【簡単なのに美味すぎる!】レンジだけでできる超お手軽な豚バラ肉巻きレシピ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

料理ってやっぱり面倒・・・。たまには手抜きしたいですよね~_~;

今回はレンジで簡単に【豚バラ薄切り肉巻き】をいろんなアレンジで作ってみました♡

「豚ばら肉を使うのに、レンジで大丈夫?」
「肉の臭みは?」「しっかり火が通るの?」

と言うお悩みも、安心してください!実践済みですよ!』

 

私も疑ってかかりながら作ってたんですが、意外といけます!美味しいです!本当にレンチン(レンジでチンの略)だと洗い物が少なくて済むなんと主婦には嬉しいこと!(私は主婦ではありませんが)※ただ、最終盛り付けの見栄えを良くしたいがために無駄にお皿を使ったので結局洗い物が増えるという・・・なので所々お皿が変わってます(笑)見栄え良くしたい方はレンチンする前からイイカンジのお皿を使うと良いでしょう☆

※すべてレンチンなので耐熱皿を用意してくださいね( ^ ^ )/□

 

:目次:

“すべてレンチン!豚バラ薄切り肉巻きレシピ8選”

  • 水菜のあっさりポン酢
  • 春キャベツのごま油ポン酢
  • トマト塩コショウ
  • オクラチーズポン酢
  • こってりアスパラチーズ
  • ごはんにあう!大葉キムチ巻き
  • 大葉えのき巻き
  • 玉ねぎのおろしステーキソースがけ

            
    *豚肉特有の臭みを消す方法がある?
    *豚肉は免疫力を高めてくれ、ビタミンもコラーゲンも摂れる!!

 

 

 

【水菜の豚巻きおろしポン酢】
あっさりとたくさん水菜が食べれます!サラダ感覚で◎夏にもぴったり!

“レシピ約2人分”

●水菜        1束(1束は1袋って意味じゃなくてその中の1束)
●豚バラ薄切り肉   4〜5枚(一枚大きいので半分に切ったのが1つ分です)
●塩         少々
●酒         少々
●あらびきコショウ  少々
●大根おろし     お好みで
●ポン酢       適量

*耐熱のお皿
*ラップ
 

 

【作り方】

水菜は洗って水気をよく切り、根元を落とす。
食べやすい長さに切って(茎・中間・葉くらいで3等分くらい)、茎の部分と葉の部分を混ぜ、手で分けて8〜9つ分くらいにする。

まな板に豚バラをひろげ、大きいので半分に切り水菜を揃えてきつく巻きつけ、巻き終わりを下にして耐熱皿に重ならないように並べる。

※巻きつける水菜は一口で食べれるくらい少なめにしたほうが食べやすいです!!この太さでも食べにくくて後悔しました・・・

少しのお酒と塩とあらびきコショウをふり、ふわっとラップをかけてレンジ(600w)で3分加熱する。赤いところがなくなればOK!
水分が出た場合は、薄くなってしまうので水を捨ててから大根おろしとポン酢をかける。

 

*水菜の知識*

●抗菌作用・・・水菜に含まれる、アリルイソチオシアネートの抗菌作用はとても強く大腸菌や、カビ等幅広い抗菌作用があります。肉の匂いを抑える効果もあり一緒に調理することで生臭さを抑えられます。
●腸内環境を整える・・・多くの食物繊維が含まれているため、悪玉コレステロールを減らし、便秘の解消、大腸癌の予防効果もある。
●美肌効果・・・ビタミンCがたっぷり含まれているため、シミ、そばかすの予防や、コラーゲンの生成を促し、肌のハリや美肌効果があります。
●免疫力を高める・・・ビタミンCは免疫力を高め風邪の予防に効きます。

 

ポイント▼

サラダ感覚で食べられる水菜の豚肉巻きはポン酢との相性バツグン!!ただいっぱい水菜が摂れるからといって巻く時多く入れすぎると噛み切れないのでとても食べづらいことがわかりました・・・(笑)一回に巻く量は少なめがオススメ(^_^;)。大根おろしとポン酢でさっぱりと副菜にも、ヘルシーにたっぷりと主役にもなります♡

【春キャベツのごま油ポン酢】
ごま油とポン酢意外と合うんです!ごま油はほんのすこしでOK♡

“レシピ約2人分”

●キャベツ       1/4個  
●豚バラ薄切り肉    200g
●酒          大さじ1
●カイワレ大根     お好みで(見栄え良くなります!)
●☆ごま油       小さじ1(テキトーでも◎)
●☆ポン酢       大さじ3(とりあえずごま油より多めで)

*耐熱のお皿
*ラップ

 

【作り方】
キャベツは千切りに。細く!とか荒く!とかはお好みなので好きにしてください。みじん切りにはしないでね(ポロポロこぼれて巻けない)
豚バラできつめにキャベツを巻き、(中のキャベツは多くなっても大丈夫。ボリュームが出て◎)巻き終わりを下にして耐熱皿に並べる。酒を大さじ1くらいふりかけ、ふんわりとラップをかけレンジ(500w)で4〜5分。

 

 

 

カイワレは根元を切って洗い、長ければ二等分にし盛り付ける。
ごま油とポン酢を混ぜ合わせたものを、その上からかける。完成♡

 

*キャベツの知識*

●ビタミンCたっぷり・・・成人の1日のビタミンC摂取量は約100gと言われているので、大きめの葉っぱであれば約3枚で摂取できちゃいます!そして場所によって含有量が違って緑色の濃い外側の葉っぱの方がビタミンCが多く含まれているんです。
●胃腸の強い味方
・・・キャベツはビタミンU(キャベジン)を多く含んでいるのが特長です。このキャベジンは胃や十二指腸の健康を保つことに優れた効果があります。
●カルシウムが豊富・・・イライラしたらカルシウム、というように緊張や精神的な興奮を和らげる効果があります。
●むくみ解消・・・カリウムが含まれているのでむくみなどにも期待できます。

ポイント▼

キャベツは火が通ると甘くなり量が減るので、生で食べるよりたくさん食べれるし栄養が摂れていいですよ♡食物繊維たっぷりなのでダイエットにも◎味付けにポン酢ごま油をオススメする理由は、ポン酢だけでも充分美味しいんですがすこーしだけごま油が入ると香りが立ちさらに食欲が増すのでたっぷり食べれちゃうんです!!カイワレも添えてからだに優しいおかずです♡

【トマト塩コショウ】
あらびきコショウをしっかりきかせてアクセントに。お酒のアテにもおすすめ♡

 

“レシピ約2人分”

●プチトマト      ひとり5個なら10個(好きな量で◎)  
●豚バラ薄切り肉    5枚(一枚が大きいので半分に切って使う
●塩          少々
●あらびきコショウ   適量(多め)       
●カイワレ大根     お好みで(見栄え良くなります!)

*耐熱のお皿(深いもの)または耐熱タッパー
*ラップ

 

【作り方】

まな板に豚バラをひろげ半分に切る。両面に塩とあらびきコショウを軽くする。
豚バラの上にトマトをのせ巻きつけ、まき終わりが下になるようにタッパーに並べていく。
空気穴がない場合は蓋を少しずらしてのせ、レンジ(600w)約3分加熱。

 

 

トマトの汁がめちゃめちゃ出てるので熱いし気をつけるように!お皿でチンする場合は深めのお皿を使ってください!
お皿に移しかえて汁もかけちゃってカイワレをのせちゃって、あらびきコショウをまた再度多めにふりかけて完成♡※カイワレは根元を切って洗っておいてね♪

*プチトマトの知識*

●栄養成分は普通のトマトより豊富・・・ほとんどの栄養が通常のトマトより多く含まれていることに驚きです。
●美白効果
・・・トマトに含まれるリコピンは美白効果があるんです。
●喘息症状の緩和・・・リコピンの抗酸化作用は喘息の症状にも効果があるとされています。
●脂肪燃焼・・・脂肪を燃やすリノール酸も含んでいるため、ダイエット中の方にもおすすめです。

ポイント▼

このレシピはある居酒屋さんで出てきた料理が美味しすぎて再現してみました(笑
私があんまりトマト好きじゃない(嫌いでもない)のでまあこんな味だろうと見た目でイメージしてた味が、食べたら違って「うまっ!」ってなりはまりました(=゚ω゚)ポイントはあらびきコショウをたっぷりかけること。塩はかけすぎると塩分の取りすぎで体に悪いので少なめで・・あと、トマトはプチトマトじゃなくてもOKです!
ピリッとくるコショウがお酒のアテにもとっても合います♡

 

【さっぱりオクラチーズ豚バラ巻】
オクラとチーズの相性◎栄養満点!!何個でも食べられちゃいます☆

レシピ約2人分

●オクラ        一袋  
●豚バラ薄切り肉    5〜6枚くらい(一枚が大きいので半分に切って使う
●スライスチーズ    2枚
●酒          大さじ2       
●ポン酢        適量
あらびきコショウ   少々

*耐熱のお皿
*ラップ

 

【作り方】

オクラはヘタを落とし、うぶ毛が気になる場合は塩で揉んで下処理を☆
スライスチーズは1枚を縦に4等分しておく。
まな板に豚肉をひろげ、スライスチーズ1/4とオクラをのせ端から巻いていく。

 

巻き終わりを下にして、耐熱皿に並べ酒をふりかける。
ふんわりとラップをかけレンジ(500w)で2分くらい加熱する。(肉の色が白く変わればOK!)
水分が出るので、お皿を変えるか水を捨ててポン酢をかけてアクセントにあらびきコショウをかければ出来上がり♡

*オクラの知識*

●デトックス効果・・・ペクチンという成分が、便秘や下痢を解消しデトックスやダイエットなどに効果的なんです。
●疲労回復
・・・オクラに含まれるムチンは胃の調子を整えたり夏バテ防止にも効き、さらにドライアイにも効果があるとされています。
●βカロテン・・・オクラにはこのβカロテンはおよそレタスの3倍含まれるといいます。視力の維持や髪の毛の健康維持にも効果的です。
●むくみ解消・・・カリウムが豊富なのでむくみにも効果があり、心を安定に導きイライラしてる状態を落ち着かせる効果もあります。

ポイント▼

オクラだけ!も美味しいですがとろけたチーズとポン酢が相性よくたまらない!!チーズだけどあっさり食べれてオクラのネバネバに含まれるムチンで疲労回復効果バツグンです♪さらに食物繊維で腸内環境を整えてくれます。オクラの茹でる手間はいらないので洗って巻いてチンするだけ!ぜひおかずに取り入れてみてください♡

 

【こってりアスパラチーズ】
しっかりした味つけがハマる♡とろけたチーズが美味い!!下茹でなしでできます!

レシピ約2人分

●アスパラ       2束
●豚バラ薄切り肉    250gくらい
●とろけるチーズ    2枚
●☆みりん        大さじ1       
●☆しょうゆ       大さじ2
●☆砂糖         大さじ1
●☆酒          大さじ1
●☆ごま油           大さじ1/2
パン粉         なくてもOK(見栄え良くなります!)

*耐熱のお皿
*ラップ
*オーブントースター

 

【作り方】

アスパラは根元部分の皮をピーラーで剥くき、半分に切る。
☆の調味料を合わせておく。豚バラをアスパラに巻きつけ、巻き終わりを下にして耐熱皿に並べる。

合わせた調味料をまんべんなくかけて、ふんわりとラップをしレンジ(600w)で5分くらい加熱して取り出す。(めっちゃ熱いので気をつけて!)
とろけるチーズをさいて上に乗せパン粉があればふりかけ、オーブントースターで焦げ目が出来るまで加熱する。完成!

*アスパラの知識*

●女性の味方・・・ビタミンEが豊富なので抗酸化作用、女性ホルモンのバランスを整える、生理痛、肩こりにも効果があるとされています。
●睡眠の質を高める効果
・・・アスパラギン酸は質の高いリラックス成分誘発物質を出してくれることは有名です。
●ニコチンを無毒化・・・タバコのニコチンに作用してくれるのがメチルメチオニンです。タバコを吸う人は積極的にアスパラを食べることをお勧めします。
●栄養の宝庫・・・アスパラはビタミンもバランスよく含まれていて栄養価が高いと言われています。

ポイント▼

アスパラ茹でなくて硬くないの!?って思ってやってみたんですが全く問題なく火が通っていたことにびっくり!豚肉の臭みもなく、フライパンで焼いた時と大差ありませんでした(^^)甘辛タレとチーズがやみつきになります。チーズは硬くなっちゃうけど冷めても美味しいですよ♡

【ごはんにあう!大葉キムチ巻き】
キムチと大葉?!ぜひ一度食べて欲しい一品☆

 

 

レシピ約2人分

●キムチ        50g  
●豚バラ薄切り肉    10枚
●大葉         20枚
●コショウ       少々
●ごま油        少々
●カイワレ       飾り用                

*耐熱のお皿
*ラップ

 

【作り方】

豚肉をひろげて大葉を縦に2枚並べ、その上にキムチを縦にのせて下からきっちり巻いていく。
巻き終わりを下にして、上からごま油を少量回し掛け、深めの耐熱皿に並べ、レンジ(500w)で3分加熱する。(豚肉の色が変わったらOK!)
※巻く時キムチでめっちゃ手が臭くなります←

温め終わったら、カイワレをトッピングし完成♡(チンするとキムチの水分がめっちゃ出るので気をつけて下さい)

*キムチの知識*

●腸内環境を整える・・・ビフィズス菌を増やし、整腸作用、便秘改善の効果が期待できます。
●代謝促進作用
・・・辛味成分であるカプサイシンはエネルギー代謝を促進させる効果がありキムチには肥満予防やダイエット効果があるとされています。
●美肌に期待!・・・野菜が豊富なキムチは、美肌に欠かせない栄養が豊富です。ビタミンCやβカロテン、ビタミンB群も含まれています。
●ナトリウムの取りすぎに注意・・・キムチは栄養豊富ですが、塩分も多く含まれています。腎臓に負担をかけたり高血圧やむくみの原因にもなるため気をつけましょう。

ポイント▼

白菜のキムチなので、チンするとめっちゃ水分が出るので深めのお皿を使用してください!豚キムチは確実に美味しいけど、大葉のひと工夫でさらにおいしくなっちゃいます(^^)キムチと大葉って意外と合うんです!ただ作る時本当に手が臭くなるのが難点・・そんな時はビニール手袋をして作ってください♡←

【大葉えのき巻き】
しその香りがイイ!さっぱり食べれます!

レシピ約2人分

●えのき        1袋  
●豚バラ薄切り肉    250g
●大葉         8
●☆しょうゆ                        大さじ2
●☆酒         大さじ3
●☆みりん       大さじ3
●☆ほんだし       少々
●塩コショウ       適量
●プチトマト       なくてもOK!彩り用として使いました!
                

*耐熱のお皿
*ラップ

 

【作り方】

えのきの根元を切り落とし、1センチ幅に切る。☆の調味料を合わせておく。
まな板に豚バラをひろげ、端に大葉をおいてその上にえのきをのせ、きつく巻いていく。巻く時にえのきがこぼれるのは気にしないで!みんな一緒よ。こぼれるのよ。←

全部巻き終わったら、耐熱皿にのせ全体に塩コショウをふる。
合わせておいた☆の調味料をかけてレンジ(500w)で4分ほど加熱。まだ赤い部分があれば1分ずつ追加で加熱してください。
プチトマト(飾り用)を適当に切りのせて出来上がり♡

 

*えのきの知識*

●疲労回復・・・えのきはキノコ類トップクラスのビタミンB1を含んでいるため疲労回復や代謝向上に効果があります。
●低カロリー
・・・えのきは100gで22キロカロリーで食物繊維を豊富に含んでいるのでダイエットにも向いています。
●貧血予防・・・必須ミネラルの1つである鉄分が含まれている。
●ストレスを和らげる・・・GABAとパントテン酸という成分が、副交感神経を活発にさせ心を落ち着かせる作用があります。

ポイント▼

えのきを巻く時しっかりきつめに巻いていくのがポイント!巻きづらいかもしれないけど火が通ればえのきは固定されるのでそんなに気にしなくても大丈夫です♡大葉の香りがとてもいい!

 

【玉ねぎのおろしステーキソースがけ】
甘くてやらかくてたくさん食べれる!おろしステーキソースがなければポン酢でも◎

レシピ約2人分

●玉ねぎ        1個  
●豚バラ薄切り肉    8枚くらい
●塩コショウ       適量
●あらびきコショウ    最後にかける用
●片栗粉         適量
●おろしステーキソース又はポン酢
            

*耐熱のお皿
*ラップ

 

【作り方】

玉ねぎは皮をむき、上下に切って縦に8等分に切る。まな板に豚バラをひろげ塩コショウをし、軽く片栗粉をふる。

端から玉ねぎをしっかりと巻きつけ、巻き終わりを下にして耐熱皿に並べる。ふんわりとラップをしてからレンジ(600w)で5分30秒加熱。お皿が焦げちゃいました(笑)おろしステーキソース又はポン酢をかけて、あらびきコショウを振り完成です♡

 

 

 

*たまねぎの知識*

●血がサラサラに・・・流化アリルという成分が血栓を溶かして血液をサラサラにします。
●加齢臭の予防
・・・疲労回復や血液がサラサラになることで加齢臭の予防につながります。
●アンチエイジング・・・たまねぎの抗酸化作用がアンチエイジングやお肌の細胞の調子を整える効果があります。
●むくみ解消・・・カリウムが含まれているのでむくみに効果があります。

ポイント▼

片栗粉は剥がれにくくするためのものなので、気にしない方は(面倒くさい方も)なくてもできます!私も面倒くさがりなんで今回は一応使ったけど次からは片栗粉使わない気がします・・←
豚肉が剥がれないようにするために巻き終わりは必ず下にしてくださいね(^^)
意外とたくさん食べれるのでこのレシピ玉ねぎを大量消費したい時にもおすすめですよ♪

 

豚肉特有の臭みを消す方法がある?

このレシピたちは実践済みなので大丈夫だと思いますが、たまに豚肉でも臭みが強いものもあって気になる時がありますよね(^_^;)そんな時に活躍するのが『あらびきコショウ』なんです!!
粗挽きコショウは普通のコショウよりも香りが立ち強いのが特長です。その香りが臭みをかき消してくれるんです!
ポイントは食べる前に振ること。
あとオススメは挽きたてがかけれるミル付きの粗挽きコショウが◎
(ミルとは・・・コショウを使う時にカリカリっと回して使ったことがある方はわかるかと思いますが、それがミルと言います)説明が雑い。

注意する点は、塩が一緒になったものは塩の加減が調節できないので✖️

 

 

一度試してみてください♡
他にも臭みを消す方法は、焼いたり温める際に「料理酒」をふりかけて臭みを消す方法。「生姜」を使うのも臭み消すのに使えますね。

ただ完成した後に気になる場合、かけて食べるとその違いがよくわかります!粗挽きコショウで解決できちゃいますよ(=゚ω゚)ノぜひおためしあれ♡

 

*豚肉は免疫力を高め、ビタミンもコラーゲンも摂れる!!

今回のレシピはすべて豚バラ肉を使ってきました。その豚肉の栄養をまとめてみました!

【豚バラに多く含まれる栄養】

たんぱく質・・・たんぱく質は体内で血液や筋肉など体をつくる原料になってくれるので、丈夫な体をつくるのには欠かせません。

ビタミンB1・・・疲労回復、夏バテ予防に効果的なビタミンB1は、牛肉や鶏肉の約10倍多く豚肉には含まれていて、糖質をエネルギー源に早く変える特徴があり、夏バテしたときだけではなく運動の後にも意識してとりたい栄養素です。さらに皮膚や粘膜の健康を維持する働きもあり美肌効果も期待できます♪

コラーゲン・・・美容に欠かせないコラーゲンは体の中で作ることができる成分ですが、年齢とともにその量が減っていってしまうため食物などから摂取することも大切です。

ナイアシン・・・ナイアシンとはビタミンB群の一種です。血行促進作用があり、冷え性の改善や血行不良による頭痛などにも効果的です。さらにアルコールの分解をし、二日酔いの元となるアセトアルデヒドの分解にも働きかけてくれます。

トリプトファン・・・脳や神経の働きを安定させる「セロトニン」の元になる成分で、安眠や頭痛の鎮痛作用などの効果が期待されています。

ロイシン・・・豚肉に多く含まれていて、筋肉組織の主成分となり太りにくい体をつくります。

オレイン酸・・・血液をサラサラにしたり、悪玉コレステロールを減少させたり、動脈硬化を予防などの効果があり、女性には嬉しい便秘解消効果もあります。

 

その他にも、骨や歯を構成するのに必要な、ミネラルであるカルシウムやリン、マグネシウム。またカリウムも含まれているので疲労回復、むくみにもいいです♪

と栄養もあり体にもいいことがわかります(^^)ですが今回は豚バラ肉を使っているため、一番脂身が多い場所です。豚も脂も体にはいいものの、取りすぎは肥満や血液がドロドロで生活習慣病などになる可能性があるため「体にいいからたくさん食べても大丈夫〜」とならないようにしましょう。

ただ今回のレシピのような野菜もしっかりとれているのであればそこまで気にする心配はないと思われます(^^)

 

【豚肉の豆知識】

 

*豚肉には栄養ドリンク並みのバランスでビタミンB群が含まれていると言われています。
*ビタミンB1は水溶性なので茹でるといった調理法だとビタミンが流れ出てしまいます。
*ビタミンB1が不足してくると、疲れやすかったり朝起きるのがつらかったり。
*疲れによる「乳酸」などの疲労物質を代謝によって分解してくれる効果があります。
*お酒やインスタント食品、お菓子など好きな方は糖質の摂取量が多くなるため、ビタミンB1が不足しがちです。

 

 

 

♡まとめ♡

 

体にいい豚バラ肉は脂身が多いため食べ過ぎは良くないですが、今回のレシピはすべて野菜をたっぷり使っているため、むしろ積極的にとってほしいレシピたちです(^○^)さらにレンジでの調理のためビタミンB1をしっかり摂取でき簡単です♡
いつもの献立にプラスしたり、夜巻いて仕込んでおいて朝チンして朝ごはんに、お弁当にもいいですね♪

レシピぜひ活用してください(^^)

 

 

おまけ?

 

さて問題です!この記事の途中に出てくるこの子。1つだけ違うところがあります♪(´ε` )

その違う子のレシピが私の一番好きなレシピです♡←どうでもいい

探してみてね♡笑

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る