洗顔フォームはお肌に悪い!?本当に使うべき洗顔料とは??

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

 

 

洗顔フォームと聞くと、ドラッグストアなどに売っているチューブに入った洗顔料を思い浮かべますよね。

誰しも「洗顔フォーム」は使ったことがあるのではないでしょうか?その洗顔フォームって一体どんな洗顔料のことなのでしょう。

洗顔フォーム=洗顔料だと思っていませんか?

実は洗顔フォームは洗顔料のひとつの種類なんです。

今回は、洗顔料がどういった基準で分けられているのか、自分に合った洗顔料を選ぶための方法やおすすめの洗顔料について解説していきます。

 

 

「洗顔フォーム」と「洗顔石鹸」の違い

洗顔料は大きく分けて「洗顔フォーム」「洗顔石鹸」の2種類に分けられます。

なんとなく「洗顔フォームは肌に悪い」「洗顔石鹸は肌に良い」と思われがちですが、その違いをしっかりと理解できていますか?

ここからは、洗顔フォームと洗顔石鹸の違いについて解説します!

 

 

含まれる界面活性剤の種類が違う

まず、洗顔フォームと洗顔石鹸の決定的な違いは「界面活性剤」の違いです。

「界面活性剤」と聞くと、肌に悪いイメージを持つかもしれませんが、洗顔料には必ず「界面活性剤」が含まれています。

洗顔料は水と油でできていますが、本来水と油は混ざり合わない性質のため、これらをなじませるために必要なのが「界面活性剤」なのです。

その界面活性剤の種類が違うということになります。

【洗顔フォーム】
合成界面活性が含まれる。
石油や石炭などから人工的に作られたもの。

【洗顔石鹸】
天然界面活性剤が含まれる。
植物成分や動物成分を使用して作られたもの。

 

このように界面活性剤が人工的に作られたものか天然の成分で作られたものかによって洗顔料の種類が変わってくるのです。

人工的につくられたものよりも天然成分で作られたものの方がお肌に優しいのは当たり前ですよね。

「洗顔フォームが肌に悪い」と言われる理由はここにあるのです。

 

使用する目的が違う

しかし、洗顔フォームを使うとすっきりと汚れが落ちてお肌はしっとりうるおっていると感じませんか?

そして洗顔石鹸を使った方の多くはつっぱり感があり、乾燥してしまうと感じてしまいます。

これには洗顔料の目的の違いがあります。

まず、洗顔フォームは合成界面活性剤が含まれているため強力な洗浄力を持っています。そしてさらにつっぱり感をなくすための保湿成分が添加されているので、洗顔後しっとりとうるおった印象を受けるのです。

つまり「洗顔後の使用感をよくする(うるおいを感じる)こと」を目的としています。

対して洗顔石鹸は「汚れを落とすこと」を目的としているため余分な保湿成分は添加されておらず、洗顔後につっぱり感を感じたり、乾燥していると感じてしまうことが多いのです。

 

では、保湿成分が含まれる洗顔フォームの方が肌にいいかと言われれば答えはNOです。

洗顔フォームに含まれる保湿成分は使用感をよくするためのものですので、本当の肌のうるおいには効果がありません。

保湿は洗顔後の化粧水や乳液、美容液やクリームなどで行えば良いので洗顔料は「汚れを落とす」ことが一番大切なのです。

つまり、含まれる界面活性剤の種類や使用感の違いを含めても洗顔フォームより洗顔石鹸の方が肌にとって良いと言えます。

 

 

自分に合った洗顔料は肌質で選ぼう

ではどのようにして自分に合った洗顔料を選べば良いのでしょうか。

答えはずばり「肌質で選ぶこと」です。

ここからは【敏感肌・乾燥肌】【混合肌・オイリー肌】【ニキビ肌】に分けておすすめの洗顔料の選び方を解説していきます。

 

【敏感肌・乾燥肌】におすすめの洗顔料の選び方

お肌は本来バリア機能として「3大保湿因子」と呼ばれる天然の保湿成分を持っています。

 

細胞間脂質(セラミド)

角質層の細胞と細胞のすき間を埋めて、水分が肌から逃げないようにしっかり捕まえておく

天然保湿因子(NMF)

角質細胞内に水分をとどめておく

皮脂

肌の表面を膜でカバーし、水分の蒸発を防ぐ

出典元:【医師監修】洗顔料に保湿成分っているの?|スキンケア大学

 

 

敏感肌や乾燥肌は、これらの天然の保湿成分がもともと少なかったり何らかの影響で少なくなってしまっている状態です。

敏感肌や乾燥肌の方の洗顔では、これらの保湿成分をお肌に残すことが一番大切なポイントになります。

 

そこでおすすめなのが「純石鹸」です。

洗顔フォームは前章で解説した通り、合成界面活性剤が使用されているものがとても多いです。

最近ではお肌に害のない合成界面活性剤もあるものの、それを見分けるのは難しいですよね。

 

純石鹸の界面活性剤成分は「石鹸」です。

石鹸は汚れを落とす役割を持ちますが、洗い流すと界面活性剤としての力がなくなるという性質があります。つまり純石鹸を使うことで不要な汚れを洗い流しつつ、洗い流すと界面活性剤ではなくなるためお肌にかかる負担を最小限にすることができます。

石鹸で洗顔をした際に気になるのが「つっぱり感」ですが、これは問題ありません。

石鹸の成分によって肌がアルカリ性に傾くことでつっぱっているように感じるのですが、肌はアルカリ性から弱酸性に戻る性質を持っているので、自然とつっぱり感は無くなります。

しかし洗顔後の保湿はしっかりとしましょう!

 

【混合肌・オイリー肌】におすすめの洗顔料の選び方

皮脂が気になるという方はどうしても洗浄力の強い洗顔料を選んでしまいがちです。

しかし、洗浄力の高い洗顔料を使うと肌に必要な皮脂(天然保湿成分)まで落としてしまう可能性があります。

混合肌・オイリー肌の方に気をつけていただきたい点は、「皮脂の落としすぎ」です。

いつもベタつきやテカリが気になるのに、皮脂を落としすぎることってあるのかな?と思うかもしれませんが、皮脂が過剰に分泌される原因のひとつに「皮脂の落としすぎ」があります。

肌が本来持っている天然の保湿成分が洗顔料によって落とされると、肌がそれを補うために皮脂を作り出してしまいます。そしてそれをまた洗浄力の強い洗顔料で落として…と悪循環に陥ってしまうことがオイリー肌の原因になっているのかもしれません。

「皮脂を落とす」ことから「必要な皮脂を守る」ことへと意識を変えることでオイリー肌の改善を目指すことができます。

ですから、混合肌・オイリー肌の方は洗浄力の強い洗顔料ではなく、なるべく肌に負担の少ない洗顔料を選ぶようにしましょう。

自分はオイリー肌だと思っていたのに実は乾燥肌だった!ということもよくあるので思い込みには注意です。

 

【ニキビ肌】におすすめの洗顔料の選び方

ニキビが気になる方はオイリー肌と同じく洗浄力の強い洗顔料を選んでしまいがちです。また、「ニキビ専用」と謳っている商品もすぐに買ってしまうなんてことなんてありませんか?

ニキビの原因は無限とあるので、自分のニキビの原因を探ることが改善への近道です。

原因はスキンケア、生活習慣、ストレスなど様々なものが考えられます。運動不足や栄養不足も原因の一つです。ニキビに効くと言われているビタミンB2を積極的にとりましょう!
そして洗顔料も、自分に合った洗顔料を選ぶ必要があります。

 

ニキビ肌さんに最も気をつけていただきたいポイントは「泡」です

ニキビは肌が炎症を起こしている状態なので、刺激を与えることは禁物です。しっかりとした弾力のあるキメ細かい泡が作れる洗顔料で丁寧に洗顔しましょう。

「ニキビ専用」の商品の中には洗浄力の強い成分が含まれているものがあります。

それによってニキビが刺激されて悪化してしまうこともあるので、洗浄力の強いものよりもお肌のうるおいをしっかり守りながら汚れを落とすことが大切です。

 

美肌をつくる上でおすすめの洗顔料は「洗顔石けん」

ここまで、洗顔フォームと洗顔石鹸の違いや洗顔料の選び方を紹介してきましたが、将来のお肌のことを考えた時におすすめな洗顔料は洗顔フォームよりも「洗顔石けん」です。

洗顔フォームよりも洗顔石けんをおすすめする理由と、おすすめの洗顔石けんを紹介します!

 

洗顔フォームよりも洗顔石けんをおすすめする理由

もちろん洗顔フォームは泡立ちの良さや持ち運びのしやすさ、種類の豊富さ、価格の低さ、チューブタイプだと衛生的に保管できるなど、良い点もたくさんあります。

さらに洗い上がりのさっぱり感やしっとり感など好きな洗い上がりが選べることも魅力的です。しかし、スキンケアは「与える」行程が多い中、洗顔は「取り除く」ことが目的ですよね。

ですから、ぜひ洗顔は「取り除く」ことだけをしっかりと行っていきましょう。洗顔でしっかりと余分な皮脂や汚れを落とせれば、そこに化粧水や乳液などの保湿成分が浸透していきます。

扱いが少し面倒な「洗顔石けん」ですが、余分な汚れを落としてお肌のうるおいを守るには最適の洗顔料ですので、ぜひ使ってみてください。

 

洗顔フォームに負けないお手軽さ!おすすめの洗顔石けんベスト3

次は、おすすめの「固形ではない」洗顔石けんをご紹介します。

『石鹸=固形=使いにくい』と思っていませんか?石けんは「固形」のものだけではありません!

多くの方に支持されている@cosmeなどの口コミを参考に、洗顔フォームに負けない使いやすさや泡立ちの良さをもつ石けんをご紹介しますので、今まで洗顔フォーム派だった方は試してみてはいかがでしょうか?

 

然(しかり)よかせっけん 〈1800円(税別)〉88g

現在ネットで大人気のこの「然よかせっけん」は持ち運びに便利なジャータイプの洗顔石けんです。またチューブタイプもあるので、チューブに慣れている方でも石けんにチャレンジしやすいですよね。

専用の泡だてネットで泡立てる泡は弾力があるもちもちの泡です。毛穴よりも小さい「超微細シリカパウダー」配合なのでお肌に負担をかけずに毛穴の奥の汚れまで洗い流します。

また天然ミネラル成分もたっぷりで洗い上がりもしっとり。

ニキビなどの肌荒れ予防にも効果的なので、どんな肌質の方にもおすすめできる洗顔石けんです。

@cosmeでの口コミ評価は4,6♡「中身は粘土みたいな少し硬い感じ」「泡は弾力があって顔につけた瞬間が気持ちい!」泡切れがよくすっきりする」という口コミが。また、人によっては「洗浄力が強い」「突っ張る感じがする」というのもありました。
もっと詳しく口コミが見たい方は【公式@cosme】をご覧ください。

どの洗顔にも言えることですが、泡をのっけてからの時間が長い人や、肌をこすってしまっている人はつっぱりや刺激を感じてしまうことがあるので“たっぷりの泡で優しく時間をかけすぎないように洗う’’ことを気をつけてみてください♡

 

 

くすみ用洗顔石けん 二十年ほいっぷ 〈1886円(税別)〉120g

くすみがきになる人に♡

こちらもチューブタイプの洗顔石けん「二十年ほいっぷ」です。

くすみを取ることに特化した洗顔石けんで、石けん職人が「釜練り製法」という特殊な方法で作っている石けんです。

肌表面のくすみと乾燥による角質のくすみの2種類のくすみ対策のために作られた洗顔石けんなのでくすみや透明感がないことに悩んでいる方におすすめです。

チューブタイプだから旅行やジム、スパ、忙しい朝にも便利ですよね。

@cosmeでの口コミ評価は4,2♡「肌が明るくなったように感じる」「ゴワゴワしていた肌が柔らかくなった」と、いい口コミの中「これじゃなきゃダメというほどではない」と辛口のコメントも見られました。
もっと詳しく口コミが見たい方は【公式@cosme】をご覧ください。

 

DOROwa どろあわわ 〈2980円(税別)〉110g

毛穴汚れやいちご鼻が気になる人に!

最後におすすめするのは「どろあわわ」です。

その名の通り天然の泥(クレイ)配合なので、細かい毛穴やキメの汚れもしっかり吸着してくれます。さらに厳選した4種類の保湿成分を配合しており、洗顔後のスキンケアがより浸透するような肌へと整えてくれます。

こちらも洗顔石けんですがクリームタイプなので手に取りやすく泡だてやすい形状。フタ付きのパックに入っているから固形石けんでは不安な衛生面も安心です。

クレイがしっかり汚れを吸着するので、毛穴汚れやいちご鼻が気になる方におすすめです。

@cosmeでの口コミ評価は3,8♡「乾燥しづらく洗い心地がいい」「優しい洗い心地」「洗顔ネットを使うとモコモコ」というコメントの中、マイナス面では「出しづらい・使いづらい」「値段が高い」とありました。
もっと詳しく口コミが見たい方は【公式@cosme】をご覧ください。

 

30代・40代・50代におすすめの洗顔石けんベスト3

最後に、年齢肌が気になってきたという30〜50代の方におすすめの洗顔石鹸をご紹介します。

年齢を重ねるとくすみや乾燥が気になってきますよね。汚れをしっかりと落としながら、お肌の本来のうるおいを守る洗顔石けんを厳選しました。

ぜひ、洗顔選びの参考にしてみてください!

 

オラクル 洗顔料 エッセンシャル・クレンザー 〈4,000円(税抜き)〉200g

天然クレイを含んだ泡が古い角質や汚れをしっかりキャッチしながらお肌のうるおいを守ります。

国産のオーガニックコスメなので敏感肌・乾燥肌の方でもしっとりうるおいを感じて使えます。乾燥が気になる年齢肌の方におすすめです。

 

COCOLARME VCOマイルドソープ 〈2,847円(税抜き)〉85g

ヴァージンココナッツオイル配合の洗顔石けんです。

へたれない濃密な泡で優しく毛穴のつまりや角質を落とします。皮脂と同じ成分のVCO配合なので洗った後もしっかりうるおいます。

また、洗顔後のスキンケアの浸透率が高いのでエイジングケアの効果が感じられないという方におすすめです。

あきゅらいず 泡石 〈3,703円(税抜き)〉110g

50代の方々に絶大な人気を誇るあきゅらいずの泡石。

厳選された東洋ハーブエキスを配合した「贅沢でシンプル」なスキンケア。

洗顔だけでなくメイクを落とすこともできます。

セラミドなどの保湿成分も配合しているのでお肌の汚れを落としながらしっかりと保湿もしてくれるので乾燥や小じわなどが気になる方におすすめです。

さいごに

洗顔フォームと洗顔石けんの違い、わかっていただけましたか?

とっても便利な洗顔フォームですが、せっかくお肌が作り出したうるおいまで奪ってしまっているかもしれません。ぜひ、お肌に優しい洗顔石けんで肌本来のうるおいを守りながら洗う洗顔を取り入れてみてください。

石けんは衛生面や泡立ちなどで使いづらい印象があったかもしれませんが、今回紹介したもの以外にも使いやすい洗顔石けんはたくさんあります。

将来のお肌のために、お肌に優しい洗顔を心がけましょう♡

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る