ストレスと今すぐお別れ!肌荒れも解消する6つのリラックス法

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

ストレス、発散できていますか?

忙しい毎日を送っていると、気づかない間にストレスをためてしまいがちです。

気づいたら肌が荒れ放題…なんてことも。

ストレスを感じているのは身体や心だけではないんです。
肌も同じように感じています。

毎日スキンケアをしているのに肌の調子がずっと悪いのは、これが原因かもしれません。

そこで今回はあなたの美肌を守るストレスの解消法をご紹介します!

ストレスが肌に与える影響

肌荒れの原因

肌荒れの原因としてよく言われるのは

  • 栄養の偏り
  • 乱れた生活習慣
  • ストレス

といったものです。

肌は食べたもので作られているので、食べるものの栄養素が偏ったり足りなくなってしまえば健康的な肌がつくられなくなってしまいます。

特にビタミンB群は欠かせない栄養素でので積極的に食べましょう!

乱れた生活も、肌の生まれ変わりが正常におこなわれなくなる原因となるので肌荒れの原因になります。

以上の2つの原因は、肌荒れにつながる理由がよく知られています。

しかし、ストレスがどのように肌荒れに影響するのかはあまり知られていないのではないでしょうか。

ストレスが肌荒れを引きおこるわけ

ストレスは溜まると、身体の中の循環が滞ってしまいます
さらに肌細胞を老化させてしまう活性酸素が発生しやすくなります。

活性酸素はシミの原因となり、肌の潤いを保つ機能を低下させてしまします。

体内の循環を司る自律神経がストレスによって乱れると、交感神経が活発に動き副交感神経の働きが鈍くなります。

この乱れは肌の皮脂を過剰に分泌してしまう原因になります。

この過剰な皮脂の分泌が「ニキビ」「乾燥」といった肌荒れを引き起こします。

ストレスで夜に眠れないといった睡眠不足も、肌の生まれ変わりを妨げます。

さらに、ストレスによる自律神経の乱れは胃腸にも影響を与えます。
胃腸が健康的でないと免疫力が下がるのでニキビが出来やすくなってしまいます。

<ストレスによる肌荒れのメカニズム>

ストレスを感じる→体内の循環が滞る・自律神経が乱れる→胃腸が乱れる→皮脂が分泌される→肌が荒れる→肌が生まれ変わらない

 

ストレスの種類

私たちが感じるストレスにも種類があります。

このストレスによって解消法が変わってくるので何が原因でストレスを感じているのか、知っておきましょう。

自律神経を乱すストレスは大きく分けて4つあります。

  • 肉体的ストレス…病気、けが、偏った食事、運動不足、睡眠不足
  • 環境的ストレス…暑さ、寒さ、騒音、ほこり
  • 社会的ストレス…社会的立場に関わる心のストレス(仕事場での心配事、家庭での問題)
  • 心理的ストレス…怒りや恐怖など強い感情

ストレスを解消するには、これらの原因を避けることが最善の策です。

以下でストレスの対処法をご紹介します。

生活習慣でストレス解消方法

入浴でストレス解消

毎日忙しいからといってシャワーのみで済ませていませんか?

入浴というのは美容にも健康にもとても効果のあるものなんです。

入浴の効果

  • 身体を清潔に保つ
  • 血行が促進され代謝があがる
  • むくみ解消
  • リラックス効果

 

お風呂に入ると、身体が自然と副交感神経に切り替わります。
お湯による浮力で身体を緊張状態から解放してくれる効果も期待できます。

入浴のポイント① お湯の温度は38℃程度

お湯の温度が高すぎるとかえって交感神経が働きリラックスできない状態になってしまいます。

リラックスさせるには38℃から40℃の間の温度で入浴しましょう。

ぬるめの温度で入浴することで身体の芯から温まり、リラックス効果が高まります。

入浴のポイント② 長風呂をし過ぎない

ストレス解消には20分の入浴が効果的です。

しかし、長風呂が苦手という方は10分でも入浴するだけでも効果があります。
すぐにのぼせてしまうという方には「半身浴」がおすすめです。

入浴のポイント③ 照明を暗くする

入浴の時に照明を暗くおとして入浴するとさらにリラックス効果が高まります。

キャンドルで薄暗いバスルームにするのもおすすめです。
アロマキャンドルだと香りでのリラックス効果も高まりますね。

暗い照明で入浴することで、安眠効果も高まります。

入浴のポイント④ マッサージをする

入浴をしながらのマッサージは血行が良くなっている状態なので、リラックス効果の高いマッサージが出来ます。

1日の疲れをとることができるのでさするだけでも効果は期待できます。

睡眠でストレス解消

眠っている時間は身体の休息時間です。
この時間に、特に脳がリフレッシュされます。

また睡眠時間は成長ホルモンが分泌されるので、肌の再生をおこなう大切な時間です。

しかし、睡眠時間は忙しいとなかなか十分にとることが出来ません。

ここでは短時間でも熟睡できる睡眠のポイントをご紹介します。

ポイント① 自分の睡眠サイクルを知る

睡眠というのはレム睡眠とノンレム睡眠とがあります。

レム睡眠というのはノンレム睡眠に入ってから90分後に入ります。
目覚めの良くなるレム睡眠時に起きるようすることで快適な睡眠が出来るようになります。

4,5時間、6時間、7,5時間と目覚ましをかけてどの程度の睡眠が自分に必要か知っておきましょう!

ポイント② 入浴は睡眠の1~2時間前に

先述したように入浴にはリラックス効果があり、身体の血流が良くなります。

リラックス効果があるので、睡眠前に入ると熟睡できそうですが身体がポカポカしている状態は反対に熱器を悪くしてしまいます。

そのため、ある程度身体の熱が冷めるように睡眠の1~2時間前には入浴を済ませておくようにしましょう。

ポイント③ 環境を整える

熟睡しやすくするには周辺を快適な状態に整えることが大切です。

熟睡しやすい環境づくりの例

  • 部屋の明かりを暖色系に変える
  • 部屋の温度を適温に保つ(夏25℃、冬18℃)
  • アロマオイルなどお気に入りの香りを置く
  • インテリアを落ち着いた色合いにする(ブルー系、ブラウン系)
  • 寝心地の良いパジャマを着る

以上のように、寝室を睡眠専用の部屋にしてしまうことがポイントです。

自然とその部屋にいけば眠くなるといった状態になります。

ポイント④ 食事は睡眠の3時間前に済ませる

食事をしてすぐに眠ると、胃は消化活動をしています。

そのため眠っていても、身体は働き続けてしまいます。
これではしっかり身体をやすめて眠ることが出来ません。

どうしても遅い時間の食事になってしまう場合は、消化しやすい食事を心がけましょう。

適度な運動でストレス解消

現代人がストレスを感じやすいのは運動不足が原因であるといわれるほど、運動というのは身体にとって必要なものなんです。

忙しさを理由に運動を避けがちですが、適度な運動は心身ともに健康的にしてくれます。

運動がもたらす効果

  • 体力がつき疲れにくい身体になる
  • リラックス効果
  • 幸せな気持ちを与える(セロトニンの効果)
  • ダイエット効果
  • 美肌効果

 

体力がつくと疲れにくい身体になりますので肉体的なストレスを感じにくくなります。

また、運動によってぞうかするセロトニンエンドルフィンと呼ばれるものが気分をリフレッシュさせてくれます。

血行を良くしてくれる運動は、ダイエット効果だけでなく美肌効果も期待できます。
外でおこなう場合は紫外線予防は忘れないようにしましょう。

ポイント① リズミカルな運動がおすすめ

ストレス発散に効果的なのは、一定のリズム感できる運動です。

長時間運動が出来る場合は「ランニング」「ウォーキング」がおすすめです。
反対に「筋トレ」は短時間で頭をリフレッシュするのに効果的です。

ポイント② 適度な運動をすること

運動はあくまでも適度におこないましょう。

運動自体は脳にストレスを与える活動です。
適度におこなうとリラックス効果が期待できますが、ハードなトレーニングは疲労感を与える原因となります。

自分の体力に合わせて運動を始めていきましょう!

ポイント③ 朝おこなう

朝少しだけ早起きして運動してみませんか?

朝の運動はハードな気がしますが、朝日の中でおこなう運動はとてもスッキリします。

夜の暗い中で運動するより、明るい朝日に向かって運動してしラックス効果を高めましょう。

ストレス解消に効果的な趣味

生活習慣を変えてストレスを発散するのも良いですが、これを機に何か趣味の時間を持ってみるのはいかがですか?

ヨガ/ホットヨガ

ヨガはダイエット目的におこなわれることが多いのですが、実はリラックス効果の高いものなんです。

ヨガはハードな運動ではないので先述した適度な運動にあてはまります。
さらにポーズをキープするなど、ヨガに集中することで考え事を頭からなくし脳のリセット効果も期待できます。

思考をポーズと自分の呼吸に集中させる行為を繰り返すことで次第に心のコントロールができるようになっていきます。

ポイント① 呼吸を大切にする

ヨガでは腹式呼吸を意識してポージングをおこないます。

腹式呼吸による深い呼吸は、酸素をいっぱいに吸い込み吐き出すことで

  • 体内の酸素量を増やすこと
  • 循環を促すこと

の効果が期待できます。

酸素量が増加すると、脳の活性化がおこなわれリラックスすることが出来ます。

ポイント② 集中する

ヨガをおこなう時はできるだけヨガに集中しておこなうようにしましょう。

集中することで思考を一旦停止させることが出来ます。
すると自然と脳が休息し、脳内のリセット効果が期待できます。

一旦リセットできるので、スッキリするだけでなく発想が豊かになる効果も期待できます。

しかし、普段から考え事ばかりしているとなかなか一つの事に集中することは難しくなります。

集中力を鍛えると心のコントロールする力も鍛えられるので寝る前や疲れた時などに瞑想をおこなって鍛えてみましょう。

瞑想のおこないかた

  1. 背筋を伸ばして楽な姿勢で座ります
  2. 呼吸を整えたら、深い呼吸を2回おこないましょう
  3. 目を閉じ、ゆっくり鼻呼吸をしましょう
  4. 身体の中心に酸素が入ってくるのを感じながらお腹の動きを感じましょう
  5. 5分から20分程度おこなったらゆっくりと目を開き少しずつ意識を戻していきます

 

瞑想は寝転がった状態でおこなっても効果的です。

瞑想の途中で他事が頭に浮かんでもまた集中しなおすという過程で集中力が鍛えられていきます。

折り紙

折り紙は子どもの遊びというイメージがありますが、実はストレス発散にとても効果的なんです。

簡単なものだけでなく、細かい折り紙をおこなうと集中しておこなうことができます。
さらに完成すると達成感が得られます。

すると集中することで脳をリラックスさせ、完成したときの達成感でリフレッシュ!という効果が得られます。

最近ではインテリアになるような折り紙も注目されていますので、挑戦してみてはいかがでしょうか?

ガーデニング

ガーデニングという少し大人な趣味はいかがでしょう?

大がかりなガーデニングをする必要はありません。

ベランダで出来るような小さな花や野菜を育てるだけでもいいんです。

  • 太陽の光に当たる
  • 植物のマイナスイオン
  • 育てる行為

といった仕事場では感じられない自然と触れ合うことがストレス解消に繋がります。

簡単にガーデニングといいますが、ガーデニングは種類によって育て方にも違いがあります。

この違いによって水のあげ方をかえるなど工夫を凝らしていくことで集中して取り組むことが出来ます。

うまく芽が出た時や花が咲いたときはとても達成感が味わえるので見るだけでもリラックス効果が得られます。

ストレスの現場から離れるというのは難しいので植物で非日常を味わえることがストレスの解消につながります。

まとめ

いかがでしたか?

ストレスはためてもいいことはありません。

慢性的な肌荒れにつながる前に上手く解消する方法を見つけましょう。

眠る前に今日の事を思い出して眠るのではなく、明日のことを考えて眠るだけでも効果はあります。

ストレスの解消は、美肌だけでなくスタイルアップも期待できます。
リラックスして健康的な女性を目指しましょう!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る