【香りタイプ別】人気のシャンプーランキング&使い方ポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

シャンプーを選ぶときに「香り」をポイントにしている方は多いのではないでしょうか?

毎日使うシャンプーなので、好きな香りで癒されたいですよね。また、良い香りのシャンプーを使うことでふわっと髪から良い香りがするので、お風呂の時間以外でも良い気分になります。

今回は、香りタイプ別に人気のシャンプーをランキング形式でご紹介します。香りを持続させるためのシャンプーの方法なども解説するので、ぜひチェックしてみてくださいね!

 

【香りタイプ別】人気のシャンプーランキング9選

香りタイプには様々な種類があり、それぞれ好みも人によって違います。

今回は、たくさんある香りの中から大きく3つの種類を選んでご紹介します。

  • フローラル系の香り
  • 石けんの香り
  • 植物系の香り

 

自分の好みの香りから選んでみてください。

また、ランキングは独自に口コミや髪へのダメージの少なさ、価格などを総合的に判断しています。

 

フローラル系の香り

フローラルの香りはローズなどの花の香りです。女性に人気の香りですが、好き嫌いも別れる香りではないでしょうか。市販のシャンプーには比較的種類の多い香りでもあるので、選びやすい香りであるとも言えます。

 

【1位】クラシエ|いち髪 なめらかスムースケア

Amazonより

480ml オープン価格

山桜の香り

いち髪はみずみずしいフローラルの香りが人気のシャンプーです。ノンシリコンシャンプーなので、髪本来の美しさを取り戻すことができます。

また、補修・予防成分として「純・和草プレミアムエキス」を配合し、ダメージを受けにくい予防美髪効果が特徴です。

 

【2位】ラックス|ルミニーク ダメージリペアシャンプー

450g オープン価格

ローズとピーチのデュアルアロマ

ラックスのルミニークはリッチなノンシリコンシャンプーです。パサつきやきしみが気になるノンシリコンシャンプーですが、ルミニークは保湿成分にオーガニックホホバオイルを配合。なめらかな指通りの髪へと整えます。

ダマスクローズエキスを配合し、夜も朝も爽やかな香りが続きます。

 

【3位】ロクシタン|ローズベルベットシャンプー

240ml 2,600円(税抜)

ロクシタンローズの香り

ロクシタンのローズベルベットシャンプーは人気の高いロクシタンローズの香りです。ノンシリコンシャンプーで、きめ細かい泡が特徴です。

バスルームに広がるロクシタンローズの香りに癒されながら、なめらかでつややかな髪に洗い上げます。

 

石けん系の香り

石けんの香りは爽やかで清潔感があり、自然な香りなので幅広く愛されている香りです。きつい香りが苦手な方や、お子さんなどにおすすめの香りですね。

 

【1位】第一三共ヘルスケア|ミノン 薬用シャンプー

450ml オープン価格

ミノンは植物性アミノ酸系洗浄成分を配合した髪や頭皮に優しいシャンプーです。硫酸系界面活性剤を使わないサルフェートフリー処方やアレルギーの原因物質を極力カットし、敏感な頭皮を守ります。

ほのかな石けんの爽やかな香りで強い香りが苦手な方にもおすすめです。

 

【2位】牛乳石鹸|カウブランド 無添加シャンプー さらさら

500ml 1,000円(税抜)

カウブランドは地肌に優しいアミノ酸系洗浄成分配合の弱酸性シャンプーです。ノンシリコンなので髪をさっぱり洗えて指通りもさらさら。無添加だから敏感肌でも安心して使えます。

ほのかに香る爽やかな香りは、香りをほとんど感じないほどなのでシャンプーの香りが苦手な方におすすめです。

 

【3位】花王|キュレル シャンプー

420ml オープン価格

キュレルのシャンプーは保湿成分「セラミド」を守りながら頭皮の汚れをしっかり落とすシャンプーです。植物由来の消炎剤配合なので乾燥・フケ・かゆみなどの頭皮トラブルを防ぎます。

弱酸性・無着色・無香料なので赤ちゃんにも使えて、シャンプーのほのかな清潔感のある香りです。

 

植物系の香り

ハーブなどの植物系の香りはオーガニックシャンプーなどに多いですね。ナチュラルな香りなので、香りが消えてしまうのが早いものがあります。自然な香りを楽しみたいという方におすすめです。

 

【1位】さくらの森|ハーブガーデン

Amazonより

300ml 4,000円(税抜)

ハーブガーデンは天然成分100%にこだわったノンシリコンのアミノ酸系シャンプーです。7種類のオーガニックハーブを使用し、爽やかな香りだけではなく髪や頭皮を健康的に育てるミネラルをしっかり補給します。

しっかりと毛穴を洗浄しヒアルロン酸などでたっぷり保湿。髪のダメージやハリ・コシが気になる方におすすめです。

 

【2位】john masters organics|S&Mスキャルプシャンプー(スペアミント&メドウスイート)

236ml 2,808円(税込)

世界中で愛されるオーガニックヘアケア・スキンケアブランドのジョンマスターオーガニック。スペアミントやユーカリの香りで洗った後にも爽快感を感じることができます。収れん作用のあるセイヨウナツユキソウ根エキス(メドウスイート)を配合し、洗い上がりの頭皮をケアします。

頭皮のべたつきが気になる方や、オーガニックにこだわりのある方、爽快感が欲しい方におすすめのシャンプーです。

 

【3位】ダイアンボタニカル|リフレッシュ&モイストシャンプー

480ml 924円(税抜)

ダイアンボタニカルは90%以上が天然由来成分のシャンプーです。こだわりの植物由来洗浄成分にオリーブ洗浄成分を配合し、オイルクレンジング効果で頭皮の汚れをすっきり洗い上げます。

8種のオリジナルレアオイルでたっぷり保湿効果もあり、さわやかな香りを楽しむことができます。

 

香りを持続させるシャンプーの使い方ポイント

好きな香りのシャンプーを手に入れたら、なるべく長く良い香りを持続させたいですよね。良い香りを持続させるためには、しっかりと頭皮や髪の汚れを落としてシャンプーの成分を髪に浸透させることがポイントです。

最後に、髪を美しく保ちながら香りを持続させるポイントをご紹介します。

 

髪をしっかり濡らしてからシャンプーをする

髪が乾いた状態にシャンプーをつけることはないと思いますが、髪全体をしっかり濡らしていますか?少しだけ濡らしてシャンプーを泡だててしまっていませんか?

 

実は、髪についた汚れはシャワーだけでもある程度落とすことができます。シャンプーの前には、必ずしっかりと髪を濡らして落とせる汚れを落としておきましょう。また、髪をしっかりと濡らすことによってシャンプーの泡立ちもよくなり、香りも持続しやすくなるのです。シャンプーを泡立たせるためにも、髪の汚れをしっかり落とすためにも、シャンプーの前の予洗いは重要です。

 

泡はよくすすぐ!シャンプーを残さない

シャンプーの泡は必ずしっかりとすすぎましょう。シャンプーをしていると目を開けにくくなるので、なかなか確認ができませんよね。ですから「すすげたかな?」と思ってから2〜3倍の時間をかけて丁寧にすすぐように意識しましょう。

シャンプーがしっかりすすげずに、頭皮や髪に残ってしまうと毛穴の詰まりや頭皮トラブルの原因となります。また、シャンプーのすすぎのこしが背中などにもついてしまった場合、背中ニキビの原因になってしまいます。シャンプーをすすいだあとは、体全体をしっかり洗ってシャンプーが残らないようにすることがポイントです。

 

シャンプーとコンディショナーやトリートメントを統一する

多くの方が、シャンプーの後にコンディショナーやトリートメントを使用します。なるべく香りを持続させるためには、ライン使いがおすすめです。シャンプーやトリートメントなどはラインごとに同じ香りで作られているため、ライン使いをすることで複数の香りが混ざることがありません。また、それぞれセットで使うことを前提に作られているので、成分などもバランスよく髪に補給することができるでしょう。

少し気分を変えたいというときは、タオルドライの後に好みの香りのヘアオイルなどを使用するのがおすすめです。香りでリフレッシュできるだけでなく、ドライヤーの熱から髪を守ってくれます。

 

よく乾かす

よく自然乾燥をしてしまう方がいらっしゃいます。しかし、髪は肌と同じようにしっかりケアをしてあげないと水分が蒸発して乾燥してしまうのです。

せっかくシャンプーでよい香りになっても、自然乾燥をしてしまうと生乾きの匂いに変わってしまいます。シャンプーのあとは、しっかりタオルドライで水分を拭き取ってから、ドライヤーで乾かしましょう。しかし、ドライヤーを髪に近い距離で使うと熱によるダメージを受けてしまうので、少し離して丁寧にドライヤーをかけましょう。

その際に、洗い流さないトリートメントやヘアオイルを使うことで保湿効果や髪を守る効果が期待できるのでおすすめです。

 

シャンプーやトリートメントでしっかりケアをしていても、よく乾かしていなければあまり意味がありません。また、髪が湿った状態で寝てしまうと、髪に癖がついてしまうということもあります。シャンプーのあとは必ずしっかり乾かすことがポイントです。

 

さいごに

シャンプーの香りはバスタイムだけでなく、日中風に吹かれたときや、髪を解いたときなどにふわっと香ってリフレッシュできますよね。シャンプーの成分や種類も大切ですが、好きな香りのシャンプーを選ぶのも大切です。

しかし、香りが好みでも髪にあっていないシャンプーを使い続けていても、髪はダメージを受け続けてしまいますよね。自分の髪に合うシャンプーの中から、好みの香りを選ぶようにしましょう。

健康な髪を保ちながら、好みの香りを楽しめるシャンプーを見つけられると良いですね。すあ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る