ニキビにオイルクレンジングは良くない?正しい使い方まとめ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「ニキビにオイルクレンジングは良くない」「オイルクレンジングの油分でニキビを悪化させる」などと思っていませんか?

クレンジングによってニキビを悪化させることは避けたいですよね。

「油分がニキビの原因」と考えられることから油分が多いオイルクレンジングはニキビに悪いと思われがちですが、実は悪い場合も良い場合もあります。

今回は、オイルクレンジングがニキビに悪いと言われる理由やニキビに効果的なオイルクレンジングの使い方、ニキビを予防するための方法について解説していきます。

 

オイルクレンジングがニキビに良くない理由

オイルクレンジングがなぜニキビに悪いと言われているかご存知ですか?

理由は2つあります。

・こすってしまうため

・合成界面活性剤が多く使用されているため

それぞれについて詳しく解説します。

!理由①こすってしまうため!

クレンジングオイルは、ジェルやクリームなどに比べてサラサラと水に近いテクスチャーです。

手からの力が直接肌に届きやすいので、肌に刺激を与えやすくなってしまいます

特にニキビができている肌は、炎症を起こしている状態なのでクレンジング時の少しの刺激でも炎症を悪化させてしまう可能性があります。

ニキビの原因は無限と考えられますが、原因に限らず悪化させないためには刺激を与えないことが最も大切です。

クレンジングオイルを使うと肌に刺激を与えやすくなってしまうため、ニキビに悪いと言われているのです。

!理由②合成界面活性剤が多く使用されているため!

クレンジング剤の多くは油分であるメイクを落とすために、本来混ざり合わない油分と水分をなじませるための「界面活性剤」が含まれています。

「界面活性剤は肌に悪い」というイメージを持つ方も多いのですが、この界面活性剤自体はどんなクレンジング剤や洗顔料にもほとんど使用されており、メイクを落とすために必要な成分なのです。

そんな「界面活性剤」は大きく分けて2つの種類があります。

 

・天然界面活性剤‥動物成分など天然成分を使用しているもの

・合成界面活性剤‥石油などから人工的に作られたもの

 

天然界面活性剤は簡単にいうと「石けん」です。

石けんは水で薄まることで界面活性作用がなくなるという性質を持っているため、洗い流すと洗効果がなくなる安全な界面活性剤です。

 

対して、合成界面活性剤は人工的に作られた成分なので石けんのように水で薄まることで洗浄効果がなくなるということはありません。

クレンジングオイルをはじめ多くのクレンジング剤に使われているのはこの「合成界面活性剤」なので、多少なりとも肌に刺激を与えてしまうということになります。

その中でもクレンジングオイルは油分を多く含んでいるので界面活性剤が多く使用されているものが多いのです。ですから、クレンジングオイルがニキビに悪いと言われているのです。

 

ニキビに効果的なクレンジングの選び方・使い方

ニキビにとってオイルクレンジングは良い点もあり、悪い点もあります。

ニキビを作らないためには、メイクをしっかりと落とすことがとても大切です。

クレンジングオイルは洗浄力が強いので、濃いメイクをしっかりと落とすのに適しているクレンジングです。メイクをしっかりと落とすために、効果的にクレンジングオイルを使用してニキビのできにくい肌を目指しましょう。

成分をチェックする

メイクを落とすためには洗浄力が強ければ良いというわけではありません。

自分のメイクの濃さにあったクレンジングを選ぶことが大切です。

パウダーファンデや化粧品を軽くしか使わない
【ナチュラルメイクさん】→ミルククレンジング、ジェルクレンジング


ナチュラルメイクの場合、クレンジングはミルクタイプやジェルタイプで十分落とすことができますので、オイルクレンジングの洗浄力は強すぎるでしょう。

リキッドファンデやがっつりアイメイクなら
【しっかりメイクさん】→オイルクレンジング(またはリキッドクレンジング)

逆に、リキッドファンデーションやウォータープルーフのマスカラなど濃いメイクの場合は、ミルクタイプやジェルタイプでは落としきれない場合があるのでオイルタイプがおすすめです。

 

繰り返すニキビに悩んでいる方でオイルクレンジングを使用したいという方は、成分を見て選びましょう。

注意したい成分は、「オレイン酸」です。

オレイン酸はオリーブオイル・コメヌカオイル・グレープシードオイルなどに多く含まれる健康効果の高い成分です。

オリーブオイルをスキンケアに活用する美容法などもありますが、オレイン酸はニキビの原因である「アクネ菌」のエサになってしまうため、ニキビのある方にはおすすめできません。

なるべくオレイン酸の多く含まれていないオイルを使用したクレンジングオイルを使用するようにしましょう。

クレンジングは短時間で行う

メイクをしっかり落とそうと意識すると、長時間クレンジングをしてしまいがちです。

しかしクレンジングオイルは、他のクレンジング剤に比べて洗浄力が強いため肌にのせているだけで肌の皮脂を奪ってしまいます。

ですから、メイクをオイルと馴染ませたらなるべく早く洗い流しましょう。

1分以内を目安にクレンジングをするのが良いでしょう。

肌への負担を少なくすることで、ニキビの悪化を防いだり毛穴詰まりや新しいニキビを予防することができます。

乳化させてから洗い流す

クレンジングオイルでメイクを浮き上がらせた後は、必ず「乳化」をすることがポイントです。

油分と水分は本来混ざらない性質なので、メイクをオイルになじませてそのまま洗い流そうとしても水分ではなかなか綺麗に落としきることができません。

その結果、肌にクレンジング剤が残り毛穴のつまりや肌トラブル、新しいニキビの原因となってしまいます。

クレンジングオイルとメイクを馴染ませたら、手に残っているオイルに水を加えて白く濁らせます。これを乳化といいます。

乳化させることで、油分と水分が馴染みやすくなるのでお肌の上の油分もしっかりと落とすことができます。

とても簡単な行程ですが、ここをサボってしまうとニキビの原因を作ってしまうので必ず乳化させてから洗い流すことを心がけましょう。

 

ぬるま湯で洗い流しのないようにすすぐ

クレンジングは短時間でしましょうとお伝えしましたが、すすぎは丁寧にしっかりと時間をかけて行いましょう。

乳化させて顔全体が白くなったら、いつも通りにすすぎます。温度はぬるま湯で行いましょう。触ってみて熱くも冷たくもない温度がベストです。

冷水はしっかりと油分を落とすことができず、熱湯は肌に必要な皮脂まで奪ってしまいます。また、こめかみや髪の生え際、小鼻などの洗い残しやすい部分は特に重点的に洗いましょう

ここで洗い残しがあると、新しいニキビの原因となってしまうので要注意です。

ぬるま湯で丁寧に洗い流すこがポイントです。

 

ニキビを予防するためのセルフケア

ニキビができてしまった時には、炎症を悪化させないために様々なことに注意してクレンジングや洗顔をする必要があります。

そうならないためにも、普段からニキビのできにくい肌を育てたいですよね。繰り返すニキビに悩む方は、原因は毎日の生活の中にあるのかもしれません。

ここからは、普段の生活からニキビを予防するための方法をご紹介します。

クレンジングはメイクによって使い分ける

ニキビを予防するためには、毎日のメイクをしっかりと落とすことが大切です。

メイクの落とし残しや、クレンジングの洗い流しはニキビの原因になってしまいます。

クレンジングを選ぶ基準は「ベースメイクの濃さ」です。

ベースメイクに合わせてクレンジングを選ぶことで、洗浄力の強すぎるクレンジングを使うことを防ぐことができます。

洗浄力が強すぎると、肌に必要な皮脂まで取ってしまうので皮脂の過剰な分泌につながりニキビを作りやすくしてしまいます。

アイメイクなどの濃い部分にのみ洗浄力の強いクレンジングやポイントメイクリムーバーを使うなどして、メイクによってクレンジングを使い分けることでニキビのできにくい肌を作ることができます。

 

洗顔後はたっぷりと保湿をする

ニキビはどうしても「汚れや皮脂を落とすこと」を重要視しがちですが、実はこの「保湿」がとても大切です。

お肌がうるおっているとニキビができにくい肌に近づくことができます。

クレンジングや洗顔の後はうるおいが不足している状態ですので、化粧水や乳液などでしっかりと保湿することで肌本来のうるおいを守りながらお肌にうるおいを与えることができます。

せっかくクレンジングや洗顔で汚れを綺麗に落としても、保湿をサボってしまうと肌の内側の水分が蒸発して乾燥肌になってしまったり皮脂を過剰に分泌してニキビができやすい肌になってしまいます。

ニキビ専用のスキンケア商品も多く販売されていますが、肌に合う・合わないは人それぞれなのでサンプルやトライアルなどで試してみてから使用することをおすすめします。

自分に合うスキンケアを見つけることが大切です。

しっかりと睡眠をとる

ニキビの原因はスキンケアだけではありません。

睡眠をしっかりと取ることが美肌の鍵だと聞いたことがあるのではないでしょうか?

ニキビ予防に睡眠をとるのが大切なのは、単に肌荒れを起こしてしまうというだけでなくホルモンバランスの崩れなど身体にとっても重要な意味があるのです。

基本的にダメージを受けた肌は睡眠中にケアしていきますから、睡眠リズムが乱れれば肌のケア力は大きく低下。さらに、睡眠不足そのものが大きなストレスとなり、自律神経系の交感神経が優位になってしまいます。ストレスによって交感神経が活発になると男性ホルモンが大量分泌されてしまい、肌バリア機能が破綻し皮脂分泌量が増加してニキビが発生しやすくなってしまうのです。

出典:睡眠不足によるニキビ〜美肌生活の徹底ガイド|相澤皮フ科クリニック

睡眠不足とストレスがつながっていて、ニキビの原因になっていることもあるので繰り返すニキビに悩んでいる方は今までの生活リズムを見直してみてはいかがでしょうか?

栄養バランスの良い食事

睡眠と合わせて大切なポイントが食事です。

スキンケアが外側からのケアだとすれば、食事は内側からのケアです。偏った食事はニキビとなって肌に現れてしまいます。

また、ターンオーバーの乱れにもつながってしまうので毎日の食事にも気をつけましょう。

【ビタミンA】鶏レバー・ほうれん草など

【ビタミンB群】豚レバー・ニンニク・ゴマなど

【ビタミンC】パプリカ・水菜・ブロッコリーなど

【ビタミンE】アーモンド・イクラ・ハマチ・しそなど

忙しい毎日ではなかなか栄養まで気を配れない方も多いかと思いますが、毎食1品栄養のある食材を取り入れるなど意識的に栄養を摂ることで身体の内側からニキビのできにくい肌をつくることができます。

さいごに

ニキビができると肌に炎症を起こして痛みやかゆみを引き起こすだけでなく、精神的にも落ち込んでしまったりしますよね。

クレンジングでしっかりとメイクを落とすことに気をつけて、自分のメイクに合わせてクレンジングを選んでください。

また、クレンジング以外にもニキビを予防する方法はたくさんあります。

特別なことはしなくても、毎日少しずつ意識を変えて行動することでニキビのできにくい肌を作っていくことができます。

即効性がない方法でも毎日の積み重ねが必ず将来のお肌になって戻ってくるので、ぜひ毎日のスキンケアや生活に取り入れてみてくださいね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る