乾燥肌さんにおすすめ!肌に優しく使える石鹸の選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

肌に合う洗顔料が見つからない…

なんてお悩みはありませんか?このお悩み、特に乾燥肌の方が多く感じています。

そんな方におすすめしたのが石鹸です!

石鹸は正しく選べば比較的どんな肌の人にでも安心して使えるものが多いという特徴があります。

今回は、その理由と乾燥肌の人の石鹸の選び方についてご紹介していきます。

乾燥肌さんの肌に合う石鹸の選び方

肌に優しい石鹸とは

石鹸というとシンプルな純石鹸をイメージされる人も多いと思いますが、乾燥肌さんの肌にはシンプルな純石鹸よりも良質なオイルなどの保湿成分が配合された石鹸がオススメです。

石鹸は洗顔フォームよりも肌に優しいと思いがちですが、メリットデメリットも存在します。

石鹸のメリット

  • 余分なものが含まれていない
  • 保湿成分が含まれている
  • 低価格

石鹸のデメリット

  • 洗浄力が高い
  • しっかり洗い流す必要がある

 

基本的に石鹸は洗浄力が高く、石鹸カスとして肌に残りやすいためしっかりと洗い流す必要があるんです。

乾燥肌さんがシンプルな純石鹸を使うと必要な皮脂まできれいに洗い流してしまいます。
そのため、保湿成分を配合して皮脂を取りすぎない石鹸を選ぶようにしましょう。

石鹸に含まれる保湿成分は、安価なものだと含まれていないこともあります。
安すぎないものを選び、成分を確認するようにしましょう。

乾燥肌さんの石鹸の選び方

成分をチェック

配合されていると良い成分

グリセリン

保湿成分として肌を保護する役割があり、スキンケアアイテムにもよく配合されています。
石鹸の製造方法や形成方法によってグリセリンの配合率が変わります。

セラミド

セラミドは元々人間の肌に備わっている保湿成分です。
セラミドを配合してある石鹸は肌への刺激も少ないといえます。

油脂

石鹸はパーム油、オリーブ油、馬油、椿油、米ぬか油など様々な油脂が原料として使われています。

それぞれの油脂に特徴があるため自分の肌に合ったものを選びましょう。
また、アレルギー反応を起こす可能性は否定できませんので万が一アレルギー反応が出た場合はすぐに使用を中止しましょう。

配合されていると避けたい成分

合成香料

合成香料はアレルギー反応を引き起こす可能性があるため、天然香料を使用しているものを選ぶようにしましょう。

パラベン

殺菌力が高く防腐剤としてよく使用されるパラベンですが、肌への刺激があるというデメリットがあります。

乾燥肌さんは肌のバリア機能が低下しているためパラベンが配合されていないもの、もしくは配合量の少ないものを選びましょう。

タール系色素(着色料)

刺激が強く、発ガン性のものがあるため避けたい成分です。最近では無タール系色素のものも増えています。

保湿成分を多く含む製法のものを選ぶ

石鹸の製造方法には

  • けん化法…油脂を全部使って石鹸を作る
  • 中和法…油脂からグリセリンを分離させて脂肪酸だけを使って石鹸を作る

の2種類があります。

けん化法はグリセリンが多く残ります。それに対して、中和法はグリセリンは全く入っていません。

けん化法はさらに、釜焚きする一般的な方法の「釜焚き法(ホットプロセス)」や加熱しないで作る「コールドプロセス法」という製法に分けられます。

また、けん化法で作られる過程で完成した石鹸を溶けにくくするためにあえてグリセリンを取り除く「塩析」という方法をとることもあります。

グリセリンを残しておいた方が保湿力が高くなるということを考えると、

  • けん化法
  • 釜焚き法(ホットプロセス)かコールドプロセス法

が乾燥肌の人にはオススメだといえるでしょう。

肌質に合わせて選ぶ

肌質に合わせて石鹸の種類を選ぶこともできます。

しかし石鹸は多くの種類があり、成分によっても使用感や肌への感じ方が違うので一概にこれがオススメ!とは言えません。
あくまでも目安だと考えてください。

普通肌

健康で肌機能が十分にある普通肌の人は比較的どんな石鹸でも大丈夫です。

ナチュラルに不純物の少ないもので洗いたいという場合は純石鹸を、保湿力も欲しいという場合はその他の石鹸を選ぶといいでしょう。

脂性肌

20代後半以降で脂性肌だという人は肌の乾燥が皮脂の分泌を促してしまっていることが考えられます。

そのため、洗浄力のやさしい透明の固形石鹸を選んで過剰に皮脂を取り除かないようにするといいでしょう。

混合肌

混合肌の人の場合も基本的には乾燥している部分に合わせて洗顔料を選びます。

保湿成分の配合された石鹸で洗浄力と保湿力を両方備えた石鹸を選ぶといいでしょう。

おすすめの石鹸

ETVOS(エトヴォス) クリアソープバー

2,000円(税抜き)
ETVOS アマゾン 楽天市場

高い保湿力を持つセラミドを3種類も配合されており、乾燥せずにしっとりと洗い上げてくれる透明粋ねり石鹸です。

90日間じっくり熟成させることで保湿成分をぎゅっと濃縮し、ひとつひとつ手作業で仕上げられる石鹸は、保湿成分が高いために水分の多い場所では溶けやすくなってしまうというデメリットもありますが、そのデメリットを打ち消してくれるほどの洗いあがりのうるおい感と低刺激処方で乾燥肌の人にオススメです。

アレッポの石鹸(ノーマル)

古くからの伝統的な製法で作られる伝統のある石鹸です。

オリーブオイルとローレルオイルを原料に作られており、汚れをしっかり落としつつ肌にうるおいを補ってくれる乾燥肌さんにオススメです。

石鹸にありがちな洗顔後のつっぱり感もほとんど感じないという優秀な石鹸です。

 

DHC マイルドソープ

1,477円(税抜き)
DHC アマゾン 楽天市場

きめ細かい泡で肌の汚れをしっかりキャッチして洗い流してくれ、オリーブバージンオイルとハチミツの天然美容成分が肌のうるおいも守ってくれます。

1円玉を乗せてもへたらない濃密な泡は洗顔中の摩擦も予防してくれるため、摩擦による肌への刺激も軽減してくれます。

石鹸の使い方

石鹸は洗浄力の強い洗顔料ですが、正しい使い方をすればその濃度を薄くできることが分かっています。

洗顔料としての石鹸の正しい使い方をご紹介します。

洗顔料としての使い方

洗顔料を泡立てるには洗顔ネットの使用がオススメです。簡単にモコモコの泡が作れます。

石鹸の使い方

  1. 手を洗って清潔にします
  2. 石鹸を手のひらで3~5回転がせて泡を作ります
  3. 軽く濡らした洗顔ネットで泡立てます
  4. 泡立ったら顔にのせて洗顔をします
  5. 良く洗い流して水分をふき取ります

洗顔ネットを使用しない場合でも、泡立てて使用することがポイントです。

保存方法

石鹸は水に溶けやすいので、使用後は水はけの良い場所で保管する必要があります。

石鹸に水がついたまま放置したり、ソープホルダーに水が溜まっていると石鹸がどんどん溶けていってしまいます。

使用後は水はけの良いソープホルダーを風通しの良い場所に置いて保管するのが理想です。

また、石鹸は雑菌が繁殖しやすいため雑菌予防としても水切りをしっかりするようにしましょう。

石鹸の活用方法

石鹸は洗顔料としてだけではなく他にもたくさん活用することができます。いくつか活用例をご紹介します。

ボディソープやシャンプーとして

天然素材を原料とする石鹸はボディソープやシャンプーとしても活用できます。

頭皮が油っぽくなりやすい人や整髪料をよく使用する人には石鹸シャンプーがおすすめです。
頭皮をすっきり洗い上げてくれるので、髪に自然なハリやコシが生まれます。

ただし、髪がきしみやすくなるので、石鹸シャンプーはクエン酸リンスとセットで使うようにしましょう。

シャンプーもボディソープも洗顔の時と同じように泡をしっかりと作ってから使用するようにしましょう。

洋服の汚れ落としに

石鹸は皮脂汚れや泥汚れに強いので、洋服の汚れ落としにも活用できます。

洋服を濡らして汚れている部分に石鹸をつけてこすり洗いをします。

汚れが落ちたらすすいで通常通り洗濯機で洗えば洋服の汚れがスッキリ落ちます。靴の汚れ落しにもオススメです。

お部屋の掃除に

台所の換気扇やコンロ周りの油汚れ落としにも石鹸がオススメです!

スポンジに石鹸を泡立てて汚れ部分を洗うときれいになります。
石鹸カスが残らないようにしっかり洗い流すのを忘れないようにしましょう。

芳香剤の代わりに

香りの強い石鹸ならお部屋に置いておくだけで芳香剤にもなります。

見た目の可愛い石鹸を選べばインテリアとしてもオススメです。
ティッシュなどに包んでクローゼットやタンスの中に入れておけば洋服にふわっと香りを移すこともできます。

まとめ

いかがでしたか?

顔だけではなく全身に使え、掃除や芳香剤など様々な活用法がある石鹸。

特に、乾燥肌の人にとっては肌に負担となる成分がほとんど配合されていないため自分に合った石鹸を正しく使えば肌状態が良くなることも期待できます。

石鹸は多種多様なものが販売されているのでぜひ自分に合った石鹸を見つけてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る