肌のざらつきを解消!米ぬかのスキンケア効果と正しい使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

お酒や味噌を作っている人達の手が白くて美しいのは何故?というところから注目されている「米ぬか」の美容効果。

実は、私達も普段のスキンケアとして米ぬかで洗顔やパックなどをすることで美容に役立てることができるんです。

もちろん米ぬかを使用した基礎化粧品はたくさん市販されています。

しかし、そのスキンケア効果を知っている方は少ないのではないでしょうか?

今回は、米ぬかの美容効果やスキンケア方法についてご紹介します。

米ぬかの美肌効果

米ぬかは玄米を精製して白米にする際に取られる外皮の部分のことです。

ぬか漬けに使われている茶色いものと言った方が分かりやすいかもしれませんね。

多くの美容成分が含まれており、高い美肌効果が期待できるといわれています。

米ぬかの美肌効果についてご紹介していきましょう。

保湿効果

米ぬかには「米ぬかセラミド(コメヌカスフィンゴ糖脂質)」が含まれています。

この成分は人の皮脂となじみやすいため肌を保湿して乾燥から守ってくれる効果があります。

セラミドが不足すると肌が乾燥し、バリア機能が低下して肌トラブルの起きやすい肌になってしまいます。

米ぬかでスキンケアをすることでセラミドを補給して肌を健やかな状態にすることができるというわけです。

米ぬかに含まれる「オリザブラン」という成分も肌を保湿してくれる成分です。

オリザブランは肌の水分量を保つという働きがあるため、水分の蒸発を防いで肌のうるおいをキープしてくれるのです。

また、米ぬかには適度に油分が含まれており、この油分は酸化しにくく人の皮膚にもなじみやすいという特徴があります。

この米ぬかの適度な油分にも肌を保湿して乾燥から守ってくれる役割があります。

ターンオーバーの促進

米ぬかにはビタミンB群が豊富に含まれています。

ビタミンB1やビタミンB2は肌の新陳代謝(ターンオーバー)には欠かせない成分です。

健やかな肌を作るには元気な細胞を生み出す必要があります。

米ぬかに含まれるビタミンB群が肌のターンオーバーを促進して元気な肌細胞を生み出すサポートをしてくれるんです。

美白効果

米ぬかに含まれる「フェルラ酸」という成分は、お米のポリフェノールとも呼ばれており、メラニンの生成を抑制する作用があります。

そのため、シミを予防する美白効果があるんです。

また、紫外線吸収作用もあるためシミ予防にもとても効果的です。

有害な紫外線を吸収するということは光老化による肌ダメージの予防にもなります。

抗酸化作用によるアンチエイジング効果

「γ-オリザノール」という成分は優れた抗酸化作用があります。

肌ダメージを与える活性酸素を抑制するということは肌老化を予防し、アンチエイジング効果があるということです。

また、γ-オリザノールには

  • 血行促進作用
  • 抗炎症作用
  • 抗アレルギー作用
  • 紫外線吸収作用(美白効果)

もあり、肌を若々しく活性化させてくれます。

老化角質の除去効果

米ぬかには古い角質(老化角質)をやさしく取り除いてくれるという効果もあります。

古い角質が肌に溜まるとターンオーバーが乱れて

  • 乾燥
  • 毛穴の黒ずみ
  • ニキビ

などの原因となります。

古い角質を取り除くということは肌のくすみやシミ、毛穴の黒ずみも取り除いてくれるということです。

米ぬか洗顔の方法

米ぬかを使った洗顔は自宅でも簡単に行うことができます。

米ぬか洗顔の方法についてご紹介していきます。

準備するもの

  • 米ぬか
  • ぬか袋(またはガーゼ)

 

米ぬかの入手方法

  • 精米所や米屋さんでもらう、または購入する
  • 自宅で精米する
  • インターネットで購入する

米ぬか洗顔の方法

  1. パッチテストをする…米ぬか洗顔を試す前には必ずパッチテストを行いましょう
  2. ぬるま湯に溶かした米ぬかを腕の内側に10円玉大塗って1日様子を見ます
  3. 特に変化がなければ米ぬか洗顔を行ないます。
  4. 米ぬかを洗面器などに入れ、ぬるま湯で溶かします…溶かしすぎないように注意し、少し粘度がある程度がベストです
  5. 溶かした米ぬかを肌に塗り、クルクルとやさしく揉み込むようにして肌を洗います…強くこすり過ぎると摩擦が肌ダメージを与えるので注意しましょう
  6. ぬるま湯で米ぬかを洗い流します…米ぬかが肌に残らないようきれいに洗い流しましょう

洗顔後はツルツルでしっとりした肌を実感できることでしょう。

米ぬかを使った手作りアイテムの方法

米ぬかを使ったスキンケアは洗顔だけではありません。

米ぬかの手作りスキンケアアイテムの作り方をご紹介していきます。

米ぬか化粧水の作り方

材料

  • 米ぬか:20g
  • 日本酒:大さじ1
  • 水:150cc〜200cc(肌質に合わせて調整)
  • グリセリン:5cc

作り方

  1. お鍋に米ぬか、日本酒、水を入れてよく混ぜながら弱火で3分加熱します
  2. 沸騰させないように注意し、3分経ったら火を止め、よく冷まします
  3. 化粧水ボトルに移し、グリセリンを加えてしっかり振って混ぜます
  4. 完成です

米ぬかパックの作り方

材料

  • 米ぬか 大さじ2
  • 薄力粉 大さじ1杯半
  • 水 適量

  • 米ぬか 大さじ2
  • ヨーグルト 大さじ2

  • 米ぬか 大さじ2
  • ヨーグルト 大さじ1
  • はちみつ 大さじ1

  • 米ぬか 大さじ2
  • 酒粕(シートで売っているものなら1/6、3×3㎝くらい)
  • 豆乳 大さじ4~6

それぞれを混ぜるだけで米ぬかパックが完成です。

使い方は全部同じで、洗顔後、肌の水分を軽くおさえてから米ぬかパックを塗ります。

塗りこむというよりは少し厚めに乗せます。

5~10分ほど置いた後、ぬるま湯できれいに洗い流します。

洗い流したら、化粧水やクリームなど普段通りのスキンケアで肌を整えておきましょう。

おすすめスキンケアアイテム

米ぬかを使用したスキンケアアイテムは市販もされています。おすすめの米ぬかスキンケアアイテムをいくつかご紹介します。

毛穴撫子 お米シリーズ お米のクリーム

価格:30g 税抜1,500円
石澤研究所 アマゾン 楽天市場

 

100%国産由来のライスセラム(米発酵液・米ぬか油・米セラミド・米ぬかエキス)配合でふっくらもっちりした肌に!のびの良いテクスチャーでベタベタせず使いやすいクリームです。乾燥による開き毛穴をふっくら目立たなくしてくれます。

 

ロゼット 無添加米ぬか洗顔フォーム

価格:140g メーカー希望小売価格540円
ロゼット アマゾン 楽天市場

100%植物由来のクリーム状石けんに米ぬかエキスを配合し、肌のうるおいは残しつつ、古い角質や毛穴の汚れはしっかり落としてくれる洗顔料です。

香料・鉱物油・防腐剤・着色料は無添加、石油系界面活性剤・シリコンフリーの無添加処方でどんな肌質の人も安心して使用できます。

 

美人ぬか 純米水 しっとり化粧水

価格:税抜980円
株式会社リアル アマゾン 楽天市場

 

オリジナル米ぬか保湿成分(コウノトリ米ぬかエキス)配合で、肌にたっぷりのうるおいを与えてくれる化粧水です。

2015年にはモンドセレクションも受賞しています。

お手頃価格の化粧水なので、顔だけではなく体にバシャバシャ使用するという方法もおすすめです。

米肌 肌潤化粧水

価格:税抜5,000円
米肌 アマゾン 楽天市場

 

水分保持能力を持つ「ライスパワーNo11」を低分子化し、肌にうるおいを取り込みます。

その他にも大豆発酵エキスやビフィズス菌発酵エキス、乳酸Naなど保湿成分をたっぷり配合した化粧水です。

アレルギーテスト済みで無香料、無着色、鉱物油フリーとどんな肌質の人でも安心して使用できます。

 

ライスフォース ディープモイスチュアエッセンス

価格:税抜10,000円
ライスフォース アマゾン 楽天市場

 

多くのタレントやモデルが愛用していることでも有名なライスフォース。・ライスパワーNo.11エキスをたっぷり配合した薬用保湿美容液はうるおいを徹底的に補給してくれるので、顔全体はもちろん、乾燥しやすい目元や口元に部分使いするのもおすすめです。アレルギーテスト済みで無香料、無着色、石油系界面活性剤不使用、動物性原料不使用の安心処方です。

まとめ

米ぬかは昔から優れた美肌効果があるといわれてきました。

市販のスキンケアアイテムを使用するもよし、自分で米ぬかを手に入れてスキンケアアイテムを手作りするもよし、米ぬかの美肌効果をぜひ実感してみてください。

自分で米ぬか洗顔やパックなどスキンケアアイテムを手作りする場合は1週間以内で使い切るようにしましょう

米ぬかに限ったことではありませんが、手作りスキンケアアイテムは雑菌の繁殖や酸化による劣化がおこるため少しずつ作るのが基本です。

米ぬかスキンケアで

  • 保湿
  • 美白
  • ハリ
  • アンチエイジング

と多くの美肌効果を実感してみてくださいね!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る