敏感肌のためのクレンジングの選び方&スキンケアのポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

敏感肌はちょっとした刺激でもお肌が赤くなったりかゆみが出たりと悩みが多いですよね。

特にクレンジングは皮脂を落としすぎると乾燥の原因になるので、どんなクレンジングを使えばいいのか迷っている方も多いのではないでしょうか。

敏感肌はもともとの肌質という場合もありますが、スキンケアや生活習慣で改善できる場合もあるのです。

今回は、敏感肌の方におすすめのクレンジングや選び方、スキンケアのポイントについて解説します。

 

敏感肌のクレンジングの選び方

クレンジングはメイクを落とすために行うので、どんなに肌に優しいものを使っても肌に負担がかかってしまいます。

敏感肌にとって、肌への刺激は大敵です。なるべく肌に負担のかからないものを選びたいですよね。

そこで、敏感肌の方におすすめしたいクレンジングの選び方を解説します。

 

基準はメイクの濃さ

クレンジングの選び方の基本は「メイクの濃さ」です。

もちろん敏感肌・乾燥肌・オイリー肌などの肌質も重要ですが、基本的にはメイクの濃さで選びましょう。

クレンジングの目的はメイクを落とすことなので、その日のメイクに合わせてクレンジングを選ぶ必要があるのです。

ただし敏感肌の方は、濃いメイクをした場合に洗浄力の強いクレンジングを使うと肌荒れの原因になってしまう場合があります。

そんな時は、メイクの濃いアイメイクなどの部分だけポイントメイクリムーバーなどで先にメイクをある程度落としておくことで、肌に優しいマイルドなクレンジングでもすっきりと落とすことができます。

 

界面活性剤が少ないものを選ぶ

 

クレンジングはメイクを落とすために油分と水分を馴染ませやすくする「界面活性剤」という成分が入っています。

この界面活洗剤はメイクを落とすために必要な成分なのですが、多く含まれているとその分洗浄力が強くなってしまいます。

敏感肌の方は、本来肌にあるうるおい成分が少ない状態です。

界面活性剤が多く含まれるクレンジングを使用すると、肌のうるおいや皮脂を取りすぎてしまうので肌に強い刺激となったり乾燥の原因になってしまいます。

メイクをしっかり落とせる前提で、なるべく界面活性剤が少ないクレンジングや天然成分の界面活性剤が使用されているクレンジングを選ぶようにすると良いでしょう。

 

摩擦の少ないものを選ぶ

クレンジングする際に、肌に負担となるのは「摩擦」です。

オイルやリキッドなどの柔らかいテクスチャーのクレンジングは、メイクと馴染ませるときに指の力が直接肌へと伝わってしまうので、力が入ってしまうと摩擦が起きやすくなります。

そこで、敏感肌の方におすすめなのはミルクタイプやクリームタイプなどのテクスチャーが硬めのクレンジングです。

ミルクやクリームタイプは、しっかりと指と肌の間でクレンジングがクッションの役割を果たして摩擦を少なくしてくれます。

少しの摩擦でも毎日のクレンジングで積み重なることで、お肌にとっては大きな負担となってしまいます。特に敏感肌にとって摩擦は大敵です。なるべく摩擦の起きないクレンジングを選ぶことで肌への刺激を少なくしましょう。

 

プチプラも!敏感肌に人気のクレンジング5選

敏感肌の方はクレンジングによって肌状態が大きく変わってきます。

今回は「メイク落ちの良さ」「肌に優しい成分」「保湿力がある」など敏感肌の方でもしっかりとメイクを落とせるものを5つ厳選しました。

クレンジング選びで迷っている方は是非参考にしてみてください!

 

カウブランド 無添加メイク落としミルク

880円(税抜き)150ml

ドラッグストアで買えるプチプラのクレンジングミルクです。

敏感肌の方のために着色料・防腐剤・香料・品質安定剤・鉱物油・アルコールをカットした無添加のクレンジングなので安心して使えます。

また、お肌に本来あるうるおい成分であるセラミドを配合しているので保湿力も抜群です。

52017-02-05

ミルクですが、意外とよく落ちます。
濃いアイメイクは少しだけ残るので別で拭きとった方がいいです。
このレビューのURL

52016-12-22

やっぱこれがいい
クレンジングを切らしてしまい、
近所のお店に、この商品がなかったので、
他のミルクタイプのクレンジングを買いましたが、
ワタシには合わず、
改めて、カウブランドのが良いなと思ってます。
洗い上がりがツルンとして好きです。
このレビューのURL

 

42016-10-18

無添加商品をお試し中

パラベン系が苦手でなるべく無添加の商品を使用するようにしています。
ミルクタイプなのでメイクの落ちは弱いと思いますが、
普段から薄化粧で下地にチーク、パウダーと眉毛くらいを書くくらいなのである程度落ちます。
落としたあとは無添加石鹸を泡立てて洗顔しています。
まだ使用して3回目くらいなので良かったらお値段も安いのでリピートしようと思います!
このレビューのURL

ディセンシア つつむジェントルクレンジング

2,200円(税抜き)100g

敏感肌のためのブランド「つつむ」シリーズのクレンジングミルク。

肌にのせるとミルクがオイル状に変化しメイクをしっかりと落とします。

また、角質保護成分クパスを配合しておりお肌をしっとりと保湿するスキンケア効果もあります。

敏感肌のことを考えて作られているので、安心して使えますね。

口コミがあまりなく、アットコスメの口コミを参考にしました。
”刺激はあまりなくピリピリしないので安心して使えます”
保湿される感じはあるけどクリームが残っているんじゃないかと思うくらいしっとりするようです。スッキリしたい方には向いていないかもしれません。
もっと口コミをご覧になりたい方は@cosmeの公式サイト

 

スキンビル ホットクレンジングジェル

1,886円(税抜き)200g

スキンビルのホットクレンジングジェルは美容成分が90%以上配合されているので、肌のバリア機能を守りながらしっかりと汚れを落とします。

また、温感ジェルによって肌をやわらげ無理なく毛穴の奥の汚れまで落とすことができます。

W洗顔不要で肌にかけるダメージも少なく短時間でクレンジングと洗顔を完了できるので、敏感肌の方におすすめです。

52015-08-25

この価格にしてはよい!
ムース洗顔は朝、ホットクレンジングは夜に使用しています。
特に問題なしで、ムースの方は炭酸と書いてあったので
もっとシュワシュワするものだと思っていたが、優しいです。
洗浄力についてはしばらく使ってみてから検討します。
ムース洗顔は朝使っているからか、化粧のりが良いですよ。
このレビューのURL

 

52014-10-07

グレープフルーツの香りが爽やかで、じわ~っと顔が温かくなってとても気持ちいいです。洗い流した後もべたべたせずスッキリしっとりしているので、お肌にいい気がします。W洗顔も必要ないので、面倒くさいのは嫌だけど、少しでもお肌にいいものが欲しい方にはおすすめです。量も結構入っているのにリーズナブルなこともうれしい。
このレビューのURL

 

テラクオーレ ダマスクローズクレンジングミルク

3,500円(税抜き)125ml

オリーブオイルやオリーブ石けんを配合した95%以上がオーガニック成分のクレンジングミルクです。

天然成分でメイク汚れだけでなく皮脂やホコリなどの汚れまでしっかり落とすので、お肌のうるおいを守りながら洗顔まで完了。W洗顔不要です。

また、19種類もの植物成分配合なのでくすみのないみずみずしい肌をつくります。

敏感肌・乾燥肌の方に人気の商品です。

52015-11-01
ローズの香り

クレンジング中の香りが少しキツイかなと思ったのですが、洗い流してしまえば殆ど気になりませんでした。
洗い上がりは突っ張らずふっくらした肌になり、荒れ気味だった肌が少しずつ治ってきた様な気がします。
多分次もリピします。
このレビューのURL

 

42014-07-18

洗い上がりしっとり
私はローズの香りが苦手なので、少し香りが強く感じましたが嫌なほどではないと思います。次回はカモミールにしようかなぁ☆
テクスチャーはジェル寄りのミルククレンジングという感じで、手に取った時は柔らかいんですがメイクに馴染ませると重くなりオイルの様になります。
私はメイクが薄い方なので(化粧下地とパウダーのみ、マスカラはフィルムタイプ)すぐに落ちました。
そして一番嬉しかったのは目にしみない事です!
洗い上がりもしっとりなのにヌルつきもなく使い心地はかなり良いと思います。
パケも可愛いし、しばらくはリピすると思います☆
このレビューのURL

 

42014-04-10

使用感
凄く良いです。潤い保ってて、ヌメヌメな感じが全くなかったです。いつもダブル洗顔派なんですがこれは面倒なときはサボれます。笑
ただ、アイメイクは落ちにくいので別で落とすのを推奨します。
あと、濡れた手で使えないのは不便なので以前使っていた物にまた戻ると思います。
乾燥肌なのでかなり惜しいですが…(´・ω・`)
このレビューのURL

 

HANAオーガニック ピュアリクレンジング

3,334円(税抜き)150ml

天然成分100%のオーガニッククレンジングクリームです。

5種類の植物由来界面活性剤を使用しているので、洗浄力はありながらもお肌に優しいクレンジング。

また、オリーブオイルやココナッツオイルなどの皮脂に近い保湿成分が配合されているので皮脂の取りすぎを防いで乾燥の原因となる過剰な皮脂の分泌を調整してくれます。

オーガニックだから肌に大きな負担をかけません。

こちらも他の口コミがなかったため、アットコスメを参考にしてみました。
@cosmeの評価は3,2と低かったのですが、口コミ数が7件しかなくあまり知られていないのかな?と思いました。コメントには
”なぜこんなに評価が低いかわからない”という意見や”落ちない”など賛否両論でした。
ただ、こちらのクレンジングは【洗浄成分で最も肌に影響を及ぼす石油系の界面活性剤を一切排除】という点では敏感肌さんにはいいのではないでしょうか?
もっと口コミをご覧になりたい方は@cosmeの公式サイト

敏感肌が気を付けたいスキンケア

敏感肌は、お肌のバリア機能が低下している状態。

細胞は毎日生まれ変わっていますが、肌に必要な皮脂が不足していると刺激に肌が耐えられずに敏感肌へとなってしまいます。

そこで、クレンジング以外にも敏感肌の改善のために気を付けたいスキンケアのポイントを紹介します。

 

洗顔は石けんがおすすめ

クレンジングと同様、汚れを落とすために必ず毎日行う洗顔。

洗顔も汚れを落とすために界面活性剤が使用されています。

そこでおすすめしたいのが「洗顔石けん」です。

洗顔石けんに使用されている界面活性剤は「石けん」なので天然成分なんです。

これらの界面活性剤は、水で洗い流すと界面活性剤としての力がなくなってしまうという性質があります。

しかし、洗顔フォームなどに多く使用されている界面活性剤は人工的に作られたものなので、水で洗い流しても界面活性剤としての力は残り続けます。

肌に洗浄成分が残ってしまうとそのまま毛穴の汚れや肌トラブルの原因となってしまうのです。

つまり、天然の界面活性剤を使用している洗顔石けんはお肌にとってとても優しいのです。

特に刺激に弱い敏感肌の方は、是非洗顔石けんを使ってみることをおすすめします。

 

 

【無添加だから大丈夫と思ってない?おすすめ洗顔石鹸と選び方。】

【洗顔フォームはお肌に悪い!?本当に使うべき洗顔料とは??】

 

化粧水と乳液でしっかり保湿

敏感肌の原因の多くは乾燥によるものです。

乾燥を防ぐためにはなによりも「保湿」することが大切です。

クレンジングや洗顔料でも保湿成分が入っているものを選ぶのも良いですが、やはり洗顔後のスキンケアでしっかりと保湿をしましょう。

肌本来のうるおい成分、セラミド

ここでおすすめしたい保湿成分は「セラミド」です。

セラミドは肌の本来持っているうるおい成分のひとつで、年齢とともに量が少なくなってしまいます。

年齢を重ねると乾燥肌になる人が増えるのはセラミドが減少していることが理由のひとつです。

セラミドが配合されている基礎化粧品を使用することで、肌本来のうるおい成分を補給して保湿することができます。

その他にも保湿成分はたくさんありますが、敏感肌の方は特に肌を乾燥させないことを意識してスキンケアを行いましょう。

 

化粧水と乳液のそれぞれの役割

洗顔後はなるべく早く化粧水や乳液などのスキンケアを行うようにしましょう。

これは、洗顔後は汚れを落とした状態なので肌の内側の水分がどんどんと蒸発してしまうためです。

この水分を補給するのが化粧水の役割です。

そして、その水分が蒸発しないように肌にフタをするのが乳液やクリームの役割です。

基礎化粧品にはそれぞれ重要な役割があって、どれかをサボってしまうと乾燥肌の原因となってしまいます。面倒ですが、乾燥させないためにも敏感肌の方は特にしっかりと化粧水・乳液でしっかり保湿ケアをするようにしましょう。

 

ターンオーバーを整える生活習慣

肌は常に細胞が生まれ変わっていて、それをターンオーバーといいます。

敏感肌は、そのターンオーバーが早すぎる状態です。

ターンオーバーは早すぎても遅すぎてもいけません。遅いとくすみや黒ずみ、ニキビの原因になります。ターンオーバーを正常化するためには、スキンケアはもちろん毎日の生活習慣から見直す必要があります。

・ストレスを溜めない

・良質な睡眠をとる

・栄養バランスのとれた食事

 

など、日々の生活習慣の中で少し意識することで肌を内側からケアすることができます。

これらは、肌だけでなく身体にも良い影響を与えますし、毎日の生活が楽しく感じるなど精神的にも良い影響を与えます。

ただしこれらはすぐに効果が出るわけではなく、長く続けることで健康な肌を作っていくものですのでコツコツと毎日続けることが大切です。

敏感肌を改善するためには、こういった生活から根本的に意識や行動を変えていくことが美肌への第一歩になるでしょう。

 

さいごに

敏感肌のためのクレンジングについて解説してきました。

何よりも肌に負担をかけないこと、乾燥させないために保湿をすることが大切です。

敏感肌はもともとだからと諦めずに、改善していくためにも正しいクレンジングやスキンケアを毎日の生活に取り入れてみましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る