敏感肌の方必見!敏感肌の原因とおすすめのスキンケア。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ちょっとした刺激でヒリヒリと痛みを感じたり赤みが出てしまう敏感肌。

洗顔などで肌が荒れてしまったり、化粧水が肌にしみたりとトラブルも多いですよね。どんなスキンケアをすればいいか悩んでいる方も多いのではないでしょうか。

敏感肌の原因は人それぞれですが、正しいスキンケアを行うことで状態を改善できます。

今回は、敏感肌の方におすすめしたいスキンケアのポイントについて解説します。

 

敏感肌の原因とは?

 

敏感肌は本来肌に必要な「水分」「油分」が不足してしまっていることで、外部からの刺激や紫外線の刺激などを受けやすい状態です。

主な原因は

・間違ったスキンケアや生活習慣による乾燥

・体質、遺伝、アレルギー

・ホルモンバランスの乱れ

 

が考えられます。

原因①乾燥によるバリア機能の低下

敏感肌の多くの原因は乾燥です。

肌が乾燥してしまうことにより、肌本来が持っているバリア機能が低下してしまいます。

すると少しの刺激でもヒリヒリと痛みを感じたり赤みが出てしまうなどのトラブルが起きてしまいます。

間違ったスキンケア

肌が乾燥してしまう原因は間違ったスキンケアかもしれません。

 

・クレンジングや洗顔で皮脂を落としすぎている

・洗顔後のスキンケアが不十分

・肌に合わない基礎化粧品を使っている

 

など、自分のお肌に合わないスキンケアは乾燥や敏感肌の原因になります。

洗浄力の高いクレンジングを使っていたり、ゴシゴシと力を入れて洗顔をしたりしていると肌本来のうるおい成分や必要な皮脂まで洗い流されてしまいます。

また、クレンジングや洗顔後の肌は汚れが落ちて毛穴が開いたとてもデリケートな状態です。

敏感肌だからといって、洗顔後のスキンケアをあまりしなかったり化粧水だけで終わらせてしまうと、毛穴から肌の水分がどんどん蒸発していまい乾燥が悪化してしまいます。

逆に、様々なスキンケアアイテムを使ったり配合成分が多い基礎化粧品などを使うと肌に合わない成分で敏感肌を悪化させてしまう危険性もあります。

自分の肌にあったスキンケアアイテムを根気強く探すことが、敏感肌改善への近道と言えます。

生活習慣

乾燥の原因はスキンケアだけではなく、毎日の生活習慣にもあります。

 

・偏った食事

・ストレス

・睡眠不足

 

などの乱れた生活習慣によって、肌のターンオーバーも乱れてしまいます。

特にバランスの良い食事は美肌を作る上でかかせません。

栄養が不足してしまうと、肌の細胞をつなぎとめる細胞間脂質(セラミド)をうまく作ることができなくなるので、肌のうるおいが不足してしまいバリア機能の低下へと繋がってしまいます。

食事はもちろん日々のストレスや睡眠不足はターンオーバーを乱してしまいますので、意識的に「ビタミンA」をとることをおすすめします。

緑黄色野菜やレバー、卵などに多く含まれるビタミンAは肌のターンオーバーを促してくれるので、新しい皮膚を作る働きをします。

 

原因②体質・遺伝・アレルギー

また、敏感肌の原因としては元々の体質や遺伝も考えられます。

生まれつきアトピーやアレルギーがある方は、肌がもともと弱い体質です。

そういった方も正しいスキンケアや生活習慣を整えることで、悪化を防ぐことはできます。

しかし、生まれつき肌が弱いという方は急に肌が強くなることは考えにくいので、日頃から油分の少ない化粧品を使ったり濃いメイクを避けるなどして刺激を少なくすることで、肌荒れなどを最小限にすることができます。

また、アレルギーやぜんそく、花粉症なども敏感肌の原因になります。

皮膚科でアレルギーテストを受けて、自分に合わない成分を知っておきましょう。

スキンケアにおいても、商品を選ぶ際に参考になります。

自分の敏感肌の原因を知ることで、効果的な対策ができるのです。

 

原因③ホルモンバランスの乱れ

女性の場合、月経の前後や妊娠などでホルモンバランスが乱れてしまうことで肌が敏感になってしまうことがあります。

ホルモンバランスの乱れはバリア機能を低下させたり皮脂を過剰に分泌してしまうため、敏感肌を引き起こしてしまいます。

普段は敏感肌ではないけど月経が近づくと敏感肌になるという方は、その時だけスキンケアアイテムを敏感肌用のものに変えたり、なるべく刺激の少ないナチュラルメイクを心がけるなどして対策をしましょう。

しかし、こういったホルモンバランスの乱れは一時的なものですから、なるべくストレスを貯めないことやリラックスして過ごすことで効果が現れる場合もあります。

敏感肌のスキンケアポイント

敏感肌の方はなるべく肌に刺激を与えずにスキンケアを行うことが大切です。

そこで、敏感肌の方におすすめのスキンケアのポイントについて解説します。

・クレンジングはミルクorクリームタイプがおすすめ

・洗顔はたっぷりの泡で優しく

・化粧水はじっくり肌の奥まで浸透させる

・乾燥する部分には美容液でうるおいを与える

・乳液は成分の少ないシンプルなものがおすすめ

それぞれについて見ていきましょう。

クレンジングはミルクorクリームタイプがおすすめ

クレンジングを選ぶ基準は基本的に「メイクの濃さ」です。

リキッドファンデーションやウォータープルーフのマスカラなどの濃いメイクを落とすにはオイルクレンジングやリキッドクレンジングなど洗浄力の高いクレンジングで、さっと落とすのが良いです。

また、パウダーファンデーションなどのナチュラルメイクにはミルクタイプやクリームタイプの洗浄力がマイルドなクレンジングを使うことで肌のうるおいを守りながらメイクを落とすことができます。

しかし、敏感肌の場合は洗浄力の強いクレンジングはなるべく避けた方が良いでしょう。

もちろんメイクをしっかり落とせなければ意味がありませんが、洗浄力の高いクレンジングは含まれる界面活性剤の量が多く、肌に必要なうるおいを奪ってしまう可能性があります。

そこでおすすめなのが、ミルクタイプやクリームタイプのクレンジングです。

肌への刺激を押さえながら優しくメイクを落とすことができますし、柔らかいテクスチャーがクッションとなるのでこすりすぎてしまうのを防ぎます。

クレンジングは油分であるメイク汚れを落とすためのものなので、少なからず肌の油分を奪ってしまいます。

極力肌に優しいものを使いたいですね。

 

洗顔はたっぷりの泡で優しく

洗顔はとにかく優しく行いましょう。

きめ細かい泡をたっぷり使って円を描くようにくるくると洗います。

この時に、指と肌が触れないように軽い力で洗うことがポイントです。

また、洗顔料は界面活性剤を多く使っている洗顔フォームより無添加の洗顔石けんがおすすめです。石けんは天然の洗浄成分なので、肌に必要な皮脂を守りながら洗うことができます。

敏感肌の場合、なるべくシンプルな洗顔料を使うことで刺激を少なくすることができるので無添加の洗顔石けんを使うようにしましょう。

化粧水はじっくり肌の奥まで浸透させる

敏感肌の方は、摩擦による刺激を避けるためにコットンではなく手のひらを使って化粧水をつけましょう。

化粧水を手のひらにたっぷり取ったら、手のひらの体温で十分に温めてから肌にのせます。

肌をこすらないように、ゆっくり押し込むようなイメージで肌の奥まで浸透させましょう。

また、化粧水は保湿成分であるセラミドが入っているものがおすすめです。

セラミドは肌本来のうるおい成分なので、不足しているうるおいを肌に近い成分で補うことができます。

肌の水分保持は、天然保湿成分(NMF)が18%、皮脂が2%で、残りの80%を細胞間脂質が担っています。セラミドは、この細胞間脂質の40%を占める成分です。敏感肌は肌の水分量が低下している状態なので、外からセラミドを補ってあげることで、水分量を正常に保つ効果が期待できるのです。

出展:敏感肌を改善する乳液の選び方|スキンケア大学

アルコールやエタノールなどを配合している化粧水は水分を蒸発させてしまう可能性があるので避けた方が良いでしょう。

敏感肌の場合、化粧水を初めて使うときは腕の内側に塗ってみて異常がないかチェックすることも大切です。

自分の肌に使っても問題ないかを確かめてから使うようにしましょう。

 

乾燥する部分には美容液でうるおいを与える

特に乾燥が気になる部分には美容液で保湿をすることをおすすめします。

化粧水同様、セラミド配合の美容液を使うことでお肌本来のうるおい成分を補給することができます。

ただし、美容液は配合されている成分が多いため大量につけるとお肌に刺激となってしまう可能性があります。

主成分だけではなく、全ての成分をチェックして自分が使える美容液かどうかを判断する必要があります。

また、肌の状態があまりよくないときはなるべくシンプルなスキンケアで肌に余計な刺激を与えないことが大切です。

美容液はスペシャルケアとして使用するのも良いでしょう。

 

乳液は成分の少ないシンプルなものがおすすめ

乳液を使うことによって水分の蒸発を防ぐことができます。

水分や油分の量が少ない敏感肌の方は、乳液でうるおいをしっかり閉じ込めることが大切です。乳液を使わなかった場合、毛穴からどんどん水分が蒸発してしまい乾燥肌の原因となってしまいます。

化粧水や美容液で浸透させた保湿成分を逃さないためにも、乳液でしっかりフタをしてあげましょう。

また、乳液も他のアイテム同様なるべく配合成分の少ないシンプルなものがおすすめです。

使用する際は、表記されている適量を守って使います。

多く使いすぎてしまうと、肌に余分な油分を与えてしまい毛穴詰まりの原因ともなりますので注意しましょう。

おすすめの敏感肌専用スキンケアライン

敏感肌の方にとってどんなスキンケアアイテムを使うかは迷うところですよね。

敏感肌の原因は人それぞれなので、合うスキンケアアイテムもあれば合わないものもあります。自分に合うスキンケアアイテムを探すには、様々なものを試してみるのが最も確実です。

そんな時に便利なのがトライアルセットです。

今回は、敏感肌のためのスキンケアラインのトライアルセットを紹介します。

ぜひ、自分に合うスキンケアアイテム探しの参考にしてみてください。

 

ディセンシア アヤナス

10日間トライアルセット

化粧液・美容液・クリーム・アイクリーム

1,480円(税込)(お一人様一度限り)

ポーラ・オルビスグループから生まれた敏感肌と乾燥肌の女性のための専門ブランド「アヤナス」

敏感肌ケアとエイジングケアのために作られたアヤナスは、敏感肌ケアをしながらシワやたるみ、ほうれい線などのない肌へ導きます。

また、通常のセラミドより4倍の浸透力のあるセラミドナノスフィア配合なので敏感肌に不足しがちなうるおいをしっかりと肌の奥まで届けます。

資生堂 dプログラム バランスケア

7日間トライアルセット

メーク落とし(2日分)・洗顔料・化粧水・乳液

1,512円(税込)

資生堂のdプログラムの敏感肌用ラインです。

dプログラムは低刺激設計で敏感肌の方でも使える厳選された成分を使用しており、防腐剤やアルコールなどは入っていません

バランスケアはうるおいを与えることでバリア機能を整え、ふっくらやわらかな美肌を持続させます。

べたつきもかさつきも気になる方や、肌のバランスが崩れがちな方におすすめです。

小林製薬 ヒフミド

1週間分トライアルセット

クレンジング・洗顔ソープ・化粧水・クリーム・日焼け止め・花柄トートバッグ

980円(税込)

ヒフミドは肌本来のうるおい成分であるセラミドを補うスキンケアラインです。

人の皮膚のセラミドと同じ構造の「ヒト型セラミド」を採用しているので、3倍の保水力で角質層に自然に浸透しバリア機能を高めます。

セラミドは加齢により減少してしまいますが、ヒフミドでお肌にうるおいとハリをもたらします。

さいごに

敏感肌のスキンケアについて解説してきましたが、いかがでしたか?

敏感肌の原因はひとそれぞれ違いますが、多くは乾燥が原因です。

肌の内側の水分と油分をしっかりと補えるスキンケアアイテムを選ぶことや、肌に刺激を与えない優しいスキンケアが大切です。

優しく丁寧なスキンケアでターンオーバーを正常化することで、バリア機能を高めて敏感肌を改善していきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る