安全なシャンプーの選び方&コスパの良いおすすめシャンプー

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「毎日使うシャンプーはなるべく安全なものを使いたい。」

「シャンプーに安全じゃないものってあるの?」

というように、安全なシャンプーを使いたいけどどうやって見極めていいのか分からない…という方は多いのではないでしょうか?

 

実は、100%安全なシャンプーはありません。

それは、シャンプーの成分の中に洗剤と同じ「界面活性剤」が含まれているからです。

しかし、なるべく自分に合った低刺激なシャンプーを選んだり、正しくシャンプーを使用することでシャンプーの安全性を高めることができます。

 

今回は、安全性が高くコスパも良いおすすめのシャンプーのご紹介や、安全なシャンプーを選ぶポイント、シャンプーを安全に使うために大切なことについて解説します。

 

 

安全&コスパ良しのおすすめシャンプー3選

編集部がおすすめする、安全性が高くコスパの良いシャンプーを3つご紹介します。

安全なシャンプー選びに迷っている方はぜひ参考にしてみてください。

ただし、全ての人に安全というわけではありませんのでご了承ください。

 

haru 黒髪スカルプ・プロ シャンプー

公式HPはこちら

haru黒髪スカルププロは、100%天然由来成分で作られた無添加シャンプーです。

天然のうるおい成分が豊富に含まれているので広がってしまいがちな朝の髪もすっきりまとまる仕上がりになります。

リンスのいらないオールインワンシャンプーなので、これ1本でヘアケアが完了してコスパも良いです。

頭皮や髪に不要な成分が入っていないので、多くの方に安心して使っていただけるシャンプーです。

さくらの森 ハーブガーデンシャンプー

引用:Amazon.co.jp

公式HPはこちら

さくらの森ハーブガーデンシャンプーは、シャンプーのベースとなる水にオーガニックハーブウォーターを使用した天然由来成分100%のオーガニックシャンプーです。

厳選したオーガニックハーブだけを使用していて、頭皮や髪に刺激になる成分は使用していません。

また、頭皮や髪にやさしいアミノ酸系洗浄成分なので刺激を与えずに汚れをやさしく洗い流します。

定期コースでのお申し込みがお得です。

 

irodori モーガンズ ノンシリコンアミノ酸ヘアシャンプー(モイスト&フォレスト)

公式HPはこちら

モーガンズのシャンプーは、完全に無添加ではないものの頭皮に優しい成分を豊富に配合した頭皮や髪に優しい安全なシャンプーです。

髪に潤いを与える20種類のアミノ酸をはじめ、様々な植物成分が髪にうるおいを与えながら汚れを落とします。

すっきりとした香りで使い心地もよく、安心して使うことのできるシャンプーのひとつです。

安全なシャンプーを選ぶためのポイント

なるべく安全なシャンプーを選ぶためにはどんなことに気をつければいいのでしょうか?

シャンプー選びのときに気をつけたいポイントを3つご紹介します。

 

洗浄成分に注目して選ぶ

シャンプーの1番の目的は「頭皮や髪の汚れを落とすこと」です。

ですから、シャンプーに入っている成分で2〜5番目に多いのが「洗浄成分」です。

ちなみに1番多いのは水です!

 

どんな洗浄成分が配合されているかはシャンプーにとって大切なチェックポイント。

洗浄成分をチェックして安全かどうかを確かめるようにしましょう。

 

このときに見るのがどのシャンプーにも記載されている「成分表」です。

成分表はシャンプーに含まれる全ての成分が配合されている量が多い順に記載されています。

この2〜5番目の成分を見るようにしましょう。

 

洗浄成分は洗浄力によって自分に合うものが人それぞれ違います。

多くの方におすすめしたいのは「アミノ酸系洗浄成分」です。

アミノ酸は皮膚を作るタンパク質のもととなっている成分なので、頭皮や髪にも馴染みやすく刺激も少ないのです。

負担を少なく汚れを落とすことができるのでおすすめです。

 

アミノ酸系洗浄成分では洗浄力が足りないという脂性肌の方は洗浄力の強い高級アルコール系シャンプーや石けん系シャンプーを使ってみましょう。

ただし、洗浄力が強すぎると頭皮が炎症を起こしたり、雑菌が繁殖しやすい状態になるので注意が必要です。

 

無添加シャンプーに騙されない

安全なシャンプーと言われて思い浮かぶのが「無添加シャンプー」ではないでしょうか?

「無添加」という言葉を聞くと、安全そうなイメージを持ちますよね。

しかし、日本では「無添加」という記載に細かいルールがありません。

つまり、無添加だからといって不要な成分が全く含まれていないわけではないのです。

 

しかし、本当に成分にこだわった無添加シャンプーがあるのも事実です。

シャンプーに含まれる成分は数多くあり、全て把握することは私たちには難しいですよね。

成分表をみても、わからないことが多いです。

 

しかし成分表をみて、気になった成分を調べることでどんな成分が含まれたシャンプーなのかを知ることができます。

「無添加」という言葉だけに騙されずにシャンプーを選ぶことが大切です。

 

刺激の少ないシャンプーを選ぼう

肌質が人それぞれ違うように、頭皮や髪も人それぞれ違います。

合うシャンプー、合わないシャンプーも人によって違うので「これがいい!」とは言い切れないのがシャンプー選びの難しいところです。

 

それでも大切なのは「刺激が少ないこと」です。

洗浄力の強すぎるシャンプーで頭皮に必要な皮脂まで落としてしまったり、

頭皮に合わない成分が入っているシャンプーを使って炎症を起こしてしまったり。

シャンプーによる刺激は頭皮を危険な状態にしてしまいます。

 

安全性の高いシャンプーを選ぶときは、低刺激なシャンプーを選ぶと良いでしょう。

最終的には、実際に自分で使ってみるまで合う・合わないは分かりません。

しっかり選んだ上で、サンプルなどで試してみるのが確実な方法です。

 

シャンプーを安全に使うために気をつけること

安全性の高いシャンプーを選ぶことはとても大切ですが、使い方も注意しなければいけません。

正しく使うことで、より安全に頭皮や髪を洗うことができます。

シャンプーを安全に使うために気をつけたいことをチェックしていきましょう。

 

100%安全なシャンプーはない

まず、100%誰にでも安全なシャンプーは存在しません。

「安全」「安心」と謳われているシャンプーでも、頭皮や髪に合わないこともあります。

それは、頭皮や髪が人によって違うからです。

 

また、シャンプーは「汚れを落とす」ために使うものです。

ですから、どんなに安全と言われるシャンプーにも汚れを落とすための界面活性剤が使用されています。

洗浄力の強さはシャンプーによって異なりますが、どれも皮脂や汚れを洗い流す成分には変わりありません。

使い方を間違えると、皮脂の落としすぎや頭皮の炎症の原因になってしまいます。

 

「どんな人にでも安心・安全の魔法のシャンプー」は存在しません。

だからこそ、自分に合ったシャンプーを見極めることが大切だということを覚えておきましょう。

 

シャンプーが残らないようにしっかりすすぐ

では、どんな使い方をすれば安全にシャンプーを使用できるのでしょうか?

 

ポイントは「すすぎ」です。

シャンプーには汚れを落とすための「界面活性剤」が使用されています。

界面活性剤が頭皮や髪に残ってしまうと、雑菌が繁殖しやすくなったり、頭皮が炎症を起こしてしまう危険があります。

 

どんなシャンプーでも、しっかりとすすぐことがとても大切です。

耳のうしろや生え際、頭の後ろ側など、すすぎ残しやすいところを中心に念入りにすすぐことを心がけましょう。

泡がなくなっても、頭皮にシャンプーの成分が残っていることもあるので、指のはらを使ってしっかり洗い流しましょう。

 

自分の頭皮や髪に合ったシャンプーを使う

使っていて、頭皮がかゆくなってしまったり、炎症を起こしてしまうなどトラブルが起きるシャンプーはすぐに使うのを中止してください。

大切なのは「自分に合ったシャンプーを使う」ことです。

 

口コミやランキングで人気のシャンプーだからといって、自分に合うかは分かりません。

合わないシャンプーを使い続けるのは、頭皮にも髪にも悪影響を与えるのでやめましょう。

 

自分に合っているシャンプーが自分にとって安全なシャンプーです。

周りの口コミや宣伝に惑わされないように、シャンプーを選ぶことが最も大切です。

 

さいごに

毎日使うシャンプーですから、なるべく安全なものを使いたいと思うのは当然のことです。

しかし「安全」や「安心」という言葉に惑わされずに、自分に合ったシャンプーを選ぶことが重要です。

また、自分の頭皮や髪に合わないと感じた時は、すぐに使用をやめましょう。

頭皮や髪に負担をかけないシャンプーを毎日続けることが基本です。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る