おすすめのオーガニックシャンプー5選&シャンプーの選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「オーガニックのシャンプーってたくさんあってどれを選んでいいか分からない」
「なんとなく髪に良さそうだけど、オーガニックのシャンプーってどんなもの?」

と、オーガニックシャンプーについてしっかり理解しているという方は多くありません。最近人気のオーガニックですが、オーガニックとは「有機の」という意味があります。化学肥料や農薬を使わずに育てられたものをオーガニックと呼びますが、その定義は様々です。

オーガニックシャンプーと言っても、その内容はそれぞれ違うのです 。しかし、実際選ぶときにはどういうシャンプーを選べばいいか迷ってしまいますよね。今回は、おすすめのオーガニックシャンプーやオーガニックシャンプーの選び方についてご紹介します。

 

おすすめのオーガニックシャンプー5選

ザ パブリックオーガニック スーパーリフレッシュシャンプーSMS

公式HPはこちら

500ml 1,544円(税抜)

 

オーガニックオリーブオイルとアミノ酸系植物性洗浄成分で地肌を優しく洗うシャンプーです。

オレンジ精油とユーカリ精油を配合し、頭皮環境を整えながらアロマの香りでリフレッシュ効果も期待できます。さらさらのテクスチャーで泡立ちも良く、しっとりうるおってまとまる髪に仕上げます。

 

 

さくらの森|ハーブガーデン シャンプー

たび 引用:Amazon

公式HPはこちら

300ml 4,000円(税抜)

ハーブガーデンは天然由来成分100%のノンシリコンシャンプーです。

アミノ酸系洗浄成分、防腐剤や石油系界面活性剤を使わないこだわりのオーガニックシャンプー。シャンプーのベースに使う水は、7種類の厳選したオーガニックハーブから煮出したオーガニックハーブウォーターを使用。ユズセラミドやヒアルロン酸など保湿成分も配合した、頭皮と髪に優しいシャンプーです。

 

リーフ&ボタニクス シャンプー グレープフルーツ

公式HPはこちら

300ml 1,026円(税込)

植物性オイルからつくった液体石鹸と頭皮や髪に優しいアミノ酸系洗浄成分を配合したシャンプー。

カラーやパーマでダメージを受けた髪にもおすすめのシャンプーです。さわやかな柑橘系の香りでリラックス効果も期待できます。

 

ラ・カスタ アロマエステ ヘアソープ48

公式HPはこちら

300ml 2,160円(税込)

植物由来の成分で優しく洗い上げるエイジングケア用のシャンプーです。

アルガンオイルオーガニックやアボカド油、ホホバ種子油などの植物油やカモミルオーガニック、フランスカイガンショウ樹皮などのハーブエキスを配合したオーガニックシャンプーで健やかで美しい髪へと導きます。ジャスミンやネロリなどのフローラルハーブの香りで心と体をリラックスさせます。

 

MARKS&WEB ハーバルアミノシャンプー リラックス

公式HPはこちら

500ml 1,933円(税込)

低刺激のアミノ酸系洗浄成分と石鹸をブレンドした泡立ちの良いシャンプーです。

パーマやカラーで傷んだ髪にも配慮したシャンプーで、保湿成分にグリセリンを使用しています。ゼラニウム精油とカモミール精油を使用し、甘く優しい香りが特徴です。

 

オーガニックシャンプーの選び方

オーガニックシャンプーと言っても種類は様々。

どうやって選べばいいか迷ってしまいますよね。人それぞれ頭皮の肌質や髪質が違うように、合うシャンプーや合わないシャンプーも違います。自分にぴったりのオーガニックシャンプーを探すためのポイントを解説します。

 

オーガニックの成分をチェックする

 

「オーガニック」と書いてあるとなんだか良さそうなイメージがありますよね。しかし、オーガニックってどういうもののことなのでしょうか?

オーガニックとは「有機の」という意味ですが、細かい基準がたくさんあります。オーガニック食品の場合、農林水産省によりオーガニック認定を受けたものしか「オーガニック」と名乗ることができません。しかしオーガニックコスメの場合、日本にはオーガニックの認定機関がないためその基準は曖昧です。海外ではオーガニック認定機関によってオーガニックの認定が行われていますが、日本には明確な基準がないのです。

ですから、日本で販売されているオーガニックコスメの幅は広く、少しでもオーガニック成分を含んでいれば「オーガニック」と名乗ることができてしまうのです。オーガニックシャンプーも同じく、中にはほとんどオーガニック成分が含まれないものもあります。ですからオーガニックシャンプーを選ぶときには「オーガニック」という言葉だけで判断するのではなく、しっかり自分で成分をチェックすることが大切です。

 

買い続けられる価格を選ぶ

オーガニックシャンプーや無添加シャンプーなど、自然派シャンプーの特徴として「髪がきしむ」「ごわつく」といった印象をもつことが多いという点があります。これらは、それまで使っていたシャンプーに含まれる「使い心地を良くするための化学成分」が含まれていないために、こういった使い心地が悪くなったと感じてしまうのです。

オーガニックシャンプーの良いところは、自然から作られた成分を使ったシャンプーを使い続けることで髪本来の状態で健康的に育つことです。つまり、オーガニックシャンプーは続けて使うことが大切なのです。

ですから、無理をして高価なシャンプーを買ってしまうと続けることが難しくなってしまいます。オーガニックシャンプーを買うときは、価格もしっかり考えて買うことが大切です。続けて使い続けられる価格帯のシャンプーを選ぶことで、頭皮や髪の状態をキープすることができます。

 

さいごに

シャンプーは毎日使うものですし、地肌に触れるものですから原料や素材にはこだわりたいですよね。

オーガニックシャンプーは、そんな原料までこだわりたいという方にぴったりのシャンプーです。しかし「オーガニック」と書いてあっても、化学成分が使用されている商品は少なくありません。もちろん、肌や髪に良い影響を与えるものもありますから、化学成分が全て悪いというわけでもありません。

自分に合ったシャンプーを見つけるためには、広告や口コミだけでなく成分表をチェックする癖をつけると良いでしょう。様々なシャンプーを試して、成分をチェックすることで自分にぴったりのシャンプーを見つけることができます。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る