シャンプーの種類とは?メリットとデメリット&選び方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「シャンプーって種類がありすぎて、どれを選べばいいのか分からない」

「自分に合うシャンプーの種類ってなんだろう?」

とシャンプーの種類について知りたいという方は多いのではないでしょうか?

 

毎日何気なく使っているシャンプーですが、実はそれぞれ種類があります。

種類によって、配合される成分が違うので合うものや合わないものがあるのです。

 

今回は、シャンプーの種類や最近よく聞くノンシリコンシャンプーのメリットとデメリット、シャンプーの選び方のポイントを解説します。

シャンプーの種類は3種類

シャンプーは大きく分けて3つの種類があります。

  • 石けん系シャンプー
  • 高級アルコール系シャンプー
  • アミノ酸系シャンプー

それぞれ、配合されている洗浄成分によって分けることができます。

 

洗浄力や洗い上がりなど、それぞれによって特徴が違います。

自分に合うシャンプーを探すために、まずはシャンプーの種類の特徴について理解しましょう。

 

石けん系シャンプー

石けん系のシャンプーは、石けんの力で汚れを落とすシャンプーでアルカリ性のものを指します。

石けんは古くから使われている界面活性剤で、紀元前から洗剤として使用されてきました。

 

そんな石けんのシャンプーの特徴は洗浄力の強さです。

天然の界面活性剤なので、安全性が高くしっかりと汚れを落とすことができます。

また、頭皮が弱い方なども安心して使うことができます。

 

しかし、石けんで肌を洗うとつっぱりを感じるように、弱酸性である肌に対して石けんはアルカリ性です。

そのため石けんシャンプーをつかうと髪がキシキシすると感じます。

コンディショナーやトリートメントなどでケアしてあげると良いでしょう。

 

ドラッグストアで簡単に手に入れることができ、価格もお手頃なものが多いので身近なシャンプーであると言えます。

 

高級アルコール系シャンプー

高級アルコール系シャンプーと聞くと「高級感」があるように感じますが、実は販売されているほとんどのシャンプーがこの「高級アルコール系シャンプー」なのです。

「高級」とは泡立ちがよくなるように炭素数が多く含まれていることを意味しています。

 

石けんとは異なり、こちらは石油由来の合成界面活性剤を使用しているものが多いので洗浄力も強いです。

洗浄力が強いので、髪や頭皮のべたつきが気になる方、脂性肌の方はしっかりと皮脂を落とすことができます。

洗った後のさっぱり感もある、安価で手に入るため広く使われているシャンプーです。

 

しかし、洗浄力が強いため肌に必要な皮脂まで落としてしまう危険があります。

シャンプーで頭皮のかゆみや乾燥などのトラブルを感じてしまうのは、皮脂を落としすぎているからです。

頭皮も、肌と同じく適度な皮脂が必要です。

敏感肌や乾燥肌など、肌の弱い方には洗浄力が強すぎるので注意が必要です。

 

アミノ酸系シャンプー

アミノ酸系シャンプーは、高級アルコール系シャンプーや石けん系シャンプーとは異なり、界面活性剤にアミノ酸を使用しているシャンプーのことを指します。

 

アミノ酸は肌や髪に優しい成分なので、刺激をあまり与えずに髪を洗うことができます。

主なアミノ酸系の界面活性剤は「グルタミン酸・グリシン・メチルタウリン・メチルアラニン」などがあります。

敏感肌や乾燥肌、頭皮のかゆみやフケが気になるという方におすすめのシャンプーです。

 

一方、アミノ酸系のシャンプーは高級アルコール系シャンプーや石けん系シャンプーに比べて洗浄力がマイルドなので、脂性肌や皮脂が多く毛穴が詰まりやすい方には物足りない洗浄力だと言えるでしょう。

アミノ酸系シャンプーでべたつきを感じる場合は、使用を避けるようにしましょう。

また、アミノ酸系シャンプーはアミノ酸を使用しているため、他のシャンプーに比べて価格が高いものが多いです。

 

ノンシリコンシャンプーとは

最近CMなどでもよく耳にする「ノンシリコンシャンプー」ですが、どういったものなのでしょうか?

「なんとなく髪によさそうという印象はあるけど、どんな違いがあるのか分からない」という方は多いのではないでしょうか。

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違いや、メリットとデメリットをチェックしましょう。

 

シリコンシャンプーとノンシリコンシャンプーの違い

シャンプーに含まれるシリコンは、髪をコーティングする役割をします。

シリコンシャンプーを使うことでシリコンが髪をコーティングするので、ドライヤーの熱から髪を守ったり、触り心地の良い髪になります。

しかし、シリコンによって髪に負担がかかってしまうこともあり、髪質によってはべたつきを感じてしまいます。

 

一方ノンシリコンシャンプーがシリコンが含まれていないので、髪がコーティングされることはありません。

自然な髪の状態になり、さっぱりとした洗い上がりです。

シリコンシャンプーのようなツルツルした触り心地にはなりませんが、自然なサラサラ髪になります。

髪がへたってしまう方や、べたつきが気になる方にはおすすめです。

 

ノンシリコンシャンプーと聞くと髪に良いイメージを持ってしまいますが、その違いはシリコンが入っているか入っていないかという違いだけです。

無添加やオーガニックのシャンプーとは異なるので注意しましょう

どちらにもメリットとデメリットがありますので、自分の髪に合った方を選びましょう。

 

ノンシリコンシャンプーのメリット

良質なノンシリコンシャンプーを使うことで、髪や頭皮は健康的な状態になります。

ノンシリコンシャンプーを使うメリットをいくつかご紹介します。

 

頭皮の乾燥を防ぎ、健康的な状態に

頭皮も肌と同じように、皮脂を落としすぎることで乾燥してしまいます。

良質なノンシリコンシャンプーは、汚れや不要な皮脂を落としながらも、皮脂を落としすぎずに洗うことができます。

また適度な洗浄力があり、シリコンによるコーティングがないので、シャンプー後のトリートメントも浸透しやすくなります。

 

洗浄力が強すぎるシャンプーによって、頭皮が乾燥してしまったりかゆみがある方におすすめです。

乾燥がひどい場合などは、肌と同じように頭皮用のケアでしっかり保湿をしてあげると良いでしょう。

 

髪が軽く、サラサラな手触りになる

シリコンシャンプーを使うと、コーティングされる分ツルツルとした触り心地になりますが、ノンシリコンシャンプーの場合は自然なサラサラの触り心地になります。

また、コーティングがないため髪全体が軽く感じられ、使い続けることで健康的なツヤも出てくるでしょう。

コーティングされない分、ふんわりとしたボリュームのある髪になります。

 

髪がペタッとしてしまう方や、べたつきが気になる方にはおすすめです。

 

パーマ・カラーの持ちがよくなる

ノンシリコンシャンプーを使うことで、髪にパーマやカラーの薬剤が浸透しやすくなります。

シリコンによるコーティングがないので、その分しっかりと浸透するからです。

 

より自然な状態の髪にパーマやカラーをする方が、効果的と言えます。

パーマやカラーがすぐに落ちてしまうという方におすすめです。

 

ノンシリコンシャンプーのデメリット

シリコンによるコーティングがないので、髪にとってデメリットもあります。

ノンシリコンシャンプーを使う前にチェックしておきましょう。

 

髪がきしむ・からまりやすくなる

シリコンシャンプーからノンシリコンシャンプーに変えると、手触りの変化を感じます。

これまでシリコンが髪をコーティングしツルツルとした触り心地だった髪が、ノンシリコンに変えた時にきしんでしまうことも多いです。

全ての方がきしむという訳ではありませんが、コーティングがなくなる分、シリコンシャンプーのツルツル感は失われてしまいます。

 

もともとの髪が傷んでいたり、パサついている場合、こういったきしみや髪のからまりを感じることが多いようです。

カラーやパーマで髪が傷んでいる状態でノンシリコンシャンプーを使うとダメージが悪化してしまいます。

ノンシリコンシャンプーに変える前に、トリートメントなどでしっかり髪のダメージケアを行いましょう。

 

泡立ちが悪い

ノンシリコンシャンプーは、シリコンシャンプーに比べて泡立ちが悪いと感じることがあります。

ノンシリコンシャンプーの場合、余計な成分が含まれていないため泡立ちが悪くなってしまうからです。

 

しかし、泡立たないからしっかり洗えていないということではありません。

逆に泡立ちが少ないため、すすぎ残しが少なくなったり、頭皮に与えるダメージも少なくなります。

とにかくたっぷりの泡で洗いたい!という方には物足りない泡立ちかもしれませんが、髪にとってはメリットでもあります。

 

熱に弱く、ダメージを受けやすい

ノンシリコンシャンプーを使うことで、髪はコーティングされていない自然な状態になります。

つまり、外からのダメージに弱くなってしまうのです。

アイロンやドライヤーなどで熱を与えることで、シリコンシャンプーよりも受けるダメージは大きくなってしまいます。

 

良いノンシリコンシャンプーを使っていても、ダメージを与えてしまうとあまり意味がありませんよね。

ノンシリコンシャンプーを使う場合は、しっかりと洗い流さないトリートメントなどで熱から髪を守るようにしましょう。

 

シャンプーの選び方は「髪の悩み」がポイント

シャンプーを選ぶ時には、どんな基準で選ぶとよいのでしょうか。

シャンプーは種類が多く、自分に合ったものを選ぶのは難しいと感じる方も多いです。

自分の髪に合うシャンプーを選ぶには、髪の悩みを基準に選ぶとよいでしょう。

 

まず、髪の悩みを考えてみましょう。

「パサつく」「かゆい」「べたつく」「ボリュームが少ない」など、人それぞれ髪の悩みは違うはずです。

それらの悩みは、もしかしたら今のシャンプーが原因かもしれませんよね。

髪の悩みを解決できるシャンプーを選ぶようにしましょう。

 

髪がべたつく・皮脂が多い

皮脂による髪のべたつきが気になる方におすすめなのが、石けん系シャンプーです

石けん系シャンプーは、洗浄力が強くしっかりと皮脂を落とすことができます。

髪のべたつきが解消され、髪にコシが出てくるでしょう。

シャンプーの洗い残しに注意しましょう。

 

また、かゆみなどのトラブルがない場合は手軽に手に入れることのできる高級アルコール系シャンプーもおすすめです。

石けん系シャンプーはごわつくと感じる方は、こちらを使うと良いでしょう。

 

髪のべたつきの原因が、もともとの皮脂量ではなく過度な洗髪による皮脂の落としすぎである場合もあります。

皮脂を落としすぎることによって、べたつきを感じている場合は、洗浄力のマイルドなアミノ酸系シャンプーを使って髪の様子をみることをおすすめします。

 

髪がパサつく・乾燥する

髪や頭皮が乾燥している場合は、石油系の界面活性剤が含まれたシャンプーを使わないようにしましょう。

石けん系シャンプーは天然の界面活性剤を使用しているので、髪に負担をかけずに洗うことができます。

しかし、石けん系シャンプーはアルカリ性なので髪がごわついたり広がったりしてしまいます。

酸性のコンディショナーなどで中和させるようにしましょう。

 

また、価格が少し高めですが購入できる方はアミノ酸系シャンプーがおすすめです。

洗浄力がマイルドなので、皮脂を落としすぎることはありませんし、髪や頭皮にも優しい成分でつくられているのでトラブルもおきにくくなっています。

シャンプーによるダメージで髪が乾燥している場合は、刺激の少ないアミノ酸系シャンプーを使ってみましょう。

 

髪の乾燥やパサつきなど髪がひどく傷んでいる時は、ノンシリコンシャンプーよりシリコンシャンプーが良いでしょう。

ノンシリコンシャンプーを使うと、コーティングがないため摩擦で髪が傷んでしまうおそれがあります。

トリートメントなどで髪を補修してからノンシリコンシャンプーに切り替えて、髪に栄養を与えると良いでしょう。

 

 

さいごに

シャンプーには、洗浄成分で分けられる「石けん系・高級アルコール系・アミノ酸系」や髪をコーティングするシリコンの有無で分けられる「シリコン・ノンシリコン」など様々な分類があります。

髪の悩みに合わせた洗浄成分や、カラーやパーマ、アイロンの熱など髪へのダメージなど、自分の髪質やライフスタイルなどを基準に組み合わせて最適なシャンプーを探すのが近道です。

 

それぞれにメリットやデメリットがあるので、自分に合ったシャンプーを選ぶ基準にしましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る