化粧水はコットンで!メリット・デメリットと正しい使い方

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

毎日のスキンケア、あなたのこだわりは何ですか?

そう聞くと出てくるのは、美白化粧水や保湿クリームといったように
基礎化粧品ばかりですよね。

では、皆さんは手派ですか?コットン派ですか?

実はコットンにこだわりを持って選ぶことも大切なスキンケア方法の1つなんです。

化粧水を肌につけるときはこの2つの方法がありますが、どちらが正しい付け方なんでしょうか。

手にもコットンにも良いところはあるんです!

そこで今回はコットンを使うことのメリットとデメリットを見ていきましょう。
コットンの正しい使い方もご紹介します◎

コットンを使うメリット・デメリット

 

化粧水や乳液を塗る際、どちらを使うのが正しいのかというとどちらも正しいのです。

使用方法を間違えなければどちらにもメリットがあります。
その反面デメリットもあります。

どちらのメリット・デメリットも確認しておきましょう!

コットンを使うメリット

コットンを使うと手で馴染ませるよりも馴染みやすいという研究もあります。

ではなぜ浸透させやすいのでしょうか?

メリット① 成分をいきわたらせやすい

コットンは柔らかく、表面には凹凸がありません。

そのため肌の表面の凹凸にも対応してくれます。
細部にも使用できるので化粧水等の美容成分を肌のきめ細かい部分にまでいきわたらせることが可能です。

メリット② 清潔に使用できる

コットンを使うと手が肌に触れることはありません。

そのため、万が一手に殺菌が残っていてもコットンが防いでくれます。

メリット③ 節約できる

コットンを使用すると化粧水の量を調節することが出来ますし、こぼれるなどの心配がありません。

必要な分だけコットンにとって使用できるのでつけすぎてしまったり、余るといったことがなくなります。

メリット④ 様々な用途に活用できる

コットンはただ単に化粧水を広げるために使用するだけでなく、パックとしての利用も可能です。

他にも

  • ポイントメイク落とし
  • ネイル落とし

などにも使用できます。

コットンでのパックはポイントパックに有効で気になる部分のケアにおすすめです。

コットンを使うデメリット

コットンにもデメリットはあります。

使い方を誤ると以下のデメリットが出てくることもあります。

デメリット① 肌に負担がかかる

使用方法を誤って力をこめてこすったり、たたいたりすると当然ですが
肌への負担は逃れられません。

誤った方法でのスキンケアを続けると、肌荒れの原因になってしまいます。

また、コットンの素材が悪い場合も肌への負担になります。

いくら素材が良くとも、肌に合わないこともあります。

デメリット② 肌の状態に気づけない

コットンを使うと直接肌に触れることがありません。
すると、肌の状態に気づけず肌荒れが進行してしまうことがあります。

肌の乾燥や炎症は視るだけでは気づけないものもあるので肌の状態は確認する必要があります。

デメリット③ 化粧水を使いきれない

コットンにしみこませた化粧水はすべて肌に浸透させられるわけではありません。

そのため、コットンが湿ったままで化粧水が余ったように感じられます。

手を使うメリット・デメリット

手を使うメリット

では、手を使うことは何が良いのでしょうか?

コットンを選ぶ前に確認しておきましょう。

メリット① 肌に優しい

自身の手でケアをすると、力加減など調節しやすいです。

特に敏感肌の場合はコットンを使うよりも肌を気遣って優しく使えます。

メリット② 肌の調子を確認できる

先述したように肌は触れることで気づける変化もあります。

手で化粧水をつけると、その際にかすかな変化にも気づくことがあります。

特に

  • 肌の乾燥
  • 皮脂量の増減
  • 肌のたるみ

といったようなことは触れないと気づくこともできません。
気づけると早いケアも可能になるので悪化を防ぐことができることもあります。

メリット③ 肌を温めることが出来る

化粧水は温めることで肌へ浸透しやすくなります。

お風呂上りに使うように毛穴が開いた状態で化粧水をつけると効果的です。
手であれば温めながら浸透させることが可能なので、浸透させやすくなります。

 

 

手を使うデメリット

手を使うことで起こるデメリットもあります。
デメリットを知っているだけでも対策をおこなえるので確認しておきましょう。

デメリット① ムラができる

手には凹凸があります。

そのため、肌に全体的に広げたつもりでも量に差があったり塗り残しが出来ることがあります。

細かい部分にも気を付けて伸ばすようにしましょう。

デメリット② 細菌が付着する

スキンケアの前、手洗いを怠っていませんか?

手に細菌が付着していた場合、スキンケアはその細菌を塗りたくることになってしまいます。

その細菌が原因で肌荒れが起こる場合もあるので、ては清潔に保つようにしましょう。

デメリット③ 美容成分を吸収してしまう

手も顔と同じ肌です。
そのため化粧水をまず手に取ると手で美容成分が吸収されてしまいます。

もちろん全てではありませんがその分が顔の肌にいきわたらないことになるので
ケアの効果が減ってしまいます。

さらに、手には美容成分が強すぎることがあるので

  • 手の乾燥
  • 手荒れ

といった症状を引きおこしてしまうこともあります。

用途別に選ぶ!コットンの種類

一言にコットンといってもコットンにも種類があります。
種類によって使用法や素材が変わってきます。

カットタイプ

もっとも一般的なコットンです。
コットンシートを四角くカットしたもので加工されていないのが特徴です。

柔らかく割きやすいので用途に合わせて使い分けも可能です。

毛羽立ちしやすいので強くこするとボロボロになってしまいますが、手ごろな価格で販売されています。

サイドシールタイプ

四角いコットンを不織布で挟み、両端をはり合わせたタイプです。

特別な加工がしてあるので毛羽立ちしにくく肌に優しいです。
しっかりしているのでネイル落としにも使用できます。

ラウンドシールドコットン

コットンを加工した不織布で包み込んだタイプです。

サイドシールタイプよりもしっかりしています。
中綿が飛び出る心配なく使用できます。

2WAYタイプ

サイドシールタイプのコットンの片面だけが不織布になっているタイプです。

裏表で2種類の不織布になっているので、1つでパッティング・ふき取りをおこなうことが可能です。

様々な用途に対応してくれる優れたコットンです。

セパレートタイプ

薄いコットンを重ね、層になっているタイプです。

見た目はカットタイプと似ています。
しかし、層になっている文割くことが出来るのが特徴です。

化粧水を含ませやすく、パッティングに向いたパックです。

ロールタイプ

カットタイプを毛羽立ちさせにくく加工したタイプです。

ロール状になっているので自分で好きな大きさにカットして使います。
使う用途に合わせてカットできるので、あらゆる場所に使用できます。

オーガニックコットン

有機栽培の綿花を使用したコットンで、未漂白で肌への刺激が心配な方でも使える肌に優しいタイプです。

他のタイプに比べて価格は上がりますが、その分信頼度が高いです。

 

自分に合ったコットンの選び方

多くの種類がある中選ぶポイントをご紹介します

スキンケアにおすすめ

普段のスキンケアにおすすめなのは

  • カットコットン
  • セパレートコットン
  • オーガニックコットン

といった薄いタイプがおすすめです。

パッティングにおすすめ

パッティングには基本的にはどのタイプでも使用できます。

しかし、分厚いコットンではその分化粧水を消費することになるので
薄めのコットンを使用することがおすすめです。

カットコットンがおすすめですが、セパレートコットンをはがして薄くしたものでもOKです。

アイメイク・ネイル落とし

アイメイクやネイルを落とす際には、しっかりしたコットンでないと毛羽立ってしまいます。

なのでしっかりタイプの

  • サイドシールコットン
  • セパレートコットン

といったタイプがおすすめです。

しっかりと馴染ませてからこするように落としましょう。

コットンがない!ピンチの時のお助けアイテム

日常的にコットンを使っているとコットンが必要な時に忘れてしまったり、使い切ってしまっていたりすることがありますよね。

そんなときも手でなくあるものを代用して使うことが出来るんです!

それは、「ティッシュペーパー」です。

ティッシュペーパーも肌への刺激が少ないので、コットンの代わりに使用することが可能です。

忘れやすい旅行のときやお泊りのときはこの方法を思い出してください◎

コットンで化粧水の効果を引き出す、正しい使い方

コットンの正しい使い方

<コットンの使い方>

  1. コットンの長い面が横になるように持ちます。
    持つときは、中指と薬指にかけて小指と人差し指でおさえます。
  2. 500円玉程度の化粧水をコットンの中央に取ります。
  3. コットンを顔にあて顔の中心から外側に向かって伸ばしていきます。
    (詳細は動画を参考に。)
  4. フェイスラインまで伸ばしたら首にも伸ばします。
  5. これを2~3回櫛返します。

 

小鼻や目の周りなど細かい部分はコットンを中指のみにかけて使うと行き届かせやすいです。

あまり時間をかけすぎると乾燥してしまうので素早くおこないましょう!

コットンを使ってパック

コットンはシートパックに比べて手軽にパックができます。
スペシャルケアではないので、毎日のメイク前やお風呂上りにおこなうことが出来るスキンケアです。

コットンでパックをすると

  • ニキビケア
  • 毛穴ケア
  • 乾燥対策

といった美肌効果が期待できます!

基本的なコットンパックの方法をご紹介します!

<コットンパックの方法>

  1. 用意したコットンにたっぷり化粧水を含ませます。
  2. コットンの端を顔の中心側において左頬全体を覆うように伸ばしながら貼ります。
    この際、少し引き上げる感覚で引くとフィット感が増しリフトアップの効果が期待できます。
  3. 右側も同様に貼り付けます。
  4. 額の右側にコットンの端をおき、額を覆うように引きながら貼ります。
  5. 鼻周りに貼り、口下にも貼ります。
    この際、頬のコットンに重なるように貼ると頬のコットンがはがれるのを防止できます。

 

コットンパックは肌の症状に合わせて、化粧水も選ぶようにしましょう。
ニキビ肌や脂性肌にも使える、さっぱり系がおすすめです。

コットンパックの注意点

コットンでパックをするときは以下のことに注意しておこなってください。

  • パックの時間は1分~3分
  • 化粧水は肌に優しい低刺激なものを使う
  • 保湿ケアを怠らない

ニキビができているときや、肌が荒れているときは特にパックの時間を意識しましょう。

誤った方法では、肌荒れの悪化につながってしまいます。

 

 

おすすめのコットン

シュウウエムラ コットン

500円 / 90枚入り

シュウウエムラ ・アマゾン ・楽天市場

 

肌触りがよく、使いやすいコットンです。

大判サイズで薄めなのでパックなどへの使用に向いています。
薄さからふき取りなどへの使用は向いていません。

シャネル オーガニックコットン

1,800円 / 100枚入り

アマゾン ・楽天市場

オーガニックコットンで肌に優しく使用できます。
大判サイズで分厚すぎないので使いやすいタイプです。

コットンにもブランドのロゴ入りで、贈り物にも人気のコットンです。

 

ナリス化粧品 メガビューティコットンN2

226円 / 80枚入り

ナリス化粧品 ・アマゾン ・楽天市場

 

天然コットン100%の中綿を使ったコットンです。

毛羽立ちもせず、しっかりしているのでメイク落とし・ネイル落としにもおすすめです。

細かい繊維で、ふき取りでの使用でも効果的です。

コスメデコルテ フェイシャルピュアコットンN

500円 / 100枚入り

コスメデコルテ ・アマゾン ・楽天市場

大判で、1枚に割きやすいコットンです。

柔らかく毛羽立ちにくいので、様々な用途に対応してくれます。
乳液を浸透させるのにも使用できます。

まとめ

いかがでしたか?

化粧水は、手で塗ってもコットンで塗っても間違いではありません。

今回紹介したコットンを使うメリットをまとめると以下のようになります。

  • 成分をいきわたらせやすい
  • 清潔に使用できる
  • 節約できる
  • 様々な用途に活用できる

もちろんデメリットもあります。

おすすめなのは、肌の調子に合わせて使い分けることです。
パックだけコットンを使用するのもいいかの知れませんね。

使ったことがない方は是非一度コットンを使用して、手とは違う化粧水の浸透を楽しんでみてくださいね♪

 

 

 

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る