本当に効果的?まつげ美容液の効果と正しい選び方&使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

まつげエクステやまつげパーマで傷んだまつげを修復したり、自分のまつげをより太く長くしてくれると人気のまつげ美容液。

「本当に効果があるのかな?」と疑問に思っていませんか?

今までまつげ美容液を使っても効果が感じることができなかった方や、これからまつげ美容液を使ってみたいという方はまつげ美容液で得られる本当の効果や正しい使い方をしっかりチェックしておきましょう。商品の選び方や正しい使い方を意識するだけで効果が感じられるようになるかもしれません。

今回は、まつげ美容液で得られる効果やおすすめの選び方、効果的な使い方について解説します。

 

まつげ美容液で得られる効果とは

あなたはどうしてまつげ美容液を使いたいと感じていますか?

まつげ美容液と聞くと、「まつげがぐんぐん伸びる!」「まつげのボリュームがアップする!」というイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。

実はまつげ美容液は、長期的に使うことで効果を実感できるアイテムなのですぐにまつげが伸びたり増えたりすることはあまり期待できないのです。まつげ美容液を使うと得られる本当の効果について解説します。

 

効果①傷んだまつげを修復する

まつげパーマやまつげエクステなどでまつげに大きな負担をかけてしまうとまつげは切れやすくなってしまったり抜けやすくなってしまいます。また、毎日のビューラーでまつげげ切れてしまうということや紫外線の刺激で抜けてしまうということもあります。同じ毛ですが、まつげは髪の毛に比べてケアをすることのないパーツではないでしょうか。

しかし、メイクに欠かせないアイメイクやクレンジングでまつげは日々傷んでしまっています。

そこで、まつげ美容液を使用することによって、まつげの生えるまぶたの皮膚を保湿したり毛周期のサイクルを整えることでまつげを健康な状態にすることができます。

まつげエクステをしている方や、ビューラーで傷んだまつげに悩んでいる方はまつげ美容液を使うことで傷んだまつげを修復したり、まつげが傷むのを防ぐ効果が期待できます。

 

効果②まつげのハリやコシを保つ

まつげも髪と同じように、毛周期によって生え変わっています。ですからまつげが抜けてしまうのは自然なことです。しかし、まつげの生えるまぶたが乾燥していたり栄養が不足していると弱くコシのないまつげになってしまいます。また、それによってまつげが抜けやすくもなってしまいます。まつげ美容液を使うことで、まつげやまぶたの細胞を保湿し、栄養を与えることができます。まつげ1本1本を強くハリコシのある毛にしたり、抜けにくいまつげを作ることが期待できます。

しかし、まつげは髪のように伸び続けることはなく、一定の長さまでしか伸びません。長さは個人差がありますが、まつげ美容液を塗ったからとすぐにまつげが伸びるということは難しいでしょう。同じように、まつげの本数が増えるということも考えにくいのです。あくまで、まつげが生える環境をよくするサポートのできるアイテムとしてまつげ美容液は効果的です。

 

効果を実感できるまつげ美容液の選び方

まつげ美容液は、育毛剤ではなく「化粧品」です。ですから、効果には個人差があります。口コミや広告などで「良い!」と言われている商品でも自分に合わなかったということもよくありますよね。高価な美容液では効果を実感できなかったのに、プチプラ美容液で効果を実感できたという方もいらっしゃいます。口コミや値段などを基準に選ぶのではなく、自分に合ったまつげ美容液を選ぶことが大切です。

 

①成分で選ぶ
②タイプで選ぶ

まつげ美容液を選ぶときは、この2つの基準で選ぶのがおすすめです。

①成分で選ぶ

まつげ美容液には配合されている全ての成分が記載されています。自分の目的にあった成分が入っているかをチェックして選ぶようにしましょう。まつげ美容液を使う目的として今回は大きく2つを選びました。

・傷んだまつげを修復する
・今のまつげをさらにハリやコシのあるまつげにする

それぞれの目的別おすすめの成分をご紹介します。

 

傷んだまつげを修復する

まつげが傷んでしまっている場合、まぶたをしっかりと保湿して血行促進、栄養をたっぷり与えてあげることが大切です。おすすめの成分は、

・ヒアルロン酸
・プロビタミンB5
・パンテノール
・機能性ペプチド
・BG

などが挙げられます。

肌と同じように、まつげが傷んでしまっている場合はまず保湿や栄養を与えて健康なまつげを目指すようにしましょう。また、ビューラーやホットカーラーなどを毎日使うという方は、予防のためにもこのような成分が含まれるまつげ美容液を使うことをおすすめします。

 

今のまつげをさらにハリやコシのあるまつげにする

まつげが傷んでいるわけではないけれど、もっとハリやコシのあるまつげを作りたい!まつげを少しでも長く見せたい!と考えている方は、まつげの成長を助ける成分や育毛成分が含まれたまつげ美容液がおすすめです。おすすめの成分は、

・ビオチン
・ブドウ種子エキス
・シルクアミノ酸
・ビオチノイルトリペプチド-1
・オタネニンジン根エキス
・センブリエキス

などです。

もちろん、まつげは日々メイクや紫外線などによって傷ついているので上記の修復効果のある成分を選ぶことも大切です。まつげが傷むのを防ぎながら更にまつげを成長させる美容液を選びましょう。

 

②タイプで選ぶ

まつげ美容液には様々なタイプがあります。

・アイライナーのように使う〈筆タイプ〉
・初心者でも使いやすい〈チップタイプ〉
・まつげ全体に塗りやすい〈マスカラタイプ〉

大きく分けるとこの3種類があります。

そのほかにも指で直接塗るタイプなどもあります。

 

まつげ美容液は長期間続けて使うことで効果を実感することができます。多くの場合、最低でも1ヶ月は使い続けることが推奨されています。毎日使い続けるためには、自分にとって使いやすいタイプのものを選ぶのがとても大切なのです。自分の使いやすいものを選ぶためには、実際に使ってみるのが最も良い方法ですが、分からないという方には〈チップタイプ〉がおすすめです。

チップタイプは毛羽立ちのあるものが多く液だれもしにくいですし、先端や中央部分などを使い分けることで細かい部分もまつげ全体にも簡単に塗ることができます。まつげのキワまでしっかり塗りたいかたは〈筆タイプ、まつげ全体に短時間でサッと塗りたい方は〈マスカラタイプがおすすめです。

自分の使いやすいまつげ美容液を使うようにしましょう。

 

効果的なまつげ美容液の使い方

まつげ美容液の効果を実感するためには、正しく使うことも重要です。基本的には商品のメーカーが推奨している使い方を守るようにしましょう。今回は一般的なまつげ美容液の使い方の中で重要なポイントを3つご紹介します。

まつげ美容液ってどうやって使うの?と疑問に思っている方はぜひ参考にしてみてくださいね。

 

洗顔後に使う

まつげ美容液は洗顔後すぐに使うのが最も効果的なタイミングです。洗顔後の肌は汚れが落ちて保湿成分や美容成分を最も吸収しやすい状態です。スキンケアも洗顔後すぐに行うように、まつげ美容液も洗顔後に使うようにしましょう。

特におすすめのタイミングが夜の洗顔後です。朝は、洗顔とスキンケアのあとにすぐメイクをしてしまうので中々成分が浸透しにくくなってしまいます。しかし夜に使用することで、寝ている間に保湿成分や美容成分がじっくり浸透していくのでより効果的です。清潔な状態のまぶたにしっかり浸透させることで、最大限の効果を期待できます。メイク汚れが毛穴に詰まってしまうこともあるので、まつげ美容液を塗る前にしっかりとチェックをすることも大切です。

 

まつげの根元につける

まつげ美容液にはまつげ自体に付けるタイプのものもありますが、多くはまつげの根元であるまぶたに塗るものが多いです。今生えているまつげは抜けてしまうものですから、それよりもこれから生えてくるまつげに対してアプローチすることで長期的にまつげを育てることができます。即効性はありませんが、将来のまつげを育てるためにはもっとも効率的ですよね。

まつげの根元にまつげ美容液を使うことで、ただまつげを伸ばすだけではなくまつげが作られる環境を整えることができます。スキンケアと同じように、肌状態をよくしてあげることでまつげが育ちやすく、抜けにくいまつげを作ることができます。そのためにも、まつげ美容液は長期的にコツコツと使い続けることが大切です。

効果が出ないからとすぐに諦めずに、最低1ヶ月は使い続けてみましょう。まつげにも毛周期があるので、長期間根元にアプローチすることで効果を実感することができます。

 

適量を使う

まつげ美容液を使うときに注意したいのは「使えば使うほど効果がある」わけではないということです。それぞれのメーカーが推奨する使用量をしっかり守って使いましょう。肌と同じように、成分を吸収するには限界があります。たくさん使ったからといって効果が出るわけではありませんので注意しましょう。

また、目元に使うアイテムですから使いすぎることで目に入ってしみてしまうこともあります。逆に、少なすぎると効果が感じられなくなってしまうので適量を使うことが大切なのです。必ずしっかりと説明書きを読んで、多すぎず少なすぎない適量を意識して使うようにしましょう。

 

さいごに

まつげ美容液の効果について解説してきましたが、いかがでしたか?傷んでしまったまつげを修復したり、まつげをよりハリやコシのあるものに成長するサポートをしてくれるなど魅力的なアイテムですよね。

まつげ美容液は正しく選んで正しく使うことでまつげをより健康的に育ててくれるアイテムですが、効果には個人差があります。また、デリケートな部分に使用するアイテムですから違和感を感じたらすぐに使用をやめて、様子をみるなどの注意が必要です。

自分にあったまつげ美容液を正しく使って魅力的な目元を作っていきたいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る