくメイクを落とすことができます。

 

ポイント③うるおいを守って洗う洗顔が大切

お肌のバリア機能という言葉を聞いたことはありますか?

私たちの体表面を覆っている皮膚には、外界からの異物の侵入や攻撃から体を守り、その一方で体内から水分が蒸散するのを防ぐというバリアの役割があります。この大切な役割を担っているのは、表皮のいちばん外側で外界と接している角層です。具体的には、角層細胞内の「天然保湿因子(NMF)」が保持する水分と、角層細胞間を埋める「細胞間脂質」による隙間のない構造と、角層表面の「皮脂膜」がバリアの役割を果たしています。

出典:肌のバリア機能|皮ふ科医に聞く ミニ知識|資生堂

つまり、「肌の内側の水分」「細胞と細胞の間の油分(セラミド)」「肌の外側を覆う皮脂」がお肌に必要なうるおいで、これらのバランスが崩れると乾燥や肌トラブルなどの原因になってしまうということです。

クレンジングではメイク汚れを落とすことを目的としていましたが、洗顔ではホコリや垢などの汚れを落としつつ、これらの肌に必要なうるおいを守ることがとても大切です。

自分の肌質に合った洗顔料を選んだり、お肌に刺激を与えないように丁寧に洗顔をすることで余分な汚れや皮脂のみを洗い流し、うるおいを守ることができます。

 

ポイント④すすぎの温度はぬるま湯がベスト

クレンジングや洗顔をした後は、水で洗い流しますよね。お風呂で髪を洗うような熱いお湯で洗い流していませんか?また、シャワーを直接顔にかけたりはしていませんか?

丁寧なクレンジングや洗顔をしても、すすぎで肌に負担をかけてしまっては意味がありません。

すすぎは「ぬるま湯」で行うようにしましょう。熱すぎると肌に必要な皮脂まで洗い流してしまいますし、冷たすぎるとクレンジングや洗顔の成分を洗い切れずに肌に残ってしまうことがあります。

触ってみて、熱くもなく冷たくもない温度のぬるま湯が丁度良い温度です。是非、洗い流す最後まで意識してみてくださいね。

 

ポイント⑤洗顔後は化粧水などですぐにスキンケア

クレンジング・洗顔を行なった後はなるべく早く化粧水・乳液などでスキンケアを完了しましょう。

洗顔後の肌は余分な汚れや皮脂を落とした状態なので、そのままにしておくとどんどん肌の内側の水分が蒸発してしまいます。それを防ぐためにも、洗顔後はすぐに化粧水で水分を与えて乳液で水分が蒸発しないようにフタをしてあげましょう。

 

洗顔しない!W洗顔不要のおすすめクレンジング

クレンジングと洗顔は落とす汚れが違うので、どちらも必要。

とは言っても、忙しくてなかなかどっちもできなかったり、面倒だから1つで終わらせたかったりしますよね。そこで便利なのが「W洗顔不要」のクレンジングです。もちろん、基本的には「W洗顔不要」であっても洗顔料を使って洗顔をすることをおすすめしますが、どうしても洗顔したくない時やすぐに寝たいときなどにはこのようなクレンジングを使うのが良いでしょう。

おすすめのW洗顔不要のクレンジングをご紹介します。

 

ちふれ クレンジングリキッド 

公式HPはこちら

〈700円(税抜き)〉200ml

プチプラコスメでおなじみのちふれのクレンジングリキッドです。

オイルのべたつき感が苦手な方におすすめのリキッドタイプで、メイク汚れや肌の汚れをするっと落とすことができます。濡れた手でも使えるので、ナチュラルメイクなどの薄いメイクならお風呂場でも簡単にオフすることができます。

アテニア クレンズオイルアロマタイプ 

公式HPはこちら

〈1,700円(税抜き)〉175ml

大人の肌の悩みであるくすみの原因である「肌ステイン」を除去するクレンジングオイル。

くすみのない明るい肌へと導きます。4つの高級美容オイルを配合しているので、メイクを落とすだけでなくお肌にうるおいを与えながら肌の角質などもしっかりと落とすことができます。

柑橘系のアロマオイル配合でリフレッシュ効果も。無香料タイプもあるので、アロマの香りが苦手な方にもおすすめです。

シュウウエムラ アルティム8スブリムビューティクレンジングオイル

公式HPはこちら

〈4,400円(税抜き)〉150ml

自然由来成分98%のクレンジングオイル。

8つの植物オイル配合なので洗い上がりもしっとり美しいお肌でつっぱりません。お肌に優しい成分でありながら、メイクだけでなく毛穴の汚れやつまりまでしっかり落とせる優秀品。洗顔料の代わりとしても使用できます。

クレンジングウォームジェル

公式HPはこちら

4800円→2,223円〈税抜〉150ml

日本で唯一食物アレルゲンをカットした温感メイク落としです。配合成分の90%以上が美容液成分で洗い上がりのお肌がモチッ!

ほのかに香る微香タイプ。こだわりの柑橘系ブレンドでリラックスできます。肌が敏感になる妊娠中でも使えるほどやさしい低刺激温感だから肌の弱い女性にもおすすめ!

さいごに

クレンジングと洗顔は似ているようで違うということが分かっていただけたかと思います。

それぞれに役割があってお肌を美しくするためには必要なスキンケアです。毎日何気なく行うクレンジングや洗顔ですが、少し意識や行動を変えるだけでずっと美肌に近づくことができます。

是非、今日からスキンケアの際には気をつけてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る