オリーブオイルでスキンケア!正しい選び方と効果的な使い方♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

健康にも良い油として話題のオリーブオイル。

スキンケアにも効果を発揮するオイルだということをご存知ですか?

栄養豊富なオリーブオイルをスキンケアに取り入れることで、保湿力を高めたりエイジングケアを行ったりとお肌にも良いことがたくさんあります。

しかし、食用のイメージが強いオリーブオイルはスキンケアのイメージがあまり持てないですよね。

「乾燥肌の改善のためにオイルをスキンケアに取り入れたい」「オリーブオイルの正しい使い方を知りたい」と考えている方も多いのではないでしょうか。

今回はオリーブオイルをスキンケアに取り入れる効果や注意点、効果的な方法などを解説します。

オリーブオイルのうれしいスキンケア効果

 

オリーブオイルは、栄養が豊富で血液中の悪玉コレステロールを下げる働きを持っているなどダイエットに効果があるとしてもしられています。

そんなオリーブオイルをスキンケアに使うことによってどのような美肌効果が得られるのでしょうか?

 

オレイン酸で保湿効果

オリーブオイルの主成分である「オレイン酸」は、人間の皮脂の40%を占める成分です。私たちの肌が作り出す皮脂に近い成分をオリーブオイルは持っています。そのオレイン酸によって、不足している油分を補給しうるおいを与える効果が期待できます。オリーブオイルは植物性ですから、肌の弱い方でも安心して使うことができます。また、外からの刺激からもしっかりと守ってくれます。

しかし、注意しなければいけないのはオリーブオイルは肌の表面までしか浸透しないということです。肌の水分の蒸発を防ぐ役割として効果を発揮しますが、肌の水分量や肌の土台部分までのうるおいをオリーブオイルだけで補うことは難しいのです。ですから、しっかりと化粧水や美容液で保湿をした上でオリーブオイルを使うことで正しく効果を発揮し、保湿効果を得られるのです。

 

ポリフェノールでエイジング効果

オリーブオイルには、オレイン酸の他にも多くの成分が含まれていますが中でも注目されているのが「ポリフェノール」です。ポリフェノールはお肌を整え、ハリのあるお肌をつくってくれるエイジングケアに効果的な成分です。

年齢を重ねていくと肌のうるおいが減少していくため、それまでと同じスキンケアでは不十分になり乾燥が気になったり、シミやそばかすが出来てきたり、お肌のハリが失われるなどの「肌老化」が進んでしまいます。

その肌老化を食い止める効果があるとされている成分がポリフェノールを始めとしたオリーブオイルに含まれる成分なのです。ポリフェノールの他には、保湿効果の高いリノール酸や肌老化を防ぐアルファリノレン酸、お肌を健康に守るビタミンEなど、お肌に嬉しい成分が多く含まれています。

 

オリーブオイルでスキンケアをする注意点

保湿やエイジングケアなどスキンケアに効果的なオリーブオイルですが、使う際に注意しなければいけない点もあります。

使用するオリーブオイルによっても変わりますが、オリーブオイルの持つ性質をしっかりと理解した上で正しく使いましょう。

 

ニキビができやすい

オリーブオイルはその名の通り油です。ニキビの原因は過剰に分泌された皮脂なので、油分はニキビの原因となってしまいます。もちろん、オリーブオイルを使用してしっかりと洗い流すことができれば問題はありませんが、肌や毛穴に残ってしまうとニキビの原因になってしまう可能性があります。また、オリーブオイルに含まれるオレイン酸は保湿効果が高い成分ですが、同時にニキビの原因であるアクネ菌の栄養になってしまいます。

つまりオリーブオイルがニキビを活性化させてしまう可能性があるということです。ニキビができやすい肌の方はオリーブオイルでのスキンケアは避けた方が良いでしょう。

 

オリーブオイルだけで保湿はできない

前章でも紹介しましたが、オリーブオイルはあくまで油です。美肌には水分と油分がどちらも欠かせません。どれだけ栄養豊富なオリーブオイルをスキンケアに使用しても、それだけでは美肌を作ることはできません。化粧水や美容液でしっかりと水分や美容成分を与えることも大切です。

また、オリーブオイルは油分ですから水分を弾いてしまいます。オリーブオイルを塗った後の肌は水分を弾いてしまうため、水分が肌に浸透しにくくなってしまいます。しかし、オイルを塗った後の肌は非常にしっとりと保湿されているように感じます。それは「そう感じている」だけであって、本当は乾燥しているかもしれません。オイルの使用感だけに惑わされずに、水分と油分をしっかりとバランスよく与えることが美肌にとっては大切なのです。オリーブオイルをスキンケアに使用する場合は、化粧水や美容液でのスキンケアも怠らないようにすることが大切です。

 

食用でもOK?スキンケアに使えるオリーブオイルとは

スキンケアにオリーブオイルを使うことについて紹介してきましたが、どのようなオリーブオイルを使用すれば良いのでしょうか?オリーブオイルと言っても、様々な種類があります。

ここからは、スキンケアに使うオリーブオイルの選び方について紹介します。

 

食用オリーブオイルはなるべく使わないようにする

スキンケアのためのオリーブオイルを選ぶ時に、まず悩むのが「食用のオリーブオイルも使えるか」という点ですよね。私たちが日々使っているスキンケアアイテムは、薬事法により厳しく規制されています。肌に直接つけるものですから、肌トラブルがないように高レベルの精製をしています。

対して、食用のオリーブオイルはそのような基準で作られていません。あくまで食べるためのオリーブオイルですから、肌につけることではなく食べた時の風味や味にこだわって作られています。それはオリーブオイルの中でも最高級のエクストラバージンオリーブオイルでも同じです。ですから、食用のオリーブオイルを使用した場合は不純物などにより肌トラブルが起きる可能性があるのです。

スキンケアにオリーブオイルを使用するときに最も良いのはもちろん美容用のオリーブオイルです。食用オリーブオイルよりは価格が高くなりますが、肌につけるために作られたオイルですから安心して使うことができます。

 

エクストラバージンオリーブオイルを選ぼう

オリーブオイルとは、オリーブの実から抽出されたオイルのことです。

その製法や品質により、国際オリーブオイル協会で厳しく8段階に分けられています。

分類 呼称 特徴

バージンオリーブオイル

(果実をそのまま搾ったもの)

エクストラバージンオリーブオイル

酸度が0.8パーセント以下。最高級品。

そのまま食用できる。

バージンオリーブオイル 酸度が2%以下。そのまま食用できる。
オーディナリーバージンオリーブオイル 酸度が3.3%以下。そのまま食用できる。
ランパンテバージンオリーブオイル

酸度が3.3パーセント以下。そのまま食用できない。

精製されるか工業用途に用いられる。

精製オリーブオイル

(バージンオリーブオイルから精製されたもの)

精製オリーブオイル 酸度が0.3%以下。ランパンテを精製したもの。
精製オリーブポマースオイル 酸度が0.3%以下。バージンオイルを搾った後の採油カスから溶剤抽出したもの。

オリーブオイル

(精製オイルにバージンオイルをブレンドしたもの)

オリーブオイル 酸度が1%以下。精製オリーブオイルとバージンオイルのブレンド。
オリーブポマースオイル 酸度が1%以下。精製オリーブポマースオイルとバージンオイルのブレンド。

参考:オリーブオイルの規格|国際オリーブオイル協会HP(https://japan-olive.or.jp/)
   オリーブオイルの基礎知識|ATJ HP(http://altertrade.jp/olive/basics)

 

この基準で、最高級品とされるのが「エクストラバージンオリーブオイル」です。食用でも美容でも、おすすめはこのエクストラバージンオリーブオイルです。

エクストラバージンオリーブオイルは、加工がされておらず、オリーブをそのまま搾ったオイル100%なのでとても純粋なオリーブオイルだからです。しかし、オリーブオイルは日光に弱く、酸化が早いので保存には注意が必要です。

オリーブオイルでスキンケアをする方法&順番

スキンケアアイテムにオリーブオイルを使う場合、どのようなタイミングで使うのがよいのでしょうか?

ここではおすすめの使い方3つをご紹介します。

・クレンジングオイルとして使う
・スキンケアの最後に使う
・リップパックに使う

詳しくチェックしてみましょう。

クレンジングオイルとして使う

オリーブオイルはその名の通りオイルですから、クレンジングオイルの代わりに使うことができます。通常のクレンジング剤はメイク汚れの油分を水で洗い流すため、油分と水分をなじみやすくする「界面活性剤」を含んでいます。界面活性剤は、肌に悪いというイメージがありますがクレンジング剤や洗顔料など様々なアイテムに使用されており、正しく使えば問題はありません。しかし、界面活性剤を使うことで皮脂を落としすぎたり、肌にとって刺激となってしまう場合もあります。

その点オリーブオイルは界面活性剤ではなく、油分の力のみでメイクを落とすため界面活性剤のようにお肌に負担をかけることは少なく安心です。

では、オリーブオイルでクレンジングをする方法を紹介します。

 

①ポイントメイクなどの濃いメイクはあらかじめポイントメイクリムーバーで落としておく

②オリーブオイルを乾いた手に取り、手のひらで温める

③メイクが浮いてくるまで、優しくなじませる

④ホットタオルで優しく拭き取る

⑤残ったオイルを洗い流す

 

前述した通り、オリーブオイルは界面活性剤が含まれていないため一般的なクレンジング剤よりも洗い流しにくくなってしまいます。ですから、メイクになじませたオリーブオイルをいきなり洗い流すのではなく、ホットタオルである程度拭き取ってから洗い流すのがよいでしょう。

油分の特性から、冷水で洗い流すと油分が固まってしまうため「ぬるま湯」で洗い流します。反対に熱湯は肌の皮脂を落としすぎてしまうため、おすすめできません。

また、オリーブオイルは肌に残ってしまうとニキビの原因になってしまう可能性があるのでクレンジングの後は洗顔料を使ってダブル洗顔をすることで肌に残ったオリーブオイルをしっかりと落とすことができます。一般的なクレンジング剤よりも、洗い上がりがしっとりと感じるため洗顔後のカサつきが気になる方にはおすすめの方法です。

 

スキンケアの最後に使う

オリーブオイルの使い方として「どの順番で使うか?」は悩んでしまうポイントです。洗顔後にブースターとして使用するという方法もあるようですが、おすすめはスキンケアの最後に使う方法です。

オリーブオイルを適量手に取り、化粧水や美容液で保湿した肌にフタをするイメージで薄く塗り広げます。ハンドプレスでじっくりと肌になじませましょう。つけすぎると、肌トラブルを起こす可能性があるので気をつけてくださいね。

スキンケアの基本は、化粧水や美容液で水分や美容成分を与えた後に、乳液やクリームで油分を与えて水分の蒸発を防ぐことです。油分の大きな役割は「水分の蒸発を防ぐこと」なのです。オリーブオイルは、もちろん油分ですから乳液やクリームの後やその代わりとして使用するのが最も自然です。実際にオリーブオイルには皮脂と同じオレイン酸が含まれているため、私たちの肌本来のうるおい成分に近いうるおいを与えることができます。また、そもそも油分と水分は混ざり合わない性質です。油分を先にお肌に塗ってしまった場合、その後の水分は弾かれてしまいます。肌に水分を浸透させることが保湿には重要ですが、先に油分を与えてしまうと保湿がしっかりできなくなります。

水分をたっぷり与えた後に、オリーブオイルでさらに保湿の仕上げをすると効果的です。

 

リップパックに使う

唇は乾燥肌でない人でも乾燥しやすい部分ですよね。常にリップクリームを塗っているという方も多いのではないでしょうか?そこで、唇の保湿にオリーブオイルがおすすめです。オリーブオイルでリップパックをすることで、リップクリームを何度も塗り重ねるよりも乾燥を防ぐことができます。

 

①コットンか手のひらに100円玉ほどのオリーブオイルをとります

②唇にしっかりとなじませます(乾燥がひどい場合、唇より一回り大きい範囲まで塗るとより効果的)

③唇より大きくカットしたラップを唇にはりつけます

④空気が入らないようにしっかり密着させます

⑤5〜10分程度、放置します

⑥ラップをはがして、余分なオイルを拭き取ります

このように、身近にあるラップを使うことで簡単にパックをすることができます。肌に使うのはベタつきが気になってできないという方でもリップパックは気軽にできるスキンケアですのでおすすめです。

さいごに

スキンケアにオリーブオイルを使用する方法やオリーブオイルの選び方などご紹介してきました。オリーブオイルには様々な種類があり、食用や美容用など用途によっても様々な商品が販売されています。大切なお肌に使うものですから、きちんと美容用に作られたものを使いたいですね。

オリーブオイルの性質をよく理解した上で、乾燥対策などに上手に取り入れて保湿力を高めていきましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る