「無添加」に騙されない!正しいシャンプーの選び方ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

シャンプーを選ぶときに、なるべく髪や頭皮に優しい「無添加」のものを選んでいるという方は多いのではないでしょうか?

最近では、シャンプーの種類は数えきれないほど多く、無添加やオーガニック、ノンシリコンなど様々な「髪に良さそうなシャンプー」がありますよね。しかし「無添加」だから「髪に良い」と簡単に考えてはいませんか?実は無添加が全て良いというわけではないのです。

今回は、無添加のシャンプーを選ぶときのポイントや、オーガニックやノンシリコンとの違い、おすすめの無添加シャンプーをご紹介します。

 

無添加シャンプーの選び方

無添加のシャンプーを選ぶとき、なんとなく選んでいませんか?実は「無添加」には明確な基準がありません。それぞれのシャンプーによって、どんな成分が無添加なのかは様々です。無添加シャンプーを選ぶときに気をつけたいポイントを解説します。

 

どんな成分が無添加なのかをチェックしよう

無添加シャンプーを見極めるためには、シャンプーに書かれている「成分表」をチェックしましょう。シャンプーは配合している全ての成分を記載することが義務付けられているので、成分表を見ればどんな成分が含まれているかがすぐにわかります。「無添加」と書いてあっても、どんな成分が無添加なのかは商品によって様々なのです。

 

頭皮や髪に良くない成分が含まれていないかをチェックすることで、本当に無添加かどうかを確かめることができます。

ここでは、頭皮や髪に刺激になりやすい成分をいくつかご紹介します。

 

石油系界面活性剤

界面活性剤とは、汚れを落とす「洗剤」の役割をする成分です。市販の多くのシャンプーは洗浄成分にこの石油系界面活性剤を使用しています。大量生産が可能なので、安く手に入れることができるシャンプーに多く配合されています。

 

成分を見分けるには、

  • スルホン酸〜
  • ラウリル硫酸〜
  • ラウレス硫酸〜

と書かれているものが洗浄力の高い洗浄成分です。

成分表の2〜5番目あたりに書いてあるので、チェックしてみましょう。

 

鉱物油

鉱物油とは石油由来の油です。化粧品などにも使われている鉱物油は、精製されて配合されています。昔は精製が不十分な鉱物油が多く使われていたので、肌や体に悪影響を与えると言われていました。しかし、現在では精製技術が高まったため、鉱物油を使用しているからといって悪影響があるわけではありません。

鉱物油が含まれているから、肌や髪にとって悪いことはありませんが、栄養分などは含まれていないので肌に良いものでもありません。また、鉱物油は油ですから、頭皮や髪に膜をはってコーティングする役割があります。なるべく自然な髪にしたいという方や、べたつきが苦手な方、シンプルなシャンプーを使いたいという方は鉱物油は避けたほうが良いでしょう。

 

パラベン

パラベンは主に防腐剤として化粧品などにも使われている成分です。パラベンフリーの化粧品やシャンプーを多く見かけるようになり、「パラベン=悪いもの」というイメージを持つ方も多いのではないでしょうか。しかし、パラベンは安全性の高い成分だといわれています。パラベンは少量でも高い抗菌効果を発揮します。ですから、少量含まれているだけで化粧品を長期保存することができるのです。

パラベンは安全性が高く、シャンプーに含まれているからといって悪影響を与えるものではありません。ただ、敏感肌の方やアレルギーのある方にとっては刺激になってしまう場合もあるかもしれません。自分の肌質や髪質に合わせて、判断する必要があります。

 

アミノ酸系シャンプーがおすすめ

シャンプーの目的は「髪や頭皮の汚れを落とすこと」ですよね。シャンプーに含まれる成分の中で、水の次に含有量が多いのが「洗浄成分」です。無添加シャンプーを選ぶときには、まず「洗浄成分」に注目して選ぶと良いでしょう。

おすすめは「アミノ酸系シャンプー」です。

アミノ酸系シャンプーとは、洗浄成分にアミノ酸が含まれているシャンプーのことを指します。アミノ酸は、人間の皮膚をつくるタンパク質のもととなる成分なので、その他の成分に比べて肌や髪に馴染みやすいのが特徴です。無添加のシャンプーでも、頭皮や髪を優しく守りながら洗うことができなければ、あまり意味がありませんよね。

「無添加」だけで選ぶのではなく、自分の頭皮や髪に合ったシャンプーを選ぶことをこころがけましょう。

 

オーガニックやノンシリコンとの違い

無添加シャンプーと同じように、オーガニックシャンプーやノンシリコンシャンプーの人気も高まっています。どれも髪や頭皮に良さそうなイメージがありますが、どのような違いがあるのでしょうか?

なんとなく「良さそう」と選ぶのではなく、それぞれのメリットやデメリットを考慮して自分に合うシャンプーを選びましょう。

 

オーガニックシャンプーは天然由来成分を使った無添加シャンプー

オーガニック食品やオーガニックコスメなどの人気が高まっていて、オーガニックに興味のある方も多いのではないでしょうか。オーガニックとは「有機栽培」という意味で、農薬など化学肥料を使用しない土地で作られた植物で作られたものをオーガニックと呼びます。

オーガニックシャンプーは、そんなオーガニック成分を使用しているシャンプーのことです。ですから、オーガニックシャンプーも無添加シャンプーのひとつと言えます。より成分にこだわった無添加シャンプーと言うこともできるでしょう。

 

しかし、オーガニックシャンプーもまた、基準が明確ではありません。海外ではオーガニックの認証機関などがあり、しっかりと基準が決められていますが、日本ではまだそのような基準はありません。つまり、オーガニック成分が少しでも入っていれば「オーガニック」と名乗ることができてしまうのです。無添加シャンプーと同じように、オーガニックシャンプーを選ぶときには成分をしっかりチェックすることが大切なポイントです。

 

ノンシリコンシャンプーが髪に良い!は間違い

最近では多くのノンシリコンシャンプーが販売されていて、「シリコン=悪いもの」というイメージを持つ方もいるようです。

しかし、シリコンは頭皮や髪に悪影響を与える成分ではありません。ノンシリコンシャンプーだから頭皮や髪に良いというわけではないのです。

 

ノンシリコンシャンプーとは、シリコンを含まないシャンプー全てのことを言います。ですから、ノンシリコンシャンプーも無添加シャンプーのひとつです。シリコンは、髪をコーティングして刺激や熱から髪を守ったり、指通りをよくする役割があります。シリコンシャンプーからノンシリコンシャンプーに変えたときに「髪がきしむ」と感じる方が多いのはこのためです。

シリコンが含まれていることで、ツルツルの指通りの髪に仕上げたり、外部からの刺激や熱から髪を守るというメリットがある一方、髪が重く感じたりコーティングされていることでトリートメントなどの栄養成分が浸透しにくいというデメリットがあります。

ノンシリコンシャンプーを使うことで、髪を軽やかな仕上がりにしたり、カラーやパーマがかかりやすくなったりします。それぞれにメリットとデメリットがあるので、どちらが良いというものではありません。自分の仕上がりの好みや髪質などに合わせて、シリコンかノンシリコンかを選ぶようにしましょう。

 

 

おすすめの無添加シャンプー3選

カウブランド 無添加シャンプー さらさら

公式HPはこちら

牛乳石鹸のカウブランドのシャンプーは天然由来アミノ酸系洗浄成分を配合した弱酸性の無添加シャンプー。

ノンシリコンなので洗い上がりは根元から軽やかな仕上がりになります。

配合されている成分が少なくシンプルなので敏感肌の方でも安心して使えます。

 

haru 黒髪スカルプ・プロ

公式HPはこちら

haru黒髪スカルププロは天然由来100%の無添加シャンプーです。洗浄成分にはアミノ酸系洗浄成分を使用し、頭皮にやさしく汚れをしっかり洗い流します。

5種類のオイルを配合しているので洗い上がりもキシキシせずになめらかに。22種類の天然エイジングケア成分を配合し、健康的で美しい髪を育てます。

トリートメントやリンスがいらないオールインワンタイプなのも特徴です。

 

ハーブガーデン シャンプー

出展:Amazon

公式HPはこちら

ハーブガーデンは天然由来成分100%の無添加オーガニックシャンプーです。

7種類の厳選したオーガニックハーブを使用したオーガニックハーブウォーターをベースに配合しているこだわり。アミノ酸系洗浄成分で、頭皮にダメージを与えずに毛穴の汚れをすっきり落とします。

ユズセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分も配合しているので、うるおうなめらかな髪へと仕上げます。

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る