石鹸シャンプーは髪に悪い?メリットとデメリットを徹底解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「石鹸シャンプーって髪に悪いって本当?」
「普通のシャンプーと何が違うの?」

と、石鹸シャンプーについてあまり知らないという方も多いのではないでしょうか。

石鹸シャンプーは天然の界面活性剤を使用しているので、安全性が高いシャンプーです。しかし、石鹸カスが残りやすかったり泡立ちにくいと感じるなど、使い方によってはデメリットになることも。

今回は、石鹸シャンプーのメリットとデメリット、おすすめの石鹸シャンプーなどについて解説します。

 

石鹸シャンプーのメリットとデメリット

石鹸シャンプーとは

石鹸シャンプーとは、その名の通り「石鹸」を界面活性剤として使ったシャンプーのことを言います。シャンプーは洗浄成分によって「高級アルコール系」「石鹸系」「アミノ酸系」の3つに分けられます。石鹸シャンプーはもちろん「石鹸系」にあたります。

市販の多くのシャンプーは高級アルコール系シャンプーと呼ばれ、洗浄成分には石油系界面活性剤が使用されています。

また、アミノ酸系シャンプーは界面活性剤にアミノ酸が含まれているもので、頭皮や髪に馴染みやすくマイルドな洗浄力が特徴です。石鹸シャンプーに使われている洗浄成分は「石鹸」ですが、石鹸は天然の界面活性剤です。

成分表には「カリ石けん素地」「石けん素地」「石けん分」「脂肪酸ナトリウム」などと表記されています。天然の界面活性剤を使用しているので安全性が高く、人にも環境にも優しいシャンプーが石鹸シャンプーなのです。

 

石鹸シャンプーのメリット

石鹸シャンプーのメリットをご紹介します。

 

  • 安全性が高くアレルギーなどの危険性が低い
  • 環境に優しい
  • 皮脂などの汚れをしっかりと落とせる
  • 安価で販売されているものが多い

 

石鹸シャンプーは、洗浄力が強いので皮脂汚れなどをしっかりと落とすことができるので、オイリー肌の方や髪のべたつきが気になる方にはおすすめのシャンプーです。

また、天然の界面活性剤を使用しているのでアレルギーなどを引き起こす危険は少なく、なるべく添加物の少ないシャンプーを使いたいという方にも石鹸シャンプーは適しているでしょう。比較的安価で手に入れやすいという点もメリットです。

 

石鹸シャンプーのデメリット

石鹸シャンプーには知っておくべきデメリットもあります。

 

  • アルカリ性なので髪がきしむ
  • 石鹸カスが残りやすい
  • 洗浄力が高いので乾燥肌の原因になる可能性がある
  • 慣れるまでに時間がかかる

 

石鹸シャンプーのデメリットを知らずに使い始めると「大失敗した!」と思ってしまうので注意が必要です。まず、石鹸はアルカリ性ですが髪は弱酸性であるということから髪を傷めやすいということです。ですからしっかりとすすぐことと、リンスやトリートメントで中和することが大切です。きちんと洗い流せば問題はありませんが、髪や頭皮に石鹸が残ってしまうと髪を傷める原因になります。また、しっかりすすがないと石鹸カスが残りやすく、フケのようになってしまうのも気をつけなければいけません。

そして石鹸は以外にも洗浄力が強く、乾燥肌や敏感肌の方には合わないことが多いです。肌質や髪質によって頭皮や髪にダメージを与えてしまうことになるので気をつけましょう。

さらに、石鹸シャンプーを使い始めたころは泡立ちが悪く使いにくいと感じる方が多いです。それはそれまで使っていたシャンプーに含まれる石油系成分が頭皮や髪に残っているからです。それらを落とすために石鹸をたくさん使わなければいけないので、しばらくは泡立ちの悪さなどを我慢して使い続けましょう。

 

おすすめの石鹸シャンプー5選

ミヨシ|無添加せっけんシャンプー

公式HPはこちら

ミヨシの石鹸シャンプーは、地肌にやさしい植物性の無添加せっけんシャンプーです。

頭皮の健康を考えた純石けんで、頭皮を健康に整えることで美しい髪を育てます。ツヤのあるすこやかな髪へと導きます。

 

 

エスケー石鹸|うるおいシリーズ(無香料)せっけんシャンプー

公式HPはこちら

エスケー石鹸のせっけんシャンプーは無香料ですが原料臭をおさえた使いやすいシャンプーです。泡で出てくるタイプなので、自分で泡立てる必要がなく便利です。

無添加シャンプーですから安心して使うことができます。

 

シャボン玉石けん|EMせっけんシャンプー

公式HPはこちら

シャボン玉石けんのせっけんシャンプーは、シリコンや合成ポリマー、香料や着色料などを使用しない無添加シャンプーです。EMとは有用微生物群のことで、より環境にやさしいシャンプーになっています。

泡ポンプタイプもあるので、自分の使いやすい方を選ぶことができます。

 

太陽油脂|パックス オリーシャンプー

公式HPはこちら

パックスオリーシャンプーはオリーブ油を主原料とした石けんシャンプーです。

オリーブスクワランや髪にやさしい天然成分を配合。合成界面活性剤や着色料は使用していません。石けんシャンプーを初めて使う方におすすめのシャンプーです。

 

アレッポの石鹸

公式HPはこちら

アレッポの石鹸は全身に使用できる固形石鹸です。

シリアで生産されている歴史のある石鹸で、オリーブとローレル(月桂樹)を原料としています。シャンプーだけでなく洗顔やクレンジング、洗濯などにも使用できる万能な石鹸として人気を集めています。

 

石鹸シャンプーを使うときのポイント

石鹸シャンプーは髪に合えばとても効果的なシャンプーです。しかし、人によっては髪に合わないということもあるので注意が必要です。最後に、石鹸シャンプーを使うときに注意したいポイントをご紹介します。

 

酸性のリンスを使う

弱酸性の髪をアルカリ性の石けんシャンプーで洗うと、キューティクルが開いてしまいます。

そのままにしておくと頭皮は肌と同じように弱酸性に戻りますが、髪はキューティクルが開きっぱなしになってしまいます。ですから、石けんシャンプーを使ったあとは酸性のリンスで髪を中和させることが大切です。特に保湿成分などが入っていないシンプルなシャンプーを使った場合は、必ず酸性のリンスを使いましょう。毎日のシャンプーで髪を傷めてしまうことになります。保湿成分が入っているものを使う場合も、髪の調子を確認しながら必要ならばリンスでケアすることをおすすめします。

自分の髪に合わせたケアができると良いですね。

 

髪に合うかどうかは個人差がある

「石けんシャンプーは頭皮に良い」
「石けんシャンプーを使ったら髪がごわごわになった」

などというように、石けんシャンプーは髪に合う・合わないが分かれます。

もちろん、初めは髪に合わないと思っていても、使い続けることで頭皮や髪の余分な成分が落とされて良い効果が出るという場合もあります。

しかし、髪に合わないと感じた場合はすみやかに使用を中止しましょう。特に頭皮が敏感な方や乾燥肌の方などは、石けんシャンプーの強い洗浄力で頭皮トラブルを起こしてしまうという可能性もあります。

頭皮が弱い方は石けんシャンプーよりも洗浄力がマイルドなアミノ酸系シャンプーがおすすめです。

自分に合ったシャンプーを見つけるためにも「人によって合う・合わないがある」ということをよく理解しておきましょう。

 

さいごに

石けんシャンプーは頭皮や髪だけでなく環境にも優しいシャンプーとして人気です。

いろいろなシャンプーを試してもダメだったのに石けんシャンプーで髪質が改善されたという方も多いです。しかし、石けんシャンプーは一般的なシャンプーと異なる性質を持っているので、使うときには注意が必要です。

しっかりとすすいで石けんカスを残さないようにしたり、酸性リンスを使うなどのポイントを抑えて、正しいヘアケアを心がけましょう。

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る