シミ対策に!おすすめ化粧水5選&シミ対策のポイント

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「シミが気になる…」
「シミに効果的な化粧水が知りたい!」
「シミができないように予防したい」

と、シミにお悩みの方は多いのではないでしょうか。紫外線などによってできてしまうシミは出来てしまうと気分まで落ち込んでしまいますよね。

シミ対策には、化粧水をはじめとする美白スキンケアが効果的です。そこで、今回はシミに効果的なおすすめの化粧水やシミ対策のポイントについて解説します。

シミに効果的なおすすめの化粧水5選

美白化粧水の「美白」とは「シミ・そばかすを予防する」という意味があります。

すでにできてしまったシミを消すことは難しいことですが、ターンオーバーを正常化し、正しいスキンケアを続けることで薄くしていくことは可能です。今回は、シミ予防効果のある美白成分が含まれているものに加え、肌のターンオーバーを促す効果のある化粧水を5つ厳選しました。

シミ対策のための化粧水選びにお悩みの方はぜひ参考にしてみてください。

 

ディセンシア|サエル ホワイトニングローション クリアリスト

125ml 4,860円(税込)

敏感肌のために作られたサエルの美白化粧水です。美白有効成分としてビタミンC誘導体を配合し、メラニンを還元しシミを薄くする効果が期待できます。

また、5種類のアミノ酸を複合化したアミノコンプレックスが角質を保湿してくれるなど保湿効果もあります。

ファンケル|ホワイトニング化粧液 

30ml 1,836円(税込)

ファンケルの薬用美白化粧水は、メラニンの発生をスタート段階から抑える化粧水です。

美白有効成分としてアクティブビタミンCを配合しメラニンの生成を抑え、シミを予防します。

さっぱりタイプとしっとりタイプの2種類から、自分の肌質に合わせて選ぶことができます。

フジフイルム|アスタリフト ブライトローション

130ml 4,104円(税込)

アスタリフトは、エイジングケアのスキンケアラインです。美白有効成分としてアルブチンを配合し、メラニンの生成を抑えシミ・くすみを防ぎます。

そのほかにも、肌荒れ有効成分としてグリチルリチン酸ジカリウムや、うるおい成分としてアスタキサンチン、コラーゲン、海藻エキスを配合しており、美白効果だけでなく美容効果も高い化粧水です。

 

資生堂|アクアレーベル ホワイトアップローション

200ml 1,512円(税込)

アクアレーベルの美白化粧水は、ドラッグストアでも手に入れることができる手軽な美白化粧水です。

有効成分としてm-トラネキサム酸を配合し、シミ・そばかすを防ぎながらうるおって明るく透明感のある肌へと導きます。保湿成分であるベビーアミノ酸で美白だけでなく保湿までしっかりできるところがポイントです。

 

無印良品|敏感肌用薬用美白化粧水(新)

200ml 1,400円(税込)

無印良品の敏感肌シリーズの美白化粧水です。天然水を使用しており、有効成分としてビタミンC誘導体を配合。シミ・そばかすを防ぐ効果があります。

うるおい成分にアンズ果汁やグレープフルーツエキス、肌保護成分にスベリヒユエキスを配合し、うるおい効果も抜群です。

 

シミの原因と対処法ポイント

 

シミ対策には、原因と正しい対処法・予防法を知ることが大切です。しっかりとシミの原因と美白対策について知っておきましょう!

 

シミの原因

シミは「メラニン」が過剰に生成されることでできてしまいます。このメラニンを生成する「メラノサイト」にメラニンを作る命令を送るのが「紫外線」や「活性酸素」なのです。

紫外線の刺激がシミを作ってしまうのは、紫外線の刺激によってメラニンを作る命令が送られてしまうからなのです。

また、シミの原因のひとつにはターンオーバの乱れがあります。肌は常に新しい細胞が内側から生まれていて、古くなった細胞は自然と排出されていきます。

しかし、ターンオーバーが乱れて古くなった細胞が排出されずに残ってしまうことにより、シミとなってしまうのです。

ターンオーバーは年齢を重ねるごとに周期が長くなっていくため、メラニン色素も残りやすくなってしまいます。また、間違ったスキンケアや体調不良、肌に大きな刺激を与えてしまうことで、ターンオーバーは乱れてしまうので注意が必要です。

 

シミを薄くするには

できてしまったシミを薄くするには「美白スキンケア」と「ターンオーバーの正常化」がポイントです。シミを薄くする美白成分として「ビタミンC誘導体」がおすすめです。

ビタミンC誘導体にはシミを薄くする効果に加えて、シミを予防する効果もあります。

保湿効果もあるためシミにお悩みの方にはビタミンC誘導体のスキンケアアイテムがおすすめです。また、ハイドロキノンにもシミを薄くする効果があります。

美白成分に着目して、スキンケアアイテムを選ぶのも大切です。肌に残ってしまったメラニンを排出するために、ターンオーバーを正常化させることもシミを薄くするのに効果的です。

ターンオーバーは乱れる原因には、間違ったスキンケアや偏った食生活など様々なものが考えられます。「シミを薄くしたい!」と美白スキンケアだけに目を向けるのではなく、正しい基本のスキンケアを心がけることが大切です。

 

シミを予防するには

シミができない肌にするためには「美白スキンケア」と「紫外線対策」がポイントです。美白スキンケアというと、シミやくすみができてしまったときにケアをするイメージが強いかもしれません。

しかし、シミやくすみはできる前に予防することがとても大切なのです。ですから、シミなどの肌悩みがなくても毎日のスキンケアに美白アイテムを取り入れることがおすすめです。

美白スキンケアを続けていくことで、メラニンの生成を抑制してシミやそばかすが出るのを防ぐことができます。

 

また、シミ予防に欠かせないのが「紫外線対策」です。

紫外線はメラニンを作り出す大きな原因となってしまいます。日々のメイクや日焼け止めなどで、紫外線から肌を守ったり、日傘を使うなどしてなるべく紫外線を浴びないように心がけましょう。

紫外線対策というと、日差しの強い夏のイメージがありませんか?

しかし、紫外線予防は1年中必要なんです。紫外線は日差しとは関係なく冬でも降り注いでいます。夏だけではなく、常に紫外線を予防することでシミ予防の効果を実感することができるでしょう。

 

美白スキンケアは基本を忘れずに

シミ対策のために美白スキンケアをしたい!と考える方は多いと思います。しかし、シミを薄くすることだけを考えてスキンケアをするよりも、スキンケアの基本を見直してみましょう。

たっぷり保湿してあげることで、肌全体にうるおいを与えて肌のターンオーバーを正常化します。また、ピーリングなどで角質ケアをすることで、くすみの原因となる古い角質を除去することができます。

美白成分を与えると同時に、肌状態を良くするためのスキンケアが必要です。また、肌にとって刺激になるスキンケアアイテムは使わないようにしましょう。

美白化粧品の中には、肌がピリピリと刺激を感じるものもあります。肌に負担をかけてしまうと、美白効果があっても肌にとっては良くありません。なるべく肌に優しく丁寧なスキンケアが基本です。美白ケアだけにこだわらずに、基本のスキンケアを忘れないようにしましょう。

 

さいごに

シミに効果的な化粧水について解説してきましたが、いかがでしたでしょうか?美白化粧水は様々なメーカーからたくさんの種類が販売されていますが、自分に合ったものを探すことが大切です。

トライアルキットやサンプルなどで試してから使うと良いでしょう。

また、美白ケアには化粧水だけでなくスキンケア全般が大切です。保湿や角質ケアなどの基本のスキンケアを見直して、正しいスキンケアを心がけましょう。美白スキンケアを続けて使うことで、シミやそばかすを予防することができます。

ぜひ、今日から美白スキンケアを取り入れてみてください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る