シャンプーで頭皮を乾燥させてない?おすすめ6選&選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「シャンプーを変えたら乾燥が気になるようになった…」

「髪が乾燥するのを防ぐシャンプーが欲しい」

というように、頭皮や髪の乾燥に悩んでいる方は少なくありません。

 

多くの場合、頭皮や髪の乾燥は洗浄力の強すぎるシャンプーが原因です。

汚れだけでなく、頭皮に必要な皮脂まで落としてしまっていませんか?

 

今回は頭皮の乾燥の原因やおすすめのシャンプー、乾燥を防ぐシャンプーの選び方について解説していきます。

シャンプーによる頭皮や髪の乾燥にお悩みの方はぜひ最後までチェックしてみてくださいね!

 

頭皮の乾燥はシャンプーの洗浄力が原因

頭皮や髪が乾燥してしまう原因のひとつに「シャンプーの洗浄力」があります。

わたしたちの頭皮は、肌と同じようにとてもデリケートで乾燥しやすい部分です。

 

頭皮のうるおいに大切な「皮脂」

一般的に「皮脂」というと、テカリやべたつきの原因となるもので「しっかり洗い流さなければ!」と思ってしまわれるものです。

しかし、頭皮や肌にとって皮脂はなくてはならないもの。

皮脂は、自らがつくりだす「天然の保湿クリーム」とも呼ばれるほど、頭皮や肌のうるおいに欠かせません。

そんな皮脂をシャンプーで洗い流しすぎてしまうと、頭皮は油分が不足して乾燥した状態になってしまうのです。

 

市販のシャンプーは洗浄力が高すぎる

市販のシャンプーの多くは、価格を抑えるために大量生産が可能な「高級アルコール系洗浄成分」を使用しています。

高級アルコール系洗浄成分は、名前に「高級」とありますが価格は安い洗浄成分です。

石油系界面活性剤を使用したものなので、洗浄力が高く、食器用洗剤などにも使われています。

これらを使うことで、頭皮に必要な皮脂まで洗い流してしまい、頭皮や髪の乾燥を引き起こしてしまいます。

 

乾燥を防ぐには洗浄力の強すぎないシャンプーを使おう

頭皮の乾燥には、シャンプーの「洗浄成分」が大きく関係しているのです。

頭皮が乾燥してしまうと、髪のパサつきや頭皮の炎症、かゆみやフケなどの頭皮トラブルの原因にもなってしまいます。

乾燥を防ぐためには、まずシャンプーを中心に頭皮ケアを行う必要があります。

 

乾燥肌におすすめのシャンプー3選

頭皮の乾燥に悩んでいる方におすすめのシャンプーを3つご紹介します。

どれも頭皮や髪に優しい洗浄成分を使用している、おすすめのシャンプーです。

 

haru 黒髪スカルプ・プロ

公式HPはこちら

haru黒髪スカルププロは、天然由来成分100%の無添加シャンプーです。

ヤシの実由来の洗浄成分が頭皮を守りながらやさしい泡で汚れを洗い流してくれます。

また、22種類のエイジングケア成分や4種類のうるおい成分が頭皮と髪にうるおいを与えて健康的な髪を育てます。

トリートメントやリンスが不要なオールインワンタイプなのでシャンプーの時短にもなって、忙しい女性におすすめです。

 

モーガンズ ノンシリコンアミノ酸ヘアシャンプー(リッチ&フローラル)

公式HPはこちら

モーガンズのヘアシャンプーは19種類のアミノ酸成分を配合した頭皮にやさしい自然派シャンプーです。

優れた保湿力を持つハイビスカス花エキスや補修力の高いブドウ種子油など様々な植物成分を配合。

その他にもヒアルロン酸やはちみつなど天然成分を贅沢に配合しているので、少ない負担で頭皮や髪にうるおいを与えるシャンプーです。

 

クイーンズバスルーム 薬用ヘアソープ

公式HPはこちら

クイーンズバスルームの薬用ヘアソープはくせ毛専用シャンプーとしても人気のシャンプーです。

頭皮や髪を守りながら汚れを落とすために、アミノ酸洗浄成分と植物性洗浄成分を独自のバランスで配合しています。

また、シャンプー時の髪同士の摩擦を軽減するために漢方にも使われる高級成分から抽出した保湿成分を配合。

頭皮と髪をしっかり保湿成分で守って洗います。

 

頭皮のフケやかゆみにおすすめのシャンプー3選

頭皮が乾燥してしまうと、フケやかゆみなどの頭皮トラブルが起こりやすくなってしまいます。

頭皮のフケやかゆみには、保湿力のあるシャンプーはもちろん炎症をおさえる効果が期待できる薬用シャンプーがおすすめです。

スカルプDボーテ 薬用シャンプー (ボリューム)

公式HPはこちら

アンファーのスカルプDボーテ薬用シャンプーは天然植物由来の頭皮ケア成分を贅沢に配合したシャンプーです。

女性の頭皮に重要な女性ホルモンに注目し、厳選した3種類の国産大豆をブレンドしたソイセラムを配合しています。

また頭皮のフケやかゆみを防ぐ有効成分、ピロクトンやオラミンを配合し、頭皮トラブルに効果的です。

ノンシリコンなのでふわっとボリュームのある髪へと仕上げます。

 

 

ミノン 薬用ヘアシャンプー

公式HPはこちら

ミノン薬用ヘアシャンプーは植物性アミノ酸系洗浄成分を配合した薬用シャンプーです。

サルフェートフリー、アレルギーの原因物質を極力カットした、小さなお子様にもお使いいただける優しいシャンプー。

頭皮のフケやかゆみを防いだり、頭皮の汗臭を防ぐなどの効能があるので、頭皮トラブルにお悩みの方にもおすすめです。

ラサーナ 薬用シャンプー

公式HPはこちら

ラサーナ薬用シャンプーは加齢によるフケやかゆみに効果的なエイジングケアシャンプーです。

11種類の海藻をオリジナルブレンドし、カンゾウ由来成分の生薬がフケ・かゆみや頭皮の炎症を抑え、清潔な頭皮を保ちます。

頭皮にうるおいを与える4種類の植物エキスを配合し、過剰な皮脂を抑え健康的な頭皮へと導きます。

乾燥を防ぐシャンプーの選び方

頭皮が乾燥しているとフケやかゆみなどの頭皮トラブルが起きてしまうだけでなく、髪がパサついてしまったり広がってしまいやすくなるなど、困ってしまうことも多いです。

シャンプーで乾燥を防ぐためには、自分に合ったシャンプーを選ぶことが大切。

 乾燥を防ぐためのシャンプーの選び方を解説します。

 

アミノ酸系シャンプーを選ぼう

シャンプー選びで最も注目したいのが「洗浄成分」です。

洗浄力が強すぎるシャンプーを使うことは、頭皮の乾燥の大きな原因になってしまいます。

 

頭皮の乾燥を防ぐためにおすすめなのが「アミノ酸系洗浄成分」です。

アミノ酸系洗浄成分とは、洗浄成分にアミノ酸が含まれたもののことを言います。

アミノ酸は、皮膚をつくるタンパク質のもととなる成分なので、頭皮や髪にも馴染みやすく、負担や刺激が少ないのが特徴です。

 

洗浄力がマイルドなので、皮脂の落としすぎを防いでうるおいを守ることができるというメリットもあります。

逆に、皮脂量が多い方にとっては洗浄力が弱すぎて頭皮のべたつきや毛穴の詰まりの原因になるというデメリットもあるので、自分の肌質や皮脂量に合わせて選んでいく必要があります。

 

頭皮や髪の状態に合わせて選ぶ

肌質に合わせてスキンケアを選ぶように、シャンプーは頭皮や髪の状態に合わせて選ぶようにしましょう。

 

例えば、

  • 毛先がパサついていたり広がってしまっている状態なら保湿効果の高いシャンプー
  • 頭皮のフケやかゆみ、炎症に悩んでいるなら薬用シャンプー
  • 頭皮や髪のべたつき、ボリュームのなさが気になるならノンシリコンシャンプー

などというように、自分の頭皮の肌質や髪の状態に合わせて、適したシャンプーを選ぶことが大切です。

 

ランキングや口コミで人気のシャンプーでも、自分に合っているとは限りません。

自分に合ったシャンプーを選ぶためには、まず自分の頭皮や髪の状態をよくチェックしてみましょう。

 

頭皮に負担の少ないものを選ぶ

頭皮は肌と同じくとてもデリケートです。

特に、乾燥している状態や乾燥しやすい肌質の方の場合は、刺激を受けやすくなってしまいます。

 

しっかり頭皮ケアを行いたいという場合は、なるべく頭皮に負担の少ないシャンプーを選ぶようにしましょう。

頭皮に負担の少ないシャンプーは、余計な成分が含まれていないものです。

わかりやすいもので言えば香料や着色料など「頭皮や髪を洗うこと」に必要のないものが含まれていないものがよいでしょう。

 

頭皮に合う成分・合わない成分は人によって違います。

刺激や負担を少なくするためには、成分が少なくシンプルなシャンプーを選ぶのが失敗が少ないです。

アレルギーがある場合はもちろん、ない方でも配合される成分をチェックして選ぶようにしましょう。

 

さいごに

頭皮を清潔に保つためにしているシャンプーが、頭皮を乾燥させてしまっているという方は意外にも多いです。

ケアしているつもりでも、逆に負担をかけてしまっているかもしれません。

頭皮の乾燥は、常に予防していくことが大切です。

シャンプーの洗浄成分や保湿成分に注目して、自分に合ったシャンプーを見つけましょう。

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る