期限切れの化粧水が肌荒れに!期限を延ばす正しい保管方法♡

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

化粧水には使用期限があるとご存知でしょうか?

ずっとしまいこんでいた化粧水を「まぁ、いいか!」と使用する人もいるとは思います。

しかし!昔の化粧水を使用することで肌へ悪影響を与えてしまうなんてこともあるんです。

化粧水には、安全に使用できるように、そして美容効果をしっかり実感するための使用期限があります。
今回は、化粧水の使用期限や保管方法について詳しくご紹介していきます。

肌荒れの原因となる期限切れの化粧水

期限切れの化粧水は効果がない

食べ物も電化製品もなんだって時間が経つと腐ったり劣化したりします。

これは化粧水だって同じことです。

「もったいないから。」
と放置していた化粧水を使用してしまうと、本来の化粧水の美容効果を最大限に実感することができなくなるということも。

これは、中身が変性してしまっている可能性があるからなんです。
ひどいときは雑菌が繁殖していることもあります。

せっかくのスキンケアも効果を実感しなければスキンケアの意味がありませんね。

でも、化粧水に使用期限なんて書いてあるの?と不思議に思ったあなた。それにはちゃんと理由があるんです。

化粧水に使用期限が記載されていない理由

化粧水の使用期限については、薬事法で「製造又は輸入後適切な保存条件のもとで3年を超えて性状及び品質が安定な化粧品は使用期限表示の対象から除外する」とされています。

つまり、国内の一般的な化粧水に使用期限が書かれていないのは、3年はきちんと品質が保たれているからということになります。

ただし、未開封で保管状態がしっかりしていた場合。ということなので開封済みの場合や保管状態が悪かった場合は、品質保持期間はより短くなるためできるだけ早めに使いきるようにしましょう。

3年の品質が保証されている化粧水であっても、保存状態が悪い・開封済みといった場合は保存期間が短くなります。

 

期限切れの化粧水の影響

期限切れの化粧水を使用すると肌トラブルの原因になってしまうことがあります。

また、保管状態が悪かった場合は品質が低下してしまうことがあるため同様に肌トラブルの原因になってしまいます。

期限切れの化粧水はどのような肌トラブルの原因となるのかを詳しくご紹介していきましょう。

雑菌が増殖する

化粧水を開封すると、使用しているうちに

  • 表皮ブドウ球菌
  • 黄色ブドウ球菌

などの雑菌が入り込み、化粧水を変性させてしまいます。

それを防止するために防腐剤が配合されているのですが、いくら防腐剤が配合されているとはいえその効力が永遠に続くというわけではありません。

雑菌が増殖してしまった化粧水を使用すると

  • 炎症
  • かゆみ
  • かぶれ
  • ニキビ
  • 吹き出物
  • 毛穴の黒ずみ

といった肌トラブルの原因となってしまうことがあります。

酸化が進む

皮を剥いたリンゴを放置しておくと空気に触れて茶色に変わっていきますよね。

この現象を酸化といいます、化粧水も開封して空気に触れた瞬間から酸化が始まります。

化粧水が酸化すると

  • 中身が肌に刺激となる物質に変性
  • 雑菌が繁殖しやすくなる

といった変化が起こります。

そのため、酸化してしまった化粧水は

  • 肌荒れ
  • シミ
  • 色素沈着
  • 炎症

などの肌トラブルの原因となってしまうことがあります。

種類別!化粧水の使用期限

先述したように化粧水の一般的な期限は3年です。

けれども無添加で防腐剤の入っていないものは期限が短い。といったように種類によって違いがあります。

化粧水のタイプ別の使用期限についても紹介していきます!

一般的な使用期限

一般的な化粧水は雑菌が繁殖しないように、また品質が低下しないように成分が配合されています。

未開封であれば3年は品質が保たれるようになっていますが、開封後は3~6ヶ月で使い切るようにしましょう。

パウチタイプの使用期限

試供品などでよく見かけるパウチタイプの化粧水は簡易包装なので未開封であっても劣化が進みます

そのため、未開封であっても1年以内には使用するようにしましょう。開封後はその場で使い切ってしまうのがマストです。

無添加化粧水の使用期限

市販されている無添加化粧水のうち、品質が3年間保持されない場合は使用期限が表示されています。

防腐剤や保存料が配合されていない無添加化粧水は劣化しやすいため、開封後は3ヶ月以内には使い切るようにしましょう。

手作り化粧水の使用期限

精製水の使用期限が短いため、必然的に手作り化粧水の使用期限も短くなります。手作り化粧水は1週間~10日で使い切るようにしましょう。

化粧水の保管方法

化粧水の使用期限を守って使用することが化粧水の美容効果を最大限に発揮するために重要なポイントですが、未開封であっても化粧水の保管方法が悪ければ化粧水の品質はどんどん低下してしまいます。

化粧水の理想的な保管方法をご紹介します。

高温多湿・直射日光を避ける

高温多湿、直射日光を避けて保管することが化粧水の保管の基本です。

化粧水は常温で保管されることを前提に作られており、高温多湿な場所や直射日光が当たる場所では化粧水の中身が変性してしまう恐れがあります。

窓の側で保管している人は注意しましょう。

開封した日付を管理する

使用期限をきちんと守ろうと思っていても意外と忘れがちなのが化粧水を開封した日です。

化粧水を何本も使用している場合なども特に忘れやすくなります。
化粧水を開封した日を忘れないようにするには開封した日付を化粧水に書いておくのがいいでしょう。

使用後は口部分をふく

ボトルの口の部分に化粧水の固まりができたり、変色してしまうことがあります。

これは、ボトルの口周辺に残った化粧水が酸化したり成分が固まってしまった状態です。

この状態のまま使用すると雑菌が繁殖して肌トラブルの原因になってしまいます。
使用後はボトルの口をきちんとティッシュペーパーなどで拭き取って清潔にしておくようにしましょう。

清潔な手で使用する

スキンケアを行う前は手を洗うのが基本です。

手には雑菌がたくさんいるため、雑菌のついた手で化粧水を使うと化粧水の中に雑菌が入り込んでしまう可能性も高くなってしまいます。

また、雑菌だらけの手でスキンケアをするのも気持ちの良いものではありませんから、化粧水を使用する前は必ず手を清潔な状態にしておきましょう。

一度出したものは戻さない

大目に出してしまった化粧水をついついボトルに戻してしまいがちですが、一度ボトルから出した化粧水は戻さないようにしましょう。

雑菌も一緒にボトルに戻してしまうことになり、化粧水の中で雑菌が繁殖してしまいます。

一度出した化粧水は顔や体に使ってしまうようにしましょう。

蓋をしっかりしめる

使用後に蓋が開いているとそこから酸化したり雑菌が入り込んで繁殖してしまいます。

使用後はしっかり蓋を閉めるようにしましょう。また、プッシュ式の化粧水の場合も蓋は捨てないようにしましょう。

 

冷蔵庫で保管した場合は使い切るまで冷蔵庫で保管する

無添加化粧水や手作り化粧水など特別なものを除いて、一般的な化粧水は常温で保管することを前提に作られています。

出し入れで温冷差が大きくなる冷蔵庫での保管は化粧水の中身が不安定になってしまうため、基本的にはNGです。

化粧水を冷蔵庫で保管し、冷たい状態でさっぱりと使いたいという人もいると思います。
その場合は、念のため使用期限は通常よりも短くなると思っておきましょう。

また、一度冷蔵庫で保管した化粧水は使い切るまでは冷蔵庫保管を継続して保管しましょう。

その他化粧品の使用期限

化粧水以外のアイテムにも使用期限はあります。

ここでは他の化粧品の期限についてもまとめておきます。

スキンケアアイテム

クレンジング、洗顔料、化粧水、美容液、乳液、クリームといったスキンケアアイテムは開封後は6ヶ月以内には使い切るようにしましょう。

ボディクリーム

ボディクリームは体に使用するので顔に使うスキンケアアイテムよりは長く使えますが、6ヶ月〜1年以内には使い切るようにしましょう。

化粧下地系

化粧下地、コンシーラー、リキッドファンデーションは6ヶ月以内に使い切りましょう。

パウダーファンデーションやフェイスパウダーは1年以内に使い切るようにしましょう。

メイクアップアイテム

クリームチークは6ヶ月以内、パウダーチークは1年以内に使い切りましょう。

基本的にはファンデーションの上から使用するものなので他のアイテムよりは神経質になる必要はないようです。

マスカラ、アイシャドウ、アイライナーなどのアイメイクアイテムは3ヶ月以内に使い切るようにしましょう。粘膜に近い部分に使用するものなので、品質が悪くなってしまったアイテムの使用は目の病気になりやすくなってしまいます。

同じようにデリケートな部分である口元に使用するリップクリーム、グロス、口紅も3ヶ月以内に使い切るようにしましょう。

まとめ

いかがでしたか?

未開封の化粧水の使用期限は3年ですが、開封後は半年以内に使い切るのが理想です。

化粧水のタイプによって差はあると思いますが保存方法に気を付けて肌に優しく使用しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る