薄毛改善にはまずシャンプーを見直して!正しいやり方解説

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「もともと髪の量が少なくて、薄毛に悩んでいる」
「年齢を重ねるごとに薄毛が気になってきた」

といったように、薄毛に悩んでいる方は少なくありません。

 

シャンプーをするたびに髪がたくさん抜けているような気がしたり、シャンプーが髪に合っていないのではと不安になってしまうこともありますよね。薄毛をシャンプーで解決できたらいいなと思っている人も多いのではないでしょうか。

今回は、薄毛を改善するためのシャンプーの効果や、正しいシャンプーのやり方、おすすめのシャンプーなどについて解説します。

 

シャンプーに薄毛を改善する効果はない

結論から言うと、シャンプー自体に薄毛を改善する「育毛効果」はありません。

シャンプーで髪が増えたり新しく生えてくることはないのです。なぜなら、シャンプーの目的は「髪や頭皮の汚れや不要な皮脂を洗い流すこと」だからです。汚れを落とすためのシャンプーで髪が生えるということは考えられません。

 

「育毛シャンプー」と呼ばれるシャンプーもありますが、「育毛効果があるシャンプー」という意味ではありません。育毛するための頭皮環境を整えるためのシャンプーを一般的に育毛シャンプーと呼びます。ですから、育毛シャンプーと呼ばれるシャンプーを見ると「育毛効果がある」とは書いていないはずです。

薄毛を改善するために、新しく髪を生やしたいということであればシャンプーではなく育毛効果のある「育毛剤」を使うことになります。

 

薄毛改善には正しいシャンプーが必要

しかし、シャンプーに育毛効果がないからといってシャンプーを適当にしてもいいということではありません。真逆のことを言っているように思えますが、「薄毛を改善するためには正しいシャンプーが必要不可欠」なんです。

 

薄毛の原因は人それぞれ様々なことが考えられます。

もともと髪が細かったり少ないという方もいれば、妊娠や出産によるホルモンバランスの乱れで薄毛になってしまう方や、年齢を重ねることで薄毛になってしまう方、間違ったヘアケアで薄毛になってしまう方など様々です。

しかしどの人にも共通して言えるのは「正しいシャンプーが基本」ということです。シャンプー自体に育毛効果はありませんが、ヘアケアの基本であるシャンプーをしっかりできていないと例え育毛剤を使用したとしても効果は下がってしまうでしょう。

 

育毛シャンプーと呼ばれるシャンプーの目的は「育毛できる頭皮環境を整えること」です。頭皮環境を整えることで、薄毛が改善されるという方もいます。シャンプーは薄毛の改善にとって欠かせないポイントなのです。

 

頭皮環境を整える正しいシャンプーのやり方

薄毛を改善するためには頭皮環境を整えることが大切です。

頭皮環境を整えるためには正しいやり方でシャンプーをすることが大切です。

そこで、薄毛を改善するための正しいシャンプーのやり方ポイントをご紹介します。これまでのシャンプーを振り返ってみて、間違ったケアをしていないかチェックしてみてくださいね。

 

シャンプーの頻度は1日1回まで

「シャンプーは毎日しなければいけない」と思い込んでいませんか?

薄毛に悩む方の場合、頭皮が敏感肌だったり乾燥肌であることが多いです。敏感肌や乾燥肌にとってシャンプーの洗浄力が大きな負担になってしまっていることがあります。もちろん頭皮や髪の汚れを落とすのにシャンプーは必要ですが、ある程度の汚れはぬるま湯で洗い流すことができます。頭皮の乾燥や頭皮トラブルがなかなか治らないという方は、シャンプーを2日に1回にするなど頻度を減らしてみてください。

皮脂の落としすぎは頭皮の乾燥の原因になり、頭皮の乾燥が薄毛の原因になることもあります。あまりにも頭皮がべたついていると感じない限り、シャンプーの頻度を減らしても問題はありません。

注意したいのは「頭皮環境を整えたい」からといって、なんどもシャンプーをしてはいけないということです。シャンプーには保湿成分が含まれているものも多くありますが、汚れを落とすための洗浄成分が含まれています。何度もシャンプーをしてしまうと、頭皮に必要なうるおいを奪ってしまうことになります。

シャンプーは多くても1日1回までにしましょう。

 

頭皮を傷つけないように優しく丁寧に洗う

抜け毛や薄毛を予防するためにも、シャンプーは優しく洗うことがポイントです。ついつい強くゴシゴシと洗ってしまいがちですが、頭皮を傷つけてしまったら意味がありません。頭皮は肌と同じようにとてもデリケートです。

爪でゴシゴシ洗うと頭皮が傷つき、傷から雑菌が繁殖してしまうこともあります。特に乾燥肌や敏感肌の場合は丁寧なシャンプーが必要です。

シャンプーをするときは、指の腹を使って頭皮をマッサージするように洗いましょう。「髪」よりも「頭皮」を洗うイメージです。毛穴の汚れをしっかりと落としてあげることで、頭皮環境を改善して薄毛の予防につながります。また、シャンプーをしながら頭皮をマッサージしてあげることで、血行促進効果も期待できます。

 

しっかりと乾かす

入浴後、髪を自然乾燥させてしまっていませんか?髪や頭皮にとって、自然乾燥は大きなダメージになってしまいます。濡れたままの髪や頭皮をそのまま放置すると、表面の水分と一緒に髪や頭皮のうるおいも奪われてしまいます。ドライヤーの熱が髪によくないから自然乾燥させるという方もいらっしゃいます。

しかし自然乾燥をしてしまうだけで、頭皮が乾燥したり髪がパサついたりしてしまうためシャンプーやトリートメントで保湿をしても意味がなくなってしまいます。

ですから、シャンプーの後はまずタオルドライをして頭皮や髪についた水分をできるだけ吸い取りましょう。その後に、しっかりとドライヤーをかけることが大切です。

ドライヤーは髪の根元を中心にまんべんなくかけると良いでしょう。ドライヤーの熱によるダメージが気になるという方は、ドライヤーの前に洗い流さないトリートメントやヘアオイルを使うことで髪を熱から守ったり保湿をすることができるのでおすすめです。

 

薄毛に悩む人におすすめのシャンプー3選

haru 黒髪スカルプ・プロ

公式HPはこちら

haru黒髪スカルププロは天然由来成分100%のオーガニックシャンプーです。

髪の成長や頭皮トラブルの予防効果が期待できる話題の植物由来成分「キャピキシル」を配合しています。また、オールインワンタイプでトリートメントが不要なのですすぎの回数も少なくすることができ、髪に良いシャンプーです。

 

スカルプDボーテ 薬用スカルプシャンプー(ボリューム)

公式HPはこちら

スカルプDボーテのシャンプーは頭皮のエイジングケアを考えた薬用スカルプシャンプーです。

頭皮や髪に必要な女性ホルモンに着目し、国産大豆を3種類ブレンドしたソイセラムを配合しています。石油系界面活性剤やパラベン、シリコンなど髪に不要な成分を含まない無添加処方なので安心して頭皮ケアをすることができます。

 

アスロング シャンプー

公式HPはこちら

アスロングのシャンプーは髪に栄養を与えるオーガニックシャンプーです。

髪の成長をサポートする話題の成分「キャピキシル」を配合しています。また、ターンオーバーをサポートしながら髪を健やかに保つリンゴ果実培養細胞エキスでいつまでも綺麗な美髪を保ちます。

10種類以上の天然オーガニックエキスを配合し、ジャスミン&ブーケの爽やかな癒される香りが人気のシャンプーです。

 

 

薄毛予防には生活習慣も原因が・・

実は日々の生活習慣も関係していると言われています。大きくは、

・定期的な運動
・しっかりと睡眠をとる

なぜこの二つが関係あるのか見ていきましょう。

定期的な運動

「運動はしたほうがいいのはわかってる。でも髪の毛に関係ないんじゃないか?」ト思っている方が多いと思います。

運動をすることによって新陳代謝が良くなり、血行が促進し、栄養成分も髪に届きやすくなるんです。さらに汗をかくことによって毛穴もきれいになります。そして運動の中でも有酸素運動が効果的です。

ただ運動ときくとわかってはいてもなかなか出来ないですよね・・
ジムに行く時間もない、家でも続かない、という方が多いのではないでしょうか?

日々の行動を少し変えるだけでも運動はできるんです!

・エレベーター、エスカレーターは使わず階段を使う。
・1駅手前で降りて歩いて帰る。
・スニーカーを履きウインドーショッピングをする。

とりあえず歩くことを意識する!日常生活からすぐ実践できるものばかりなのでぜひ始めてみましょう。デスクワークが習慣の方はぜひ試してみてくださいね。

しっかりと睡眠をとる

睡眠不足の方は、成長ホルモンの分泌が少なく、抜け毛や薄毛をまねいてしまう可能性が高くなってしまいます。成長ホルモンとは具体的に言うとアミノ酸を構成する物質のことを言います。睡眠が不足している方は成長ホルモンの分泌量が減ってしまい、髪の毛に送る栄養素が不足しがちになります。

睡眠中は新陳代謝の活性化とコントロールをする働きがあります。
この代謝がコントロールされた状態は、副交感神経が主に働いていて、成長ホルモンを分泌させる効果が期待できます。起きて活動している時は副交換神経は活動が抑制されていて、交感神経が主に働いています。この間は成長ホルモンの分泌もおとなしい状態になっています。
つまり、髪の毛の成長を促すために成長ホルモンを分泌させたいのなら、十分な睡眠時間の確保が必要という訳です。

出典元:atamabijinn

 

人間は睡眠中に体の組織と細胞の修復が行われます。22時~深夜2時はお肌のゴールデンタイムと呼ばれ成長ホルモンが活発に働く時間なんです。この時間に安眠していると、細胞が活性化し肌のターンオーバーも良くなり、しっかりと体の中が働いてくれます。

「肌のターンオーバーと頭皮って関係あるの?」
とおもいませんでしたか?

顔の皮膚って頭も一枚の皮なんです。なので頭皮のターンオーバーや細胞が活性化することは毛根にも頭皮にもいいとされています。

浅い眠りだったり、睡眠をしっかりとれていないと脳も体もリラックスしきれないため、頭・首・肩・デコルテが固まり血行が悪くコリ固まってリンパが滞ってしまいます。さらに身も体もリラックスして眠ることで、【お肌のゴールデンタイム】がより成長ホルモンが活発に働いてくれるのです。リラックスするために、寝る前に手足をマッサージしたり、湯たんぽなどをつかって体を温めてから睡眠をとると、より一層血行促進することができ、髪の毛に良い影響を与えてくれます。

さらにヘッドスパに育毛促進作用があるとされています。それは、上記で述べたようにマッサージすることにより心身ともにリラックスされ眠ると、脳内の副交感神経が働いて起きているときに緊張状態で収縮された血管や毛細血管までゆるみ、滞りなく血流がまわることで、しっかりと髪の毛根まで栄養が行き届くながれになります。血流の中には髪の毛の成長を助ける必須アミノ酸や、ケラチンの生成に欠かせないタンパク質も流れています。

リラックスした状態でしっかりと質のいい睡眠をとることで精神的ストレスなどが落ちつき、髪にいい影響・薄毛対策につながるんですね。

 

 

さいごに

薄毛を改善する直接の効果はシャンプーにはありません。

しかし、自分に合ったシャンプーを正しく使うことで頭皮環境を改善して髪が育ちやすい環境を作ることがとても大切です。

今薄毛に悩んでいるという方は、まずシャンプーを見直してみてください。

頭皮環境の改善だけで薄毛の悩みが改善されないときは育毛剤などの使用を検討すると良いでしょう。自分に合ったシャンプーを使って、薄毛や抜け毛を防ぎましょう。

 

 

 

 

 

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る