フケやかゆみの改善に!おすすめのシャンプー&使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

頭皮のフケやかゆみにお悩みの方は多いのではないでしょうか?毎日使うシャンプーでフケやかゆみが改善できたら、嬉しいですよね。

頭皮が健康でない状態だと、フケやかゆみなどのトラブルが起きてしまいます。シャンプーの種類や使い方を変えることで、を健康な状態に戻すことができるかもしれません。

今回は、フケやかゆみを改善するためにおすすめのシャンプーや、使い方のポイントについて解説します。

 

フケやかゆみ対策におすすめのシャンプー5選

フケやかゆみを改善・予防するためには、頭皮に優しい洗浄成分を使用しているものや、フケやかゆみを予防する有効成分が含まれているものがおすすめです。

シャンプー選びに悩んでいる方はぜひ参考にしてみてください。

カウブランド|無添加シャンプー さらさら

500ml 1,000円(税抜)

牛乳石鹸でお馴染みのカウブランドのノンシリコン弱酸性シャンプーです。頭皮に優しい天然由来のアミノ酸系洗浄成分を使用し、皮脂を落としすぎずに優しく洗い上げます。

無添加、低刺激の処方なので、汚れだけをしっかり落として毛穴のつまりを防ぎ、フケやかゆみにも効果的です。

 

花王|メリット ピュアン スウィート&チャーミング クレンズケアシャンプー

425ml オープン価格

花王のメリットシリーズから、落とすことを一番に考えたクレンズケアシャンプーのピュアンです。地肌に優しい弱酸性なので頭皮に優しく、しっかり汚れを落とし清潔な頭皮を保ちます。

3種類の香りタイプから選べるので、香りにこだわりのある方にもおすすめのシャンプーです。

 

 

さくらの森|ハーブガーデン シャンプー

Amazonより

300ml 4,000円(税抜)

ハーブガーデンは天然由来成分100%が特徴のオーガニックシャンプー。髪の健康は頭皮が重要とのことから、洗浄成分には頭皮に優しいアミノ酸系の洗浄成分を採用しています。その他、オーガニックエキスや植物エキスなどの美容成分や保湿成分も配合し、洗うだけでなく頭皮にうるおいを与えます。

フケ防止のローリエや、かゆみ防止のよもぎなどオーガニックハーブ配合なので、頭皮トラブルにお悩みの方におすすめです。

 

第一三共ヘルスケア|ミノン 薬用ヘアシャンプー

オープン価格

ミノンは頭皮のうるおいを守りながら、かゆみ・フケを防ぐ薬用の弱酸性シャンプーです。植物性アミノ酸系洗浄成分を配合し、マイルドな洗浄力で頭皮を優しく洗い上げます。

また、アレルギーの原因物質を極力カットした処方なので肌が敏感な方でも安心して使うことができます。

 

ステラシード|アハロバター プレミアムスカルプ クリアシャンプー

500ml 900円(税抜)

アハロバターのプレミアムスカルプシリーズは、頭皮環境を整える天然由来成分をたっぷり配合したヘアケアラインです。毛穴に詰まった皮脂や汚れをすっきり落とすガスールを配合、3種類のハーブや4種の植物成分で健やかな頭皮環境へと導きます。

頭皮に残りがちな皮脂をしっかり落としたいという方におすすめのシャンプーです。

 

フケやかゆみを改善するシャンプーのポイント

フケやかゆみなどの頭皮トラブルを改善するためには、効果的なシャンプーを使うことも大切です。しかし、それ以上に大切なのが「シャンプーの方法」なんです。

どんなに髪や頭皮に良いシャンプーを使っていても、使い方を間違ってしまえば意味がありません。そこで、フケやかゆみを改善するためのシャンプーの使い方を解説します。

 

ブラッシング&予洗いで大きな埃や汚れを落としておく

まず、入浴前はブラシで髪についた埃や大きな汚れをある程度落としておきましょう。髪が乾いた状態で落とせる汚れを落としておくことで、シャンプーでより細かい汚れを落とすことができます。また、髪が長い場合、とかしておくとシャンプーもしやすくなるのでおすすめです。

そして、シャンプーの前には髪をしっかりと濡らしておきましょう。シャンプーを泡立たせるために少しだけ濡らすのではなく、地肌までたっぷりと濡らしておくことがポイントです。

実は、髪や地肌の汚れはこの予洗いで8割ほど落とすことができます。シャンプーを使う前に、しっかりと頭皮と髪を洗っておくことで埃や汚れを落とすことができます。また、たっぷり濡らしておくことでシャンプーの泡立ちもよくなります。

 

頭皮を優しくマッサージしながら洗う

頭皮のかゆみやフケの原因として、毛穴に皮脂が詰まってしまうことが挙げられます。シャンプーを泡立たせて、洗っているつもりでも毛穴の汚れまでは落とせていないということは良くあります。指の腹を使って、優しくマッサージをしながら洗うことで毛穴に詰まった皮脂や汚れをしっかり落とすことができるのです。

また、シャンプーのときに爪を立ててゴシゴシこすってしまっていませんか?汚れを落とすためにゴシゴシと強くこすって洗ってしまいがちですが、頭皮を傷つけてしまうのでやめましょう。

かゆみやフケのもう一つの原因に「皮脂の落としすぎ」があります。洗浄力の強すぎないシャンプーで優しく洗うことで、皮脂の落としすぎは防ぐことができるので、意識的に行ってみましょう。マッサージをすることで、頭皮がほぐされ血行が良くなります。リラックス効果や、栄養が全体に行き渡るなどメリットがたくさんあるのでおすすめです。

美顔効果・頭皮ケアもできる【防水ヘッドケア機 セレブリフト】 は本当にヘッドスパをされているかのような極上のリラックス効果があります。もちろん防水でお風呂の中でもつかえます!自分でマッサージは面倒・・そんな方には是非おすすめです。

 

洗い残しのないようにすすぐ

シャンプーの洗い残しは頭皮の乾燥やかゆみ、フケの原因になってしまいます。しっかりとシャンプーを行った後は、その2〜3倍の時間をかけてよくすすぎましょう。髪を洗う時は、髪全体を見ることができません。しっかり洗い流したと思っていても、意外と泡が残っている場合が多いです。すすぎは特に念入りに行うようにしましょう。

また、シャンプーの成分は背中など体に残ってしまうのも良くありません。背中ニキビなどのトラブルの原因となってしまいます。シャンプーをすすぐ時は、髪はもちろん体にもすすぎ残しがないかチェックしましょう。

 

タオルドライ+ドライヤーでよく乾かす

入浴後は、必ずタオルドライとドライヤーで髪を乾かしましょう。

自然乾燥は髪のダメージの原因となってしまい、頭皮のかゆみを引き起こす場合があります。

まず、タオルドライで水分を取りましょう。せっかく洗った頭皮に雑菌がつかないように、清潔なタオルを使用してください。この時に、タオルでゴシゴシこすってしまうと髪が摩擦を起こして傷んでしまいます。髪をタオルで挟んで水分を吸い取るイメージで、こすらないことがポイントです。

 

ドライヤーは、髪に近づけすぎずに根元から乾かしましょう。髪に近づけすぎたり、温度が高すぎると、髪に大きなダメージを与えてしまいます。熱によるダメージが気になる場合は、ヘアオイルや洗い流さないトリートメントなどで髪を保護するのもおすすめです。

 

さいごに

頭皮のかゆみやフケは毎日の大きなストレスになってしまいます。しかし、シャンプー選びやシャンプーの使い方で頭皮トラブルは避けることができるのです。頭皮が健康な状態になれば、かゆみやフケなどのトラブルも改善されます。

今、頭皮トラブルにお悩みの方はその原因がどこにあるのかを考えてみましょう。シャンプーを変えてみたり、正しいシャンプーの使い方を意識するなど、少しの変化で改善が期待できます。

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る